NHK 解説委員室

解説アーカイブス これまでの解説記事

「地方色豊かな漢字」(視点・論点)

早稲田大学 教授 笹原 宏之

日本列島では、北海道から沖縄まで、さまざまなことばが使われています。
それを方言と呼んでいますね。話し言葉にはそういう地域による差がある、ということは
よく知られています。一方、日本語を書き表すための漢字は、どうでしょう? 
漢字なんて、日本全国でみな同じだ、そうに決まっている、とお思いではありませんか?

漢字は全国一律、これは常識となっているようです。

しかし、よく観察してみると、日本各地で、独特な漢字が見つかります。
たとえば、雪深い秋田では、「そり」は雪の上を走る車ということで、

という字を使った地名があります。方言のような漢字ということで、方言漢字と呼べます。
続いて、

これはどうでしょう。こちらは、知らないと読めないでしょう。
あくつ、と読めた人は、北関東に御縁が深い方、かもしれません。低い土地を指す地元の方言「あくつ」に対して、江戸時代に作られた方言漢字です。地名や名字に使われています。
 今の字が、「たお」「たわ」に似ているな、と思った方は、もしかしたら岡山,広島,山口など中国地方の方ではないでしょうか? 「たお」「たわ」と呼ばれる中国山地などによくある、小さめの峠を指すために、江戸時代に作られた方言漢字に、

があるためです。「嵶」といった別の方言漢字も、その辺りに分布しています。
続けて、
氵(さんずい)+写
という字を見たことはありませんか? これは、潟(かた)という漢字の略字で、新潟県でよく使われています。画数が多くて書きにくい漢字を省略したものです。ワかんむりは余分ですが、昔はこれが全国で使われていたものでした。今では新潟県の若者も読めなくなってきました。
この略字は、島根県などでも使われています。
では、この字はどうでしょう。

「すし」と読めた方は、大阪や京都、奈良など近畿地方に何かゆかりがありませんか?
 東京では江戸前で「鮨」が一般的なのです。実は、京都市内にも方言漢字があるのです。

これは、山科区の地名、なぎつじ(辻)の「なぎ」ですね。その木が室町時代に、旅人に道を教える役目を果たしたために、このような字が作られた、と伝えられています。
この、

さんじゅう、という昔の漢字ですが、今でも福岡をはじめとして九州などで書く人がいます。「州」という字が書きにくいため、若者でもけっこう使っています。
これらは、使っている地元の人にとっては当たり前の字なのです。
しかし、よその人たちには、読めない文字であり、方言漢字なのです。
同じ字でも、地方によって読みが変わることもあります。

これが石川の金沢の郷土料理では「ごり」ですが、広島の地名では「めばる」と読むように、別々の土地で育まれた読み方があるので、注意が必要です。
次に、漢字は一般的であっても、読み方に地方のカラーが出ている、
そういうものも方言漢字と呼べるので、紹介しましょう。
北海道では、「札幌」のように「幌」という字が、アイヌ語で大きいという意味のポロへの当て字として地名によく出てきます。札幌市北区を略して、
幌北
こうなると、音読みに変わりますが、読めますか? コウホクです。「ホロ(幌)」は辞書には確かにコウと載っていますが、他の地では見かけない発音です。
秋田にあるバス停は、どうでしょう。
牛坂
うしさかではなく、べこざか、です。東北弁が固有名詞となり、訓読みになって定着しているのです。漢字の表意的な性質をうまく活かしていますね。

この字は、「さけ」と漢和辞典に訓読みが載っていますが、東京などでは方言で「しゃけ」と読む人がいます。
同じ魚偏ですが、魚偏に虎、

はどうでしょう。「しゃち」ですね。名古屋の人はとてもよく読めます。日本製の国字なので音読みが辞書にはないのですが、尾張では、名古屋城の金の鯱が有名であるため、「」金シャチ(鯱)」と書いて「きんこ」と読ませる習慣さえあるのです。
先日、岐阜の山・鉾・屋台行事が、ユネスコ無形文化遺産に登録されましたが、
大垣祭などで引かれる山車(ダシ)をヤマと呼び、
車+山(車偏に山)
と近世から書き慣わしています。パソコンではなかなか打てませんが、地元ではしっかりと受け継がれていて、祭の中に根付いています。

は、国字で「たこ」と読みますが、新潟の祭では方言で「いか」、長崎の祭では「はた」と読ませています。
また、この字の読みは「かぶ」が一般的ですが、

京都には「かぶら」と読む人がけっこういます。

に「ひち」と読み仮名を付ける人は、愛知県から関西にかけてよく目に付きます。
鳥取県は、伯耆国、ホウキは崖を意味するホキと同じとも言われています。そのホキは、山の脇に川が流れているとして、
山×川(山かんむりに川)
という字が近世に作られ、今でも地名や名字に使われています。これは、すでにJIS漢字に追加しましたので、多くのパソコンで使えるようになっています。
次は送り仮名付きです。ゴミをほうきで、
掃く
はく、ですね。福岡、長崎など九州の人は、「はわく」と読む傾向があります。
そして、
強か
これは、辞書には「したたか」とあるのですが、つい「つよか」と読んでしまう人が鹿児島など九州に多いのです。

この漢字は、本州では多く「しろ」「き」と読みますが、沖縄では「ぐすく」と読みます。「美ら」も「ちゅら」と読みますね。琉球方言が、訓読みのようになっている方言漢字なのです。
方言漢字というものは、見たことも聞いたこともない漢字ばかりだ、と思われたかもしれません。実は、もっと身近なものもあるのです。
渋谷
この地名や名字を、皆さんは何と読みますか?
しぶや、東京の駅名にもなっていますね。実はこの「や」は、奈良時代からある、東日本一帯の方言なのです。大阪では、「しぶたに」という地名があります。「たに」のことを「や」とか「やつ」などと呼ぶ東日本の方言に、この字を当てたので、これも方言漢字といえます。
名字でも、関西ではこの字を「たに」と読むことが多いのです。
私は、以前、こうしたローカル色豊かな漢字を集めて、『方言漢字』と名付けた本を書きましたが、出版後に、各地の人たちから、これもそうではないか、これはどうだろう、とたくさんの情報が寄せられました。ここでは、47都道府県のすべての例を挙げることはできませんが、方言漢字は日本列島の津々浦々で、昔から使われてきたのです。古いところでは、奈良時代の『風土記』や古文書などに、現れています。
こうした方言漢字は、これから先、どうなっていくのでしょうか。埼玉県の八潮市の地名の

がけは、危うく消滅しそうになりましたが、住民の方々の努力によって、何とか残すことができました。
そうです、東京でいくら「方言漢字を大切にして」と呼びかけても、地元の方々が気にしなければ、普通の字に置き変わっていってしまいます。また、私がいくら頑張って方言漢字を集めてみても、日本の各地、隅から隅までは目が行き届かないのです。
方言漢字は、日本列島の起伏に富んだ地形をよく表しています。各地の陸や海でとれる豊かな産物も、そこで行われてきた祭などの営みも、そして地元のことばも、訓読みに変えて方言漢字として、しっかりと表してきました。方言漢字には、先人たちからのメッセージが込められているのです。

皆さんも、方言漢字を探してみませんか? きょう(今日)もひっそり使われている方言漢字が、すぐ近くに、きっとあるはずです。

キーワード

関連記事