NHK 解説委員室

解説アーカイブス これまでの解説記事

「シリーズ・次世代への遺産 平尾誠二」(視点・論点)

日本ラグビー協会 日本代表ゼネラルマネージャー 岩渕健輔

日本ラグビーフットボール協会、代表ゼネラルマネージャーの岩渕健輔です。今日は、先日亡くなられました平尾誠二さんについて、お話をさせていただきたいと思います。
私が平尾