解説アーカイブス これまでの解説記事

くらし☆解説

twitterにURLを送る facebookにURLを送る ソーシャルブックマークについて
※NHKサイトを離れます。

くらし☆解説 「パスワードの使いまわしをしていませんか」

三輪 誠司  解説委員

きょうは増加を続けているインターネットサービスの安全な利用方法について三輪誠司解説委員に聞きます。
kkk140626_00mado.jpg

 

 

 

 

 

 

Q インターネットを通じたサービスは、本当にさまざまなものが出ていますね。

A 例えば買い物をするネットショッピング、旅行をするときには飛行機やホテルの予約、動画やゲームサイトなど色々なサービスが出てきました。こうしたサービスを利用するには、多くの場合、会員番号にあたるID と暗証番号を使います。
kkk140626_01_2.jpg

 

 

 

 

 

 

パスワードを設定するとき、名前、生年月日、電話番号といった簡単なものでは、推測されてしまうため、多くのホームページでは「数字・アルファベットの大文字小文字・記号などを組み合わせ、8 文字以上」などという複雑なパスワードを設定するよう求めています。
kkk140626_01_3.jpg

 

 

 

 

 

 

しかし、複雑なパスワードをいくつも覚えるのは難しいです。このためパスワードは一つだけ決めておいて、複数のサービスで使い回せばいいやと思いがちですが、こうした考えは、とても危険であると言えます。
kkk140626_02_2.jpg

 

 

 

 

 

 

Q でも、複雑なパスワードならばれないし、共通にしていても安全じゃないんですか。

A 実は、そうした人のパスワードを見破ろうという手口が相次いでいるんです。
kkk140626_03_1.jpg

 

 

 

 

 

 

パスワードを見破ってやろうという人は、さまざまなホームページなどから流出した個人情報、パスワードなどを集めた膨大なリストを悪用します。リストはインターネットでやりとりされています。そして、攻撃したいホームページに対して、リストに載っている情報を一つずつ入力して試していきます。そして、リストに載っているID とパスワードと同じものを使いまわしている人がいると、ログインが成功してしまいますので、パスワードがばれてしまいます。
kkk140626_03_3.jpg

 

 

 

 

 

 

もし、同じパスワードをすべてのサービスで使い回している場合、リストに自分の情報がのっていれば、すべて入られてしまいます。1つのパスワードを使いまわしていると、被害にあうおそれががあるので危険なのです。
kkk140626_03_4.jpg

 

 

 

 

 

 

Q 被害は多発しているんですか。

A 国内では2013 年から相次いでいまして、ことし5 月末から6 月にかけても明らかになっています。例えば、ホームページで動画を観賞することができる「niconico」は、29 万人、交流サイトのmixi でも26万人の会員のパスワードが見破られたと発表しました。無料通話やメッセージを交換できるLINE でも、300 人のパスワードが見破られたとみられています。
kkk140626_04.jpg

 

 

 

 

 

 

パスワードが見破られると、金銭的な被害をこうむることがあります。ショッピングサイトの中には、クレジットカードの番号が登録してあって、ボタンひとつで決済ができるところがありますが、もし自分のパスワードを使ってログインされると、勝手に買い物をされて、請求書だけ自分のところに回されるということもあります。また、メールサービスなどでは自分になり済ますことができてしまいますので、自分をかたって、家族や友人にお金を振り込んでもらうように頼むなどの振り込め詐欺の手口として悪用されるかもしれません。
さらに自分になりすまして「何かを爆破する」などの犯罪予告のメッセージを発信されるおそれもあります。
kkk140626_06.jpg

 

 

 

 

 

 


Q でも、複雑なものをいくつも覚えられないんですが、どうしたらいいですか。

A パスワード管理ソフトというものがあります。使っているサービスの一覧と、パスワードを保存しておいて、一つのマスターパスワードですべて暗号化して金庫のように保管しておくというソフトです。いくつもの種類がでています。
kkk140626_07.jpg

 

 

 

 

 

 

そういったソフトを使うのはちょっと難しいという人は、ノートなどに「メモをしておく」という方法もあります。自分の使っているサービスを全て書き出し、設定したパスワードをノートや手帳に書き留めておきます。これを持ち出さないようにして、大切に保管しておきます。
kkk140626_09.jpg

 

 

 

 

 

 

無くしたり、盗まれたりしたら心配だいう場合は、ノートや手帳を2 冊用意し、1 つにはホームページの名前とID。もう1 冊にはパスワードを書いておき、別々に保管します。こうすると、1 冊が盗まれてもログインされませんので、なり済ましを防ぐことができます。
しかし、1 冊がなくなるだけで、自分もログインできず困ってしまうかもしれません。
kkk140626_10.jpg

 

 

 

 

 

 


Q 完璧な方法はないんですね。

A その通りです。しかしパスワードをさまざまなホームページで使いまわすのは、今はとても危険な状況です。個人情報を登録するホームーページがたくさんありますので、どこから自分の情報が漏れ、悪用されるかわからないからです。
このため、万が一に備え、例えばクレジットカードの毎月の明細を確認し、身に覚えのない利用がないか、金銭的な被害にあっていないかを確認することも必要です。
また、不審なログインがあった場合に電子メールで警告が届くホームページもありますので、メールをチェックしておいて、届いた場合にサイト側に確認を取ることも重要だと思います。
 

twitterにURLを送る facebookにURLを送る ソーシャルブックマークについて
※NHKサイトを離れます。

キーワードで検索する

例)テーマ、ジャンル、解説委員名など

日付から探す

2016年06月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
RSS