NHK 解説委員室

解説アーカイブス これまでの解説記事

「ロヒンギャ問題 解決への道を考える」(視点・論点)

上智大学 教授 根本 敬

今、50数万にも達するロヒンギャの人々がミャンマーを出てバングラデシュに入り、難民となって苦しい状況に置かれています。ロヒンギャとは、ベンガル湾に面するミャンマー西側のラカイン州北西部に住むイスラム系の人々です。

発端は8月25日に発生した「アラカン・ロヒンギャ救世軍」(ARSA)と称する武装集団によるミャンマー政府軍への襲撃でした。ミャンマー政府は彼らを即座にテロリストと認定し、軍がロヒンギャ住民の住む地域に入り込んで過剰な捜索をおこない、そこに正体不明の民兵が加わって、住民に対する乱暴や殺害、放火が発生しました。恐怖にさらされた人々は国境のナフ河を超え、バングラデシュへと一斉に脱出しました。

s171003_01.jpg

ロヒンギャは過去にも2度、1970年代後半と1990年代前半に、それぞれ20万人を超える規模で難民となり、バングラデシュに流出しています。2012年には彼らの居住地のひとつであるラカイン州シットウェーで、多数派の仏教徒ラカイン人との間で暴動が起き、そのため政府によって狭い地域に囲い込まれ、不自由な生活を強いられました。2015年5月には、ボート・ピープルとなったロヒンギャが南タイの海上で木造船に乗ったまま漂流するという事件も起きています。このようにロヒンギャは長期にわたって抑圧を受け続けている人々だといえます。
ロヒンギャの特徴をもう少し詳しく見てみましょう。彼らはインドのベンガル地方を起源とする人々で、イスラムを信仰し、一般のミャンマー人と比べ、顔の彫りが深く、言語もミャンマーの公用語であるビルマ語ではなく、ベンガル語のチッタゴン方言の一つを使用しています。それだけに、仏教徒が多数を占めるミャンマー国民から強い差別にさらされています。政府も1960年代以降は抑圧的な対応を取り続け、ここ数年でロヒンギャから国籍をはく奪してしまいました。

s171003_02.jpg

ロヒンギャはラカイン州に100万人以上住んでいます。しかし、ミャンマーでは政府も国民も「ロヒンギャ」という呼称を認めず、彼らを「ベンガル人」や「バングラデシュ人」ないしは「不法移民集団」と呼び、民族であることすら認めていません。ロヒンギャは自分たちの名前を拒否され、民族としての存在すら否定されているのです。
ロヒンギャという民族名称は、文書による記録では1950年までしか遡ることができません。しかし、ロヒンギャという名乗りをあげたラカイン在住のムスリムの起源は、歴史的に15世紀まで遡ることができます。その時代のムスリム居住者を基盤に、19世紀以降のイギリス植民地期におけるベンガルからの流入移民がその上に重なり、さらに第二次世界大戦後の旧東パキスタンからの新規流入移民が加わって、合わせて「三重の層」から成るムスリムがこの地域に堆積したといえます。そしてその人々が「ロヒンギャ」を名乗るようになったとのだみなせます。
国際社会は今回の深刻な難民流出に対し、グテーレス国連事務総長をはじめ、ミャンマー政府を非難しています。それは当然の反応だといえますが、ミャンマー政府による人権抑圧の責任ばかりを強調すると、肝心のロヒンギャが置かれている状況を、いまよりも一層悪化させてしまう可能性があることに注意が必要です。なぜなら、ミャンマー政府に対する強い非難は、軍との関係構築に悩むアウン・サン・スー・チー国家顧問を追い詰めることになり、ロヒンギャ問題に前向きに関わろうとする彼女の取り組みを、押しつぶしてしまうことになるからです。

s171003_03.jpg

ミャンマーの憲法では、軍にシビリアン・コントロールが及びません。警察と国境問題に関する権限も軍が持っています。アウン・サン・スー・チー国家顧問は「大統領より上の存在」ではありますが、軍と警察と国境問題の3つの領域に対する指揮権は認められていません。ロヒンギャ問題はこの3つの領域と深く関わるため、事態の解決を非常に難しくしています。
軍はロヒンギャ問題を単純に治安問題としてとらえ、彼らの封じ込めを優先します。これに加えて、ミャンマー国内の世論も強い「反ロヒンギャ」感情をあらわにし、排他的な姿勢を見せています。その国民感情を変えさせることは、短い時間ではきわめて困難だといえます。アウン・サン・スー・チー氏を支持する国民の多くが、同時に反ロヒンギャでもあるという、ねじれ現象が起きており、彼女は難しいかじ取りを強いられているのです。
このように八方ふさがりに映るロヒンギャ問題ですが、どのような解決への道が考えられるでしょうか。
実は、今回の襲撃事件が発生する前日の8月24日に、コフィ・アナン元国連事務総長が委員長を務める「ラカイン問題検討諮問委員会」による答申が出されています。この第三者委員会は、昨年8月にアウン・サン・スー・チー国家顧問の肝いりで結成され、9人の委員のうち3人が外国人、ロヒンギャは含まないがムスリム2名が含まれるというメンバー構成でした。その委員会が1年間にわたるラカインとバングラデシュ双方での長期調査を経て、ロヒンギャの扱いに関する前向きの答申を示したのです。
 委員会は、土着民族として認められていないロヒンギャに関し、一定期間にわたりミャンマー国内で居住している人については、国籍を付与すべきであると結論づけました。また、ロヒンギャの人々の国内移動の制限をやめ、移動の自由を認めるべきだと提言しています。
 注目すべきは、この提言がアウン・サン・スー・チー国家顧問が望んでいた内容と同じだったということです。彼女としては、自分が先にこの見解を軍や国民に語っても、説得は難しいと考え、コフィ・アナンに代表される「国際社会の眼」もいれた第三者委員会に調査してもらい、同じ内容の見解を示してもらうことによって、現状打破を狙ったものと考えられます。残念ながら、この答申が出された翌日、今回の難民流出のきっかけとなる襲撃事件が発生してしまい、人々の関心はそちらに移ってしまいました。しかし、コフィ・アナン答申に示された提言が、現段階で最も現実的な解決案であることは間違なく、9月19日におこなわれたアウン・サン・スー・チー国家顧問の演説においても、この提言を尊重することが示されています。
 国際社会としては、まずは何よりも難民の保護と安全な帰還に一致して協力することが求められます。しかし同時に、中長期的にはコフィ・アナン諮問委員会が示した提言を生かす方向で、ミャンマー政府がロヒンギャへの国籍付与に向けた政策をとることができるよう、アウン・サン・スー・チー国家顧問をバックアップすることが重要になってきます。現在のミャンマーにおいて、ロヒンギャ排斥の立場に立つ軍と国内世論が暴走するのをせき止めることができる人物は、彼女しか見当たりません。アウン・サン・スー・チー氏を国家顧問から退かせてしまうと、ロヒンギャの状況がいっそう悪化することになります。私たちはその点を冷静に認識し、現実的で解決可能なロヒンギャ支援を実行していくことが求められているといえましょう。

キーワード

関連記事