解説アーカイブス これまでの解説記事

くらし☆解説

twitterにURLを送る facebookにURLを送る ソーシャルブックマークについて
※NHKサイトを離れます。

くらし☆解説 「図書館の役割って何?」

名越 章浩  解説委員

岩渕)
くらし☆解説です。
きょうは、「図書館の役割って何?」がテーマです。
担当は、名越章浩(なごしあきひろ)解説委員です。
 
k151126_01.jpg

名越)
きょうは図書館について考えてみたいと思いますが、岩渕さんは、図書館をよく利用しますか?

岩渕)
最近は、あまり図書館に行っていないのですが、ときどき借りています。

名越)
図書館は、その地域の知識の泉とも言われるので、誰にとっても身近な存在ですよね。
その図書館の本来の役割とは何なのか、深く考えさせられるようなニュースが、このところ相次いでいるのです。
 
きっかけとなったのが、おととしリニューアルオープンされた佐賀県武雄市の図書館です。
武雄市が、大手レンタルビデオ店「TSUTAYA」を展開する会社に運営を任せています。
(VTR・武雄市図書館)
広い空間におよそ20万冊の蔵書。年中無休の図書館です。
全国チェーンのコーヒーショップや書店、それにCDなどのレンタル店も併設しています。
武雄市は人口が5万人足らずの地方都市ですが、斬新な図書館として全国から注目を集め、年間の来館者数は、リニューアルの前の3倍以上の80万人から90万人と、人気の施設に生まれ変わったのです。
特徴的なのは、本の分類の仕方です。

岩渕)
分類の仕方というと、どういうことですか?

名越)
日本の図書館の多くは、「哲学・心理学」とか、「芸術」、「社会科学」など、大きな10のテーマで図書が分類されていて、それが、さらに細かく10のテーマで分類・整理される分類法(日本十進分類法)が取り入れられています。
これが、武雄市の場合、「ライフスタイル分類」という独特の分類になっています。
 
k151126_03.jpg

岩渕)
どんな分け方なのですか?

名越)
はい、例えば、料理という分類のコーナーがあります。
料理本がズラリと並ぶわけですが、この中に、料理を題材にしたコミックも入っています。
既存の分類では出会えなかったような本にも、出会える、新たな発見を楽しんで欲しいという思いが込められた分類だと会社側は言います。

岩渕)
良いことのような気もしますが?

名越)
一方で、図書館の専門家の中には、「利用者が探したい本が、どこにあるか分からなくなる可能性がある。まるで個人の本棚を見ているようだ」と指摘する人もいます。
 
k151126_04.jpg

このほか、図書館で購入する本の選び方に問題があって、それが神奈川県海老名市の図書館でも同じような問題が見つかり、全国的な関心を集めました。

岩渕)
本の選び方?

名越)
はい、オープンを前に、市の費用で購入した、およそ1万冊の中身に問題があったことが、ことしの夏に、分かったのです。

例えば、2001年の公認会計士の2次試験の対策本など、古くなって読まれる見込みのない実用書のほか、武雄市からは遠く離れた埼玉県のラーメン店の紹介本などが、数多く含まれていたのです。
通常、図書館では新刊を購入することが多いのですが、これが古本だったことや、購入先がグループ会社などだったため、「在庫処分だったのではないか」と疑念の声がネット上を中心に広がったのです。
 
k151126_06.jpg

岩渕)
会社側は何と言っているのですか?

