NHK 解説委員室

解説アーカイブス これまでの解説記事

「アウトドアを安全に楽しむには」(視点・論点)

静岡大学 教授 村越 真 

 初夏を迎え、山が賑わうシーズンが近づいてきました。登山人口は約1000万人とも推定されています。また、自然の中での活動を楽しむ人が増えてきています。それとともにアウトドア活動での事故も後を絶ちません。自然の中にはリスクと楽しさが背中合わせにあります。今日は、安全にアウトドア活動を楽しむポイントについてお話しします。

まず、どのような遭難が起こっているかを知ることが重要です。

s180606_01.jpg

警察庁が公表する山岳遭難の統計によって、山野での事故の様子がわかります。山岳遭難は1990年代半ばから緩やかな増加が続き、現在では年間約3000人の遭難者が発生しています。

 原因を探るために、詳しく資料を見てみましょう。

s180606_02.jpg

図は、10歳ごとに区切った年代ごとの原因別遭難数です。ここでは全体の約85%を占める、上位6つの原因を示しています。
最も多い遭難原因は道迷いで、全遭難の40%を占めています。高齢者の遭難数は全般的に多いのですが、道迷い遭難はどの年代でも多く発生しています。登山人口に占める若年登山者の割合が少ないことを考えると、発生率は若年層の方がむしろ高いと言えます。ここでは男性のみを示していますが、女性も概ね似た傾向です。

道迷いについで多いのは滑落や転倒です。高山か低山か、つまり山の高さによってどのような原因の遭難が多いかを比較すると興味深いことが分かります。低山では道迷いが多く、高山では滑落や転倒が多いのです。この傾向は女性でも同様です。

s180606_03.jpg

夏は日本アルプスなどの高山に出かける登山者が多いと思われますが、高山は傾斜が急だったり路面に岩が多く、滑落や転倒を起こしやすいのだと考えられます。
 一方、夏以外の季節では気軽に出かけられる低山の登山者数が増えますが、低山は地形が複雑で地図にない道が多いため、道迷いが多いのでしょう。

このように、山岳遭難には環境の要素が関係しています。危険をもたらす環境上の要素をハザードと呼びます。一方で、ハザードがあるだけではケガのリスクは、生まれません。

s180606_04.jpg

リスクはハザードのある場所で不適切な行動を行うことで生まれます。たとえば、でこぼこのある道で走れば転倒しやすくなります。ハザードか不適切な行動のどちらかをなくすことでリスクは小さくなります。

 自然の中ではハザードをなくすことは容易ではありません。路面を舗装したり、岩をかたづけたりすれば転倒は少なくなるでしょう。しかし、それではせっかくの自然が損なわれてしまいます。だから、自然の魅力はリスクと背中合わせなのです。リスクを下げるには、不適切な行動をなくすことが求められます。
 「地図が読めるようになろう」とか「体力を付けよう」といった啓発がよく行われます。これは、不適切な行動をなくそうとするものです。しかし、山の中にはとりわけ注意が必要なルートもあれば、そうでないルートもあります。よりきめ細かなハザード情報を提供することで、安全を高めようという注目すべき取り組みが2014年にスタートしました。長野県が中心になって公表されている「山のグレーディング」がそれです。

s180606_05.jpg

山のグレーディングでは登山道に体力と難易度によるランク付けをしていますが、体力レベルは運動生理学の研究に基づき10段階、難易度は転倒や滑落につながる歩きにくさと、道迷いにつながる道の迷いやすさという二つの側面による5段階です。

s180606_06.jpg

s180606_07.jpg

北アルプスの槍ヶ岳は体力ランクが8、難易度がC、また東京の高尾山表参道は体力レベル2、難易度は一番易しいAとなっています。現在では8県、1山系、824ルートが「山のグレーディング」で評価されています。グレーディングを使って、自分の体力や難易度に応じた山を選ぶことで、不適切な登山を減らし、事故が減ることが期待されます。

 山のグレーディングは登山道のハザードについての情報を伝えてくれますが、現場にあるハザードを全て伝えてくれる訳ではありません。事故防止のためには、最終的には登山者一人一人が、現場にあるリスクに自分で気づき、不適切な行動を回避することが必要です。
リスクに気づくことをリスク特定と呼びます。リスク特定能力は山岳遭難を減少させる重要な能力だといえます。
 では登山者のリスク特定能力の実態はどのようなものでしょうか。研究は緒に着いたばかりですが、私の一連の研究からはその実態、さらにリスク特定能力に関連する要因が見えてきました。

s180606_08.jpg

 研究では、図のような登山道の写真を見て、そこで想定されるリスクを答えてもらいました。対象は500名を超す一般登山者と指導者です。視聴者の皆さんであれば、どのようなリスクを、この写真から読み取るでしょうか。たとえば、斜面の様子から、転倒、滑落、などがすぐに指摘できます。また木々の生えていない高い山なので、夏の天気のよい時であれば落雷の危険も予想できます。

s180606_09.jpg

 結果の中で興味深い点がいくつかありました。一つは年齢が上がるにつれてリスク特定数が減ることです。つまり危険に気付きにくくなっているのです。

s180606_010.jpg

 その理由はまだよく分かっていません。視力の低下などの問題があるかもしれません。リスク認知に限らず、基礎的な認知能力は年齢が上がると全般的に低下する傾向にあることが指摘されています。ハザードからリスク特定する際にも、それが影響しているのかもしれません。高齢登山者が多い現在、年齢とともにリスクに気づきにくくなる可能性がある点には注意が必要です。 
 
 登山経験年数が増えても、リスク特定能力は高まりませんでした。その一方で、指導経験のある登山者は一般登山者よりリスク特定数が多い傾向にありました。単なる経験年数だけでリスク特定能力が上がるのではなく、指導経験のように意識的にリスクを考えることが、リスク特定能力を向上させる上で有効なのだと解釈できます。
 関連して、仮想、たとえば「もし天気が悪かったら」と考える傾向にある人ほど、リスクを指摘する数が多いことが示されました。見えないリスクを指摘するためには、もしこんな条件が揃ったら、あるいはこの後どんな展開があるかを考える必要があります。指導経験はこうした考え方を高めることに役立っているのかもしれません。その後の展開や別の条件がある場面をイメージすることがリスク特定能力を高め、結果として遭難の減少に役立つ、と言えそうです。

地方自治体の公表する山のグレーディングや精度の高まった天気予報など、現在ではハザードに関する豊富な情報を得ることができます。それでも、自然環境が都市に比べてハザードに満ちているのは否定しがたい事実です。さらに、自然の中のリスクは変化が激しいので、現場で急にリスクが高まることもあります。他ならぬ自分が、そのリスクに気づく力を持っていなければ、悲劇的な結末が待っていることさえあります。
それと同時に、自然の魅力や楽しみの多くは、リスクがあることと裏腹に得られます。また、リスクを克服すること自体が、自然体験の魅力になることもあるでしょう。ヒマラヤに登る登山家たちは、そうした魅力にとりつかれた人たちですが、彼らでさえ、「危険を制御することが大事だ」と口をそろえていいます。
自然の中に予期しにくいリスクがある以上、私たちにも彼らと同じように「危険を制御する」姿勢が求められます。リスクに気づき、対応する能力を持つ。それこそが自然の魅力を十二分に享受することにつながるのではないでしょうか。
自然の中にあるリスクとそれに気づく能力という視点が、皆さんが自然の中で活動する楽しみと安全について再度考える一助となれば幸いです。

キーワード

関連記事