NHK 解説委員室

解説アーカイブス これまでの解説記事

「定年女性 さらに働く」(視点・論点)

エッセイスト 岸本 裕紀子 

s200211_001.jpg

今日は、「定年女性、さらに働く」というテーマで、定年退職を迎える、あるいは定年を意識し始めた50代、60代の女性の、その後の働き方についてお話したいと思います。

定年は長い間、男性固有の問題という認識でしたが、ここ数年、「女性と定年」というテーマにもスポットが当たり始めました。
と、同時に、定年後も何らかの形で社会と関わっていたい、と希望する女性たちも着実に増えています。
政治も、少子高齢化と年金の将来を考え、なるべく社会保障の支え手を増やしたい、ということで、働く意欲のある高齢者が仕事をしやすい環境を整える、という方向で動き始めています。
具体的には、今月4日の閣議で、70歳までの就業機会の確保を企業の努力義務とする、高齢者雇用安定法などの改正案を決定し、2021年度からのスタートを目指しています。

このような状況下にあって、では実際、定年前後の女性たちがその後の仕事について、どのようなビジョンを持ち、どんな仕事の選択をしているのかというお話をしたいと思います。

それは大きく、二つのグループに分けられると思います。再雇用も含めてそのまま同じ組織に残る人と、そこを出て新たな仕事や役割を探す人とに分けられます。

まず、定年前と同じ会社や役所などで働く人たちですが、再雇用制度の下、週に3回ほど、65歳前後まで働くというパターンが一般的です。
ただ、再雇用制度がスタートした当初は、企業の側は、定年後の人たちをどう処遇していいかわからず、とりあえず、さほど重要度の高くない仕事についてもらい、評価も報酬もみな同じという感じでした。働く側も、仕事はあるにはあるけれど、やる気を出すというか、モチベーションを保つのは難しい、という状況でした。
しかし、再雇用制度が定着していく中で、企業の方針が、定年後の人材を、積極的に戦力として活用していこうと、変わってきています。
組織にとって必要な人、評価された人は、やりがいのある仕事を任されたり、昇給したり、役職に復帰したり、そんなケースもでてきました。
ただ、そうなるには、働く側も、定年前の準備が大事になってきます。
自分が定年後にどんな貢献ができるかを考え、資格を取ったり異動を申請するなどし、上司や人事にも伝えておく、ということはあると思います。
私は最近、ある中堅の広告代理店で働く女性を取材したのですが、彼女は、50代には部長を務めるなど活躍していました。が、定年後は後輩のサポート役に徹すると決め、若い前線部隊がうまく働けるように、「これがあると便利だという」資料を用意したり、段取りを教えたり、人手が必要な時には現場で手伝ったりしています。上から目線のアドバイスではなく、後ろに回ってサポートしながら、後輩を育てているのです。
また、専門性を持つことは大きな強みになります。ある地方公務員の女性は、介護や福祉関係の仕事に長く携わってきましたが、専門性を生かして、今でも住民の介護や福祉の相談にのり、そういう包括的なアドバイスができる人はなかなかいないものですから、なんと、65歳を過ぎて昇進まで果たしています。
また、社内で、具体的にどのような人材が求められているかの情報を集め、自分がやりたいとアピールすることもあるでしょう。例えば、OO支店で産休・育休を取った人の代わりの、経理の担当者を探していると聞いたとします。自分の実家はその支店の地域にあり、年をとった親がいて数年くらい同居したい、仕事の経験もあるとなれば、手をあげてもいいのではないでしょうか。
それまでは、会社の意向に沿って仕事をしてきたけれど、再雇用者は、いわば、自由な立場で会社と契約をし直すというふうに考え、思い切って自分の能力や希望を意思表示することは無駄ではないと思います。

一方で、同じ組織にはとどまらないけれども、60歳を過ぎてさらに働きたいという女性たちもいます。
新しい会社で働く人、地域の中でボランティアをする人、実家の商売を継ぐ人、まったく別の分野の仕事に挑戦してみる人、など様々です。

まず、定年前後に転職し、別の組織で働くというケースについてお話したいと思います。
かつては、転職するならせいぜい40代前半まで、が常識でしたが、昨今の人手不足の中、即戦力になる人材なら50代でも仕事は見つかるようになりました。
出版社に勤めていた50代の女性は、早期退職後、仕事を探したら、「辞める前に想像していた以上のいろいろな仕事があったんです」といい、ある財団に再就職したのですが「自分は仕事人生を2度楽しんでいる」と話してくれました。
さきほど、再雇用の仕事も面白くなってきていると述べましたが、同時に、転職の可能性も広がっているんですね。
それで、50代半ばの女性たちが、60歳を過ぎて働く場合、再雇用か転職かどちらがいいのか、二つの選択肢の間で悩むという、一昔前には考えられないケースも出てきています。

これとは別に、自分で新しいことを始める場合は、若くて体力がある40代後半に構想を練り準備をして、50代で会社を辞めてスタートするのが理想のようです。
ある女性は、定年前に退職し、地元に帰って飲食店を開く予定ですが、店のコンセプトを考えるところから始めて、費用の計算、場所の候補地の選定とそこでの商売の可能性をリサーチし、東京のカフェでアルバイトしながら一人でこなせる仕事量の感触をつかんでいったそうです。
取材を通して興味深かったのは、それまで企業などで培ってきた仕事の経験は、全く別の仕事にも活かせるということでした。
毎日きちんと仕事を続ける習慣や意思があること、やることの手順や効率を考えられること、問題解決のノウハウが備わっていることなどが身についているんですね。

もし、女性が60歳を過ぎても働こうと思ったら、どのような働き方を選ぶにせよ、定年後は何がしたいのか、できるのか、そのために今何をすればいいのか、を考える。情報を集める。着々と準備する。必要なら、それをアピールしていく。
定年後の仕事には、ことさら、そんな自主性が求められているようです。
もうひとつ、この取材を通して頼もしく感じたのは、女性たちの「現場力」でした。
総じて日本ではまだまだ、女性の管理職の割合は高くなく、結果、女性は仕事の現場で長く働いてきたことになりますが、それが、逆に定年後は強みになるということです。
中年期以降、管理職しか経験していない定年男性より、よほど、実際の仕事の場で必要とされるという話は、多くのところで聞きました。
ですから、もしあなたが定年後もずっと働き続けたいのなら、現場感覚をさらに磨いていっていただきたいと思います。

キーワード

関連記事