解説アーカイブス これまでの解説記事

くらし☆解説

twitterにURLを送る facebookにURLを送る ソーシャルブックマークについて
※NHKサイトを離れます。

くらし☆解説 「虫歯にならないためには?」

中村 幸司  解説委員

6月4日から10日までは「歯と口の健康週間」です。そこで知っているようで、知らない虫歯とその予防について、お伝えします。
kkk140606_00mado.jpg

 

 

 

 

 

 

 

Q:虫歯の原因になる「虫歯菌」とは、どういうものなのですか?

A:虫歯菌には、いくつか種類があります。その中でも代表的なのが「ミュータンス菌」です。これが、やっかいな虫歯菌です。

kkk140606_01_.jpg


 
kkk140606_02_2.jpg

 

 

 

 

 

 

ミュータンス菌が、歯の表面にくっついて、かたまりをつくります。これが「歯垢」で、「プラーク」とも呼ばれます。
ミュータンス菌は、糖分をいわば“エサ”にします。
kkk140606_02_3.jpg

 

 

 

 

 

 

糖分を分解するとき酸を出します。この酸が歯を溶かして、虫歯になります。
 
Q:虫歯菌の中で、ミュータンス菌は、何がやっかいなのですか?

A:ミュータンス菌は、ネバネバとした物質を出します。これが水では溶けないのでやっかいなのです。
kkk140606_02_4.jpg

 

 

 

 

 

 

換気扇にこびりついた“がんこんな油汚れ”のようなイメージで、歯の表面にくっつきます。
歯ブラシを使わないと落とすのが難しいのです。水でうがいをするくらいでは取れません。それと、ミュータンス菌は虫歯菌の中でも強い酸を出します。また、ミュータンス菌の歯垢には、他の虫歯菌も住み着くことができ、虫歯づくりに加わってくるのです。
 
Q:ほんとに困った存在ですね。ミュータンス菌を抑えるには、何がポイントになるのですか?

A:まず、子どもについていいますと、お母さんのおなかにいるとき、赤ちゃんの口の中に細菌はいません。生まれたあと、外から口に入ってきます。
口の中には、虫歯菌だけでなく、虫歯の原因にならない他の細菌も住みつこうとします。これらの細菌が、縄張りをめぐる勢力争いのようなことを始めます。

kkk140606_03_1.jpg

 

 

 

 

 

 

虫歯菌の勢力が強いと虫歯になりやすく、弱いと虫歯になりにくくなります。この勢力図は、2歳から4歳くらいでだいたい決まるとされています。
ですから、幼いころからミュータンス菌が口に入らないようにして、ミュータンス菌の勢力が弱い状態にしていれば、虫歯になりにくい口の中にすることができるとされています。

Q:どんなことをすればミュータンス菌の勢力を弱くできるのでしょうか?

A:ミュータンス菌は、家族の口からうつることが多いとされていますので、親などが口の中に入れた食べ物を子どもにあげるというようなことはしない方がいいとされています。
また、家族が使ったスプーンなどを子どもが使わないようにするのも有効な方法とされています。
特に、自分に虫歯があってミュータンス菌が多いと考えられる人は、こうしたことに注意してあげることが大切です。
kkk140606_03_3.jpg

 

 

 

 

 

 

Q:子どもとのスキンシップは大事ですが、口に入れるものについては、注意したいですね。

A:こうした注意を、実践しているお母さんは少なくないと思います。
ただ、せっかくお母さんが注意していても、お父さんや子どもを預かるおじいさん、おばあさんがこうしたことを理解していないと効果があがりません。
家族みんなが協力して、虫歯菌が口の中で勢力を広げないようにしてあげることが大切だと思います。

Q:小さな子どもはそうして抑えられても、口の中にある程度ミュータンス菌が住み着いてしまった大人は、どうすればいいのでしょうか?