名越)
会社側は、「在庫処分では無い」と否定したうえで、「開館まで時間がなく、図書館の運営が初めてだったので、選書が徹底できなかった」と説明しています。
こうした議論が活発になるのは、公共の図書館とは、本来どうあるべきか、といった本質的な問いかけが、根底にあるからだと思います。
 
k151126_08.jpg

岩渕)
そもそも図書館の本来の役割って何なのでしょうね。

名越)
日本の図書館法をかみ砕いて言いますと、次の3つが大きな役割と言えると思います。
▼必要な資料を収集。▼整理・保存して公開。▼教養や生活を豊かにするということです。
ここの「必要な資料の収集」という言葉に注目したいと思います。
 
k151126_10.jpg

図書館では「選書」と呼ばれる、とても大切な作業で、その地域にとって本当に買うべき本は何なのか、長期的な視点で考える専門性が問われる司書の仕事です。

岩渕)
蔵書の数よりも、その中身が大切ということですね。

名越)
はい。例えば、その地域にしかないような歴史資料や1冊1万円もするような高価な書籍は、市民が自分ではなかなか買えませんし、個人だと見る機会も限られます。
図書館であれば、その役割を担えます。
武雄市の図書館をきっかけにした問題は、図書館にふさわしい本を選ぶ作業の重要性を、改めて考えさせられる出来事だったのです。

岩渕)
人気の本だと、予約がいっぱいで、なかなか借りられなくて困りますよね。
話題の本も増やして欲しいという意見もあると思いますが?

名越)
はい、そういう方も多いと思いますが、それについても、議論があるのです。
こちらをご覧下さい。
 
k151126_11.jpg

先月(10月)、東京都内で開かれた全国図書館大会の会場での新潮社の佐藤隆信社長の発言です。
「人気のある本を図書館で貸し出すと売れな<なる。著者と出版社が合意すれば1年間、貸し出しを猶予して欲しい」
つまり、本が売れないので、図書館で本を貸し出すのを、一定期間待ってほしいという主旨の問題提起があったのです。

岩渕)
利用者としては、図書館で自由に本を読みたいという人もいると思うのですが、事情があるのですか?

名越)
背景には、深刻な出版不況があります。
 
k151126_12.jpg

雑誌を含めた国内の出版物の売り上げは、1990年代には、2兆円を超えていましたが、若者の活字離れや、インターネットの普及などが原因となって、減少を続けていて、去年はおよそ1兆6000億円にまで下がりました。
一方で、こんなデータもあります。
 
k151126_13.jpg

全国の図書館の貸し出し冊数は、ごらんのように増加傾向です。
さらに、全国の図書館の数自体も増えていますので、出版社としては、何とかしたいという思いが、一石を投じる意見につながったのだと思います。

岩渕)
図書館で、新刊本が見られなくなることもあり得るのでしょうか?

名越)
今のところ、まだ、そこまでの話にはなっていません。
意見に賛同する他の一部の出版社や著者とともに、近く、日本図書館協会に申し入れが行われる予定ですが、すべての出版社がまったく同じ考えかというと、そうではないんです。

岩渕)
違う考えもあるのですか?

名越)
はい、例えば、別の大手出版社は、「図書館は、あまり売れない小説や学術書でも確実に一定程度購入してくれる有り難い存在だ」と言います。
むしろ、格差社会が広がる中で、誰であっても、図書館に行けば知識や情報に平等に接することができる貴重な場になっているというわけです。
基本的人権を守るためにも必要な存在だという考えです。
 
k151126_14.jpg

岩渕)
どちらの意見も理解できます。難しい問題ですが、どうすればいいでしょうか。

名越)
日本図書館協会と出版業界とで、議論を深める必要性は、言うまでもありませんが、大事なのは、私たち自身も、図書館の役割について、真剣に考えることだと思います。
いま、図書館は、地域の人たちの交流の場であったり、文化活動の場であったり、その機能はますます多様化しています。
地方の自治体にとっては、街の再開発計画の中心施設になっているところもあります。
自分の街の図書館は、どういう機能を持った図書館にしていきたいのか、図書館の役割を問うニュースをきっかけに、10年先、20年先を見据えた議論が、各地で深まることを期待したいと思います。

twitterにURLを送る facebookにURLを送る ソーシャルブックマークについて
※NHKサイトを離れます。

キーワードで検索する

例)テーマ、ジャンル、解説委員名など

日付から探す

2016年06月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
RSS