NHK 解説委員室

解説アーカイブス これまでの解説記事

「オホーツク海 豊かな恵みを守るために」(視点・論点)

北海道大学 低温科学研究所 准教授 白岩 孝行

北海道の北に広がるオホーツク海は、世界で最も豊かな海のひとつです。きょうは、この海の豊かさを支えるしくみとオホーツク海が直面する問題を紹介し、その解決に向けた私たちの取り組みをお話いたします。

s170110_1.png

流氷の海として知られるオホーツク海は、大陸のロシアとその東端にあるカムチャツカ半島、そして千島列島から北方四島を経て北海道に至る島々によって囲まれる海です。サケ・マスをはじめとするさまざまな魚、鯨やシャチ、アザラシやトドなどの大型哺乳類は、オホーツク海で大量に発生する植物プランクトンを基礎とする海洋生態系によって支えられています。
最近、この豊かなオホーツク海の海洋生態系を支える重要な物質のひとつが、大陸を流れるアムール川からオホーツク海に運ばれる鉄であることがわかってきました。鉄は、窒素やリン、ケイ素といった植物プランクトンの生育にとって必要な栄養を、効率よくプランクトンが取り込むために利用される元素です。しかし、鉄は海水中にはほとんど存在しません。したがって、常にどこからか補給されなければならないのです。

s170110_2.png

モンゴルに源を持ち、4,400キロの距離にわたって中国とロシアの国境を流れるアムール川は、世界屈指の大河です。中国・ロシアの平坦な大地を流れるアムール川は、その流域に広大な湿原をもっています。湿原は、常に湿った状態にあり、植物が分解される際に酸素が使われるため、常に酸素が少ない環境です。通常は粒子として存在する鉄も、このような環境ではわずかながら水に溶けることができます。アムール川は、このようにして湿原で溶けた鉄をオホーツク海に運ぶのです。
しかし、せっかく長い距離にわたって運ばれた鉄も、オホーツク海に到達した途端、海水中の塩分と結合して、海底に沈殿してしまいます。通常は、鉄はこのようにして海の底にたまっていくのですが、オホーツク海では特殊なメカニズムが、この海底の鉄を更に遠方へと運んでいきます。

s170110_7.png

冬になると、冷えた大陸上にはシベリア高気圧が発達し、この高気圧から吹き下ろす冷たい北西風がオホーツク海の表面を凍らせます。このようにしてできる氷が流氷です。流氷は、サハリンの北、大陸の岸近くで作られ、風と海流によって南の北海道まで運ばれてきます。この流氷が鉄の輸送に大きな役割を果たしているのです。

s170110_10.png

海の表面で流氷が出来ると、凍った部分から塩が排出され、流氷の下に流れ出します。余計に塩を含んだ冷たい水は、重いために海の底へと沈んでいきます。この流氷の下でできる重い水の流れが、海を上下にかきまぜる役割を果たしているのです。
アムール川から運ばれて海底に沈殿した鉄は、この重い水によって洗い出され、沖合へと運ばれます。沖合には南向きの強い海流が流れており、この流れに乗って北海道から千島列島、そして太平洋へと運ばれます。
つまり、オホーツク海の豊かな海を支える鉄は、アムール川流域に広がる湿原と、オホーツク海が凍るという二つの自然条件によってもたらされているのです。これは、大陸からの大きなオホーツク海への贈り物です。

s170110_16.png

このような大陸とオホーツク海をつなぐ鉄の流れに、最近、心配すべき状況が生じています。ひとつは、アムール川流域における、湿原の急速な農地化です。湿原を干拓して農地化することによって農業生産性を高める動きが進み始めました。その結果、広大な湿原は急速に面積を減らしています。もうひとつは、地球の気候変動に伴って、オホーツク海の流氷が年々縮小しているという問題です。流氷ができにくくなると、流氷の下で作られる重い水もできなくなり、海がかき混ぜられなくなります。この二つの変化は、将来、オホーツク海にもたらされる鉄の量が減ることを示唆します。
さらに、もうひとつ心配すべきことがあります。アムール川は鉄を流すと同時に、さまざまな物質をオホーツク海に運びます。時には有害な物質も流れてきます。たとえば、2005年の11月、アムール川の支流のひとつである松花江(しょうかこう)の上流で、石油化学工場が爆発事故を起こし、大量のベンゼンやニトロベンゼンが川に流れ込みました。これらの有害物質は、約1か月かかってアムール川に到達しましたが、その後、どの程度オホーツク海に流入したかは明らかにされていません。
このような現状の下、この世界でもたぐいまれな豊かな海を将来に引き継ぐために、我々は今何をやらねばならないのでしょうか。
現在、日本とロシアの間には、日露隣接地域生態系保全協力プログラムと呼ばれる二国間の協力プログラムが存在し、政府が主体となって北方四島の生態系保全を進める努力をしています。これは更に進めていかねばなりません。
しかし、それだけでは十分ではありません。研究者の立場として我々が痛感したのは、アムール川流域を占めるモンゴル、中国、ロシアの人々との情報交換の必要性でした。アムール川とオホーツク海という、途方もなく大きなつながりは、なかなか実感することはできません。とりわけ、アムール川流域でありつつ、オホーツク海と接していない上流のモンゴルや中国の人たちには、自分たちの国を流れる川がオホーツク海に良い影響と悪い影響を与えうるという考えすら浮かばないのは当然のことでしょう。

s170110_17.png

このような問題意識に立って、私たちは国を越えた科学的な情報を共有するためのネットワークを2009年に立ち上げました。約100名の研究者から構成されるアムール・オホーツクコンソーシアムという集団です。モンゴル、中国、ロシア、そして日本の研究者が中心となって、2年に一回、国際会議を開催し、それぞれの国が抱える環境問題とその解決策を広く議論しています。
第2回の国際会議を札幌で開催したのは2011年のことでした。それまでは問題を引き起こすのは、上流側に位置する中国やロシアであり、我々は影響を受ける側であるという暗黙の前提に立って議論に臨んでいた我々は、福島第一原発の事故を受け、一向に明らかにならない海洋汚染の情報を大陸の研究者に説明しなければならないという立場に陥りました。この時、環境問題というのは被害者・加害者の立場は時として入れ替わり、それゆえ双方が謙虚になって国境を越えて議論しなければ解決には至らないということを痛感しました。
今、日本とロシアはロシア極東の資源を利用すべく、さまざまな経済協力を進めていこうとしています。これは両国にとって歓迎すべきことだと私は考えます。一方、これらの資源開発が行われる極東ロシアは、私たちの住む日本の風上、川上に位置しています。もしこの地でなんらかの大きな環境問題が生じれば、それは風の流れ、川の流れ、そして海の流れによって日本にもたらされます。
環境に国境はありません。私たちは常にそのことを念頭に置き、大陸の隣国と協力し、次世代に豊かなオホーツク海を引き継いでいきたいと考えています。

キーワード

関連記事