NHK 解説委員室

これまでの解説記事

渡邉英徳「デジタルアーカイブで残す 悲劇の記録」

東京大学教授 渡邉 英徳

s220624_001.jpg

東京大学の渡邉英徳です。
2月24日に始まったロシアの軍事侵攻は,ウクライナの人々に甚大な被害と悲しみを及ぼし,世界に衝撃と混乱をもたらしています。メディアは連日その動向を報じていますが、信頼できる情報を見極めるのは簡単なことではありません。
私たちは,情報デザインの研究者の視点から,ウクライナの現実を可視化する試みを続けています。用いるツールは人工衛星の撮影した画像と3Dモデルです。戦争被害のようすを伝え、未来に残す新しいジャーナリズムの可能性を模索しています。

Maxar TechnologiesやPlanet, BlackSkyといった企業は,自社の衛星で撮影した画像から,特徴的な部分を選んで配信しています。そうした画像は,ネット記事やTwitterなどを通じて世界中に拡散していますが,詳しい位置情報は示されていないため,ウクライナのどの地点のものなのかは実は正確にはわかりません。

私たちが行なっているのは,配信された衛星画像の詳細な地点をGoogle Earth上で探し出し,特定することです。画像を調整して実際の場所にぴったり重なるように調整し、デジタル地図で公開しています。
たとえば,広い駐車場があり,大きな建物が2つ並んでいるのはどこなのか,といったことを手掛かりにするのです。もちろんコツはあります。太陽同期衛星はほぼ南中時に撮影するため,影が真北に伸びますから,画像の向きが決められます。大きなショッピングモールが写っているのであれば,おそらく街の郊外だろうと推測できます。

青山学院大学の古橋大地先生と私,そして大学院生たちでチームを組み,日々配信されている衛星画像の場所を特定し公開し続けています。飛行場のように大規模な施設であれば特定は容易ですが,特段特徴がなく地名では特定しづらい住宅地などの場合はなかなか大変です。2月24日から共同作業を開始し,これまでに200点以上の衛星画像を掲載しています。

このように衛星画像を地図に載せることで,さまざまなことが分かってきます。

たとえば,これは大きな被害が伝えられるマリウポリの衛星画像です。
ロシア軍によって破壊されたアゾフスタリ製鉄所が,マリウポリの中心部にあることや,避難所だった劇場が,製鉄所のすぐ近くにあることなどがみえてきます。
このように距離を測ってみることで,私たちが暮らす街の距離感覚と重ね合わせることもできるのです。

また,ウクライナと隣国の国境の衛星画像には,長く続く避難民の車列が写っています。
メディアは首都キーウ,あるいは東部の戦況を中心に報道してきましたが,国境付近には避難民がたくさんいたのです。
たとえば,ロシアは軍事施設しか攻撃しないと主張していますが,衛星画像をみれば,軍事施設以外も攻撃しており,一般市民が被害を受けていることは一目瞭然です。

かつて,こうした衛星画像は軍の偵察衛星が撮影しており,一般に出回ることは稀でした。現在では,民間の企業がメディアに向けて配信し,さらにSNSですぐ拡散されます。
太平洋戦争の時代とは違い,軍や為政者が嘘をつきにくい時代になっているのかもしれません。

こうして地図に画像を重ね合わせていくと,個別の衛星画像である点と点がつながって線になり,さらに面をなすので,全体として何が起きているのかをイメージしやすいのです。衛星画像は単体でも力を持っていますが,位置情報が加わることでマップ上に束ねられ,さらに大きな力を発揮します。

キーウ西郊のボロジャンカの3Dデータは,ドイツの研究者シメオン・シューマウスさんが提供してくれました。被害を受けた建物の3Dデータを作ったからマップに載せないか,とTwitterで連絡がありました。これは,ドローンで撮られたロイターの映像から生成されたものでした。この技術はフォトグラメトリと呼ばれ,精密な測量などをしなくても,複数の画像をもとに3Dデータを作成することができます。その後も,ウクライナ現地の方をはじめ,世界中の人々から,多数の3Dデータが提供され続けています。

ドネツクの市民からは,日々防空壕として使っている団地の地下室の3Dモデルが提供されました。彼は17歳でITベンチャーを起業して成功している地元の少年でした。いまはキーウに疎開しているそうですが,その後もネット越しの交流が続いており,新しい3Dデータも送ってくれました。

やりとりを通して,被害を受けた場所のようすをデジタルで記録した人々からデータを受け取り,まとめていく方針が生まれました。現地において,戦争の推移を記録し,世界に発信しようと尽力している人たちがいる。神様の目線の衛星画像と,地上にいる人々の目線の情報が組み合わさるのです。これは,フォトグラメトリによる3Dモデルという新しいテクノロジーを使った,戦争の実態の可視化といえます。

かつては,戦況は軍や政府が公式発表するもの,あるいはメディアが報道するものでした。いまでは,民間の企業が撮影した衛星画像,さらに世界中の有志が記録し,発信したデータがメディア報道に活用され,あるいは私たちのプロジェクトのように,束ねられて再発信されるようになっています。これは,ジャーナリズムの新しいかたちかもしれません。デジタルマップ上で戦争の推移を記述していくボトムアップな報道ともいえます。

最近では,赤外線で熱源を検出するマルチスペクトル画像や,雲に隠れて見えない地上の凹凸を検出する合成開口レーダーのデータも組み合わせて使い、前線地域の状況を可視化することを試み始めています。

さまざまなデータがオープンアクセスになっており、インターネット経由で取得することができます。私たちが試みていることは,方法さえわかれば,誰でもできることでもあるのです。隠し事のできない時代,世界で起きていることを,誰もが検証できる時代になりました。

私自身は,情報デザインの研究者としてこの戦争にアプローチしています。戦時下にあるウクライナの記録を残し,未来に伝えようとしている人たちのデータを束ね,最新技術とデザインによってわかりやすい形に表現し,発信する仕事です。現時点では,まさに進行中の戦争を実況するコンテンツとして機能していますが,将来は,この戦争で何があったのかをたどるための記憶の場となっていくのかもしれません。

おそらく,誰も戦争をしたいと思ってはいません。でも,起きてしまう。為政者をはじめ,戦争に関わるすべての人々が,自分の身に起こることとしてイメージできていないからではないでしょうか。当事者意識,イマジネーションが欠落していくことによって,戦争が起きる。だからこそ,戦争が引き起こすできごとを視覚で伝え,想像力を喚起することによって,戦争に向かうベクトルを少しでも抑制したいと考えます。

自然災害においても,同じくイマジネーションが大切です。
記憶と記録を眠らせず,未来につなげることが重要です。
そのままだと意識化されづらいので,情報デザインによってわかりやすく再表現し,人の心にしっかり届くようにする。私たちは今後もその努力を続けていきます。

関連記事