A:歯磨きで、ミュータンス菌の固まりである歯垢を落とすのですが、歯と歯の間などには、どうしても磨き残しができてしまいます。定期的に歯医者さんに行って、歯科衛生士など専門家にきれいにしてもらうと効果があるとされています。プロに診てもらうことで大人もミュータンス菌を減らせます。

Q:虫歯の原因というと甘いものというイメージがあるのですが、甘いものをたくさん食べると虫歯になりやすいのでしょうか?

A:これを考える上でポイントとなるのが「だ液」の作用です。だ液には、殺菌作用があって、ミュータンス菌など虫歯菌の働きを抑えてくれます。

kkk140606_03_5.jpg

 

 

 

 

 

 

ほかにも、だ液の効果があります。
食べ物を食べると口の中は酸性に傾いて、歯からはカルシウムなど歯の成分が抜けていきます。これが続くと虫歯菌が活動して、虫歯になってしまいます。
ただ、だ液の中にはカルシウムなど歯に必要な成分が含まれています。歯は、だ液からこうした成分を吸収することができます。
口の中では、こうしたやりとりが繰り返されています。
kkk140606_04_3.jpg

 

 

 

 

 

 

こんどは一日の生活で見てみましょう。
kkk140606_05_1.jpg

 

 

 

 

 

 


この図は、1日の中で口の中の酸性の度合いの変化を表しています。下ほど酸性が強くなって虫歯になりやすい状態です。
食事をすると口の中は酸性に傾きます。あるレベルを超えるとカルシウムなどが抜ける状態になります。赤い部分です。
しかし、食後30分から1時間くらい経つと、だ液の働きで元に戻ってカルシウムなどを取り戻します。

kkk140606_05_2.jpg

 

 

 

 

 

 


食後に口の中が元の状態に戻りかけたころに再び何か食べてしまうと、また酸性になってしまいます。このように間食を繰り返すと、口の中はいつまでも酸性に傾いた状態になってしまいます。
カルシウムなどの成分が歯から抜けていくばかりで、虫歯になりやすくなってしまいます。
ダラダラと間食しない食習慣が歯の健康にとって大切なのです。
こうしたことを示すものの一つとして、砂糖を多くとっている国にもかかわらず、その国民の虫歯が少ないというケースも珍しくないのです。これは、食後にデザートなどで甘いものをしっかり食べているので、間食しない傾向にあることなどがその理由と言われています。
 
Q:甘いものを食べる量というより、だらだらと食べさせないことが大切なのですね。
ちょっと気になっていることがあるのですが・・・・・
間食をした場合の夜の部分は赤い状態のままになっていますが、この先どうなるのですか?

A:寝ているときは、だ液はあまり出ません。ですから、虫歯になりやすい状態のまま、なかなか回復しないのです。夜中は、歯にとっては危険な時間帯なのです。
寝る前に何か食べて歯を磨かずに寝ると、長い間、歯の成分が溶け出す時間が続いて、虫歯になりやすくなります。
 
Q:夜の歯磨きが大切だというのは、そういうことだったのですね。

A:はい。カルシウムなどを歯の成分を取り戻すことができるという図の青い時間帯をどう長くするか、これが虫歯予防のポイントです。

kkk140606_06.jpg

 

 

 

 

 

 

このほか、フッ素も正しく使うことで虫歯予防に効果があるとされています。多くの歯磨き粉に含まれていますし、歯医者さんで歯の表面にフッ素をぬってもらうこともできます。
フッ素は、歯の表面を酸に強い物質に変化させます。他にも、虫歯菌の働きを弱めたり、歯の成分を吸収する作用を促したりするとされています。
歯にとっては強力な味方なのです。
「歯と口の健康週間」を機会に、虫歯になりにくい食事のとり方をしているかどうか、そして、特に小さな子のいる家庭では、みんなで虫歯菌の感染を抑えるようにしているか、家族でチェックしてみてはいかがでしょうか。

twitterにURLを送る facebookにURLを送る ソーシャルブックマークについて
※NHKサイトを離れます。

キーワードで検索する

例)テーマ、ジャンル、解説委員名など

日付から探す

2016年06月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
RSS