NHK 解説委員室

解説アーカイブス これまでの解説記事

「新型コロナウイルス 選択可能な未来へ向けて」(視点・論点)

長崎大学熱帯医学研究所教授 山本 太郎

s200506_010.jpg

このパンデミックはいつ終わるのでしょう? 
 結論から言えば、人口の6割~7割の方が感染し、集団免疫を獲得する。そうでなければ、最終的な意味での「終息」には至らないと思います。
 ウイルスを撲滅できる局面は超えてしまいました。しかし、流行のスピードを遅らせることはできます。それは極めて重要なことです。

 一つは、医療崩壊を防ぎワクチン開発までの時間を稼ぐ。短期間で大量の患者が発生すると医療資源が一気に不足し、それさえできなくなってしまうのです。
 もう一つはウイルスの弱毒化です。流行の速度が速いというのは、それだけ強毒のウイルスが選択される可能性を高めます。しかし流行の速度が遅いと、ウイルスは宿主を大切にしないと生き残れない。それが弱毒化への負の淘汰圧になります。

s200506_012.jpg

 強毒化ということでは、100年前に世界で多数の死者を出した「スペイン風邪」の場合、第一波より第二波の致死率が高かった。スペイン風邪は流行初期に第一次世界大戦が勃発し、兵士や物資が欧州だけでなく植民地からも動員され、前線では密集が起きました。そうした戦時体制が第一波の流行速度を速め、それが強毒性ウイルスの選択圧として働き、第二波の致死率を高めたのです。その意味でも、流行の速度を遅くすることは重要なのです。

 そのために、今私たちは、外出を控え、友人や知り合いと会うことを自粛した生活を送っています。
 ただし考えないといけないのは、強制力を持った行動の制限は非常に強い影響を社会に及ぼします。だからそうした対策は、痛みをともなう例外的なものであるという、そのことに「自覚的」でなければならないし、また個人の思考や判断を「無自覚」に手放してしまうべきではないと思うのです。

 近代化の過程で、感染症は克服されたと思っていました。しかし最近は新しい感染症が次々に出現しています。
 パンデミックは、ウイルス側に原因があるというより、それを受け止める社会のあり方と大きく関係しています。

VTR:熱帯雨林伐採/ニューヨーク空撮
 とどまるところを知らない熱帯雨林の開発。地球温暖化。それらによって近年は野生動物の生息域が減少し、人との距離が急速に縮まりました。
そのため野生動物と共存していたウイルスが、調和を乱され、ヒト社会に入り込んでくる。新興の感染症がひんぱんに発生する理由はそこにあります。
 加えて、増加した人口。都市への密集。世界の隅々まで発達した交通網。それが感染拡大の原動力となるのです。現代は、ウイルスの出現と拡散の双方に「好都合」な条件が用意されているのです。

まさに文明が、パンデミックの「揺りかご」なのです。
今回のパンデミックは、ある意味、現代社会を映しています。
 感染が情報化のなかで広がっている。感染者数や死亡者数をはじめ、リアルタイムで世界中を飛び交う膨大な情報が、今回のパンデミックを特徴づけています。過去のパンデミックとの大きな違いです。

s200506_014.jpg

 ペストの大流行が中世ヨーロッパを舐め尽くしたとき、人々は、祈ることしかできませんでした。情報がないから、何が起こっているかもわからないのです。キリスト受難劇を上演し、神の怒りが静まるのを待つしかありませんでした。患者の世話を押しつけられたメディコ・デッラ・ペステと呼ばれたペスト医もそうです。特異な衣装は彼らと死を結びつける象徴となりました。

s200506_015.jpg

 ペストの流行から400年が経ちますが、ドイツのある小さな村ではいまだに、10年に1度、村人総出でキリスト受難劇を上演しています。ペストの恐怖はそれほどまでに、ヨーロッパ人の記憶の奥深くに刻まれているのです。

 中世と違って現代は情報があります。それはよいことです。一方で、個人や企業が「適切な行動」をするには、単なる情報ではなく、判断の拠り所となる思想が必要です。それには歴史から学ばなくてはなりません。
 状況は刻一刻と変わり、現在と1週間前とではまったく違う。そうしたなかで歴史から学ぶといっても、簡単ではありません。ただ、歴史から直接教訓は得られなくても、歴史は今後起こり得ることのオプションを教えてくます。それが私たちの想像力を広げてくれるのです。

 半世紀にわたるペスト大流行のあとヨーロッパでは、教会の権威が失墜し、人材の枯渇と入れ替えが進みました。統治システムの基幹を成してきた封建的身分制度は、結果として解体へと向かいます。
 それは新しい価値観の創造へとつながりました。中世は終焉を迎え、社会はペスト前とはまったく違う姿に変貌しましたのです。大規模な自然災害もそうですが、パンデミックも、社会変革の先駆けとなるのです。
 ただし外からの力による変革は、痛みを伴うものです。それは結果として起こるものであって、パンデミックをきっかけに意図的に社会を変えていくといった種類のものではありません。では、成り行きを見守るしかないのでしょうか。そうではないと思います。

 もし歴史が教えてくれるとしたら、それは私たちに、これからどう生きるのか、どういう社会を目指すのかを問うことだと思います。

 今回、感染防止のためにオンラインのコミュニケーションやリモートワークが進みました。その流れは今後ますます加速するでしょう。しかし デジタルはあくまでツールです。オンラインやリモートありきではなく、目的が必要です。たとえば、働く人が豊かな生活を送れる、人間らしく生きられる。そのためにどうツールを使っていくのか。それが、いま私たちが考えるべき問題なのです。

 人や物、情報が地球規模で流動化するグローバル化によって今回のパンデミックが特徴づけられるとすれば、世界がこれほど驚愕している姿は示唆的でもあります。
行き過ぎたグローバル化を考え直す機会にすべきなのかもしれません。
都市にしても人口の集中にしても、地球環境に負荷をかけないという意味では必ずしも悪いわけではありません。至るところに電気を届け、上下水道を整備していくのは、すごく環境に負荷がかかりますから。
 しかし行き過ぎた都市化や集中は、今回のような感染症には脆弱です。グローバルとローカル、都市と地方、いろいろなもののバランスを考えていくことが必要だと思います。

 その時に大切だと思うことは、明日への希望です。20年ほど前に、アフリカでエイズ対策をしていました。でもなかなか上手くいかない。それは、患者が10年後の自分の姿が想像できないからでした。10年後には、エイズじゃなくても、飢餓や暴力、戦争などで亡くなっているとすれば、「10年後にあなたが生きていくために、今エイズの予防しましょう」という言葉は、むなしくしか響かなかったのです。

 社会がどうあるか、どう変わっていくか、どういう希望のもとにあるべきか、というのは、1人1人の心の中にあると思います。それが未来への希望につながるのです。
 言葉を換えて言えば、選択可能な未来は何かということかもしれません。

 最後に一つ、話したいことがあります。それは、この脅威が決して「戦争」ではなく、私たちが乗り越えるべきものの一つでしかないということです。私もみなさんと一緒に、これを乗り越えていきたいと思います。
ありがとうございました。

キーワード

関連記事