NHK 解説委員室

解説アーカイブス これまでの解説記事

「新型コロナウイルス 看護現場はいま」(視点・論点)

日本看護協会 会長 福井 トシ子  

s200511_00.jpg

皆様、こんにちは。
日本看護協会会長の福井トシ子でございます。よろしくお願いいたします。

新型コロナウイルス感染症の拡大・まん延の長期化により、現場の医療従事者の疲弊が高まっています。重症感染患者が増えることによる、医療崩壊も懸念されています。

今回は、そうした中で対応にあたる医療や介護の現場の状況と、看護職が置かれている実情を踏まえまして、最前線に立つ看護職への支援についてご紹介します。

2020年4月14日から4月20日までに当該医療機関のホームページや報道をもとに、全国の新型コロナウイルスによる院内感染発生施設数と院内感染者総数を集計したところ、19都道府県、54施設で、院内感染が発生し、感染者数は少なくとも783名に上ることが分かりました(4月20日現在)。

医療機関に勤務する看護職は、日々、新型コロナウイルスの感染患者の受け入れ対応に追われていますが、マスクやガウンなど防護具の不足により、感染防止策が不十分な状況下で、勤務を行っています。

人工呼吸器を使用する重症感染患者の管理を行う場合は、通常よりも手厚い看護が必要です。各医療機関では、感染患者を受け入れるため、一般病棟の看護師配置を少なくし、感染患者への対応に看護師配置を多くするなどして、人員配置の再調整を行っています。
もともとの、看護職の配置が少ないため、必要な看護師の人数を確保することが難しくなっています。

s200511_010.jpg

新型コロナウイルスの対応に追われるのは、医療機関だけではありません。自宅を含む地域で療養生活を送る方々を支える訪問看護や介護施設なども同様です。在宅で療養する方々はさまざまな疾病を持っているため、感染により重症化するリスクを抱えています。

サービス利用者とその家族は行動範囲が個々に異なるため、常に感染のリスクがある中で生活しています。利用者・家族の中には発熱や咳などの症状が続いている方もいるため、1日に複数件の訪問をする看護師はウイルスの媒介者とならないよう細心の注意を払っています。

介護施設では、マスク着用をすることや消毒の必要性を理解することが難しい方もいらっしゃいます。家族の面会制限やレクリェーションの中止などにより、心身機能の維持が困難な状況もありますので、感染管理に関わる看護師の業務負担がとても増えています。
こうした状況を踏まえて、今後は、訪問看護の場や介護施設でPCR検査陽性者が増えた場合の対策が求められます。

s200511_018.jpg

さらに医療機関と同様、消毒液・マスク・ガウン等が不足しており、ゴミ袋や事務用品等で代替品を作成する事業所もあります。
このような状況のもとで日々、ケアを提供し続ける看護職のメンタルヘルスにも影響が出ています。

感染患者を受け入れる病棟が限られる中で、対応する看護師は単身者等の条件で選抜されます。見通しがない中で、自らの感染や家族への感染などの不安を抱えながら行っている勤務は、精神的な負担となっています。

また、妊娠を継続しながら勤務している看護職は、家族から出勤を引き留められる一方で、看護職としての使命感と、一緒に働いてきた仲間を思うとき、板ばさみの状態となって、苦しんでいます。

さらに、新型コロナウイルス患者へのケアについては、感染リスクを抑えるために、提供するケアを制限したり、お亡くなりになった場合、エンゼルケアをさせていただくことも かなわず、一礼して納体袋でお見送りをする、といった対応とならざるを得ません。ご遺族への対応も十分に行うことができません。

このようなことから、これまで実践してきた看護が提供できないことによる不全感があり、苦悩するといった状況があります。

s200511_019.jpg

2020年1月29日から2月3日まで中国武漢で行われた新型コロナウイルスにさらされている医療従事者、医師・看護師を対象に調査された結果によると、「看護師」「女性」「最前線従事者」にかかる心理的ストレスが非常に大きく、うつ症状、不安、不眠症、苦痛症状、それぞれの数値は全体を上回っていることが報告されました。日本のメンタルヘルスの現状と武漢の調査結果から、日本においても、今後、医療従事者のメンタルヘルスに注意し、ケア体制を強化する必要があると考えています。

s200511_023.jpg

日本看護協会には、2020年2月下旬頃から電話相談が寄せられはじめ、対応を行っておりました。
4月6日には、看護職を対象にした「新型コロナウイルス感染症予防相談窓口」を開設し、メール相談を開始したところ、4月20日までに113件の相談がありました。感染予防に関する相談はもとより、労働に関する相談が多く、精神的な不安などや働くことへの負担感など多岐に渡っていました。相談者の背景も一般病院、高齢者施設、在宅、身体障がい者施設、診療所、精神科病院等となっています。

このような状況への対応として、4月20日からは、「新型コロナウイルス感染症に関する看護職の相談窓口」として、「感染管理について」だけでなく、「看護職の働き方について」、「メンタルヘルスについて」、「その他」を加え、幅広い相談に対応できるよう相談体制を拡大しました。

新型コロナウイルス対応の最前線に立つ医療従事者の生活が脅かされると、医療崩壊へつながる恐れがあります。医療現場では、感染患者への対応や院内感染を防ぐため、懸命に取り組んでいます。医療関係者の日々の取り組みを支えていただきますようお願いいたします。

さて、2020年は、ナイチンゲール生誕200周年です。また、看護師・助産師の国際年でもあります。これを機に、看護職がもつ可能性を最大限に発揮し、看護職が健康課題に積極的に取り組み、人々の健康の向上に貢献するために行動するNursing Nowキャンペーンが展開されています。
2月現在、世界117カ国で、587のグループがこのキャンペーンに参加し活動しております。日本看護協会も都道府県看護協会とともにこのキャンペーンに取り組んでいます。

感染の拡大・蔓延の長期化により、社会全体が不安と閉塞感に包まれています。この状況を打開するためにどう行動していくのか、皆さんの声を集め、看護職がウイルスに立ち向かう力にして日本の医療を守っていきたいと思います。

s200511_024.jpg

そこで、日本看護協会は、日本の医療を守るために、国民一人一人に「自身が感染しないこと」の意識を高めていただくとともに、最前線で働く「看護職にエールを送る」ことを目的に、SNSを通じて、ハッシュタグキャンペーン「Nursing Now_いま私にできること」を実施しています。

医療崩壊の懸念が日に日に大きくなっています。新型コロナウイルス感染症という未知のウイルスと戦い、日本の医療を救うためには、国民のみなさまが感染しないこと、これが看護職を含む医療・介護従事者には何よりの励みになり何よりのエールです。

感染しないための自身の取り組みや、最前線で働く看護職へのエールを発信し日本の医療を救いましょう。ハッシュタグキャンペーン「Nursing Now_いま私にできること」へぜひ、ご参加ください。

一日も早く、健康な社会を取り戻しましょう。
多くの皆さんの声を、お待ちしています。

キーワード

関連記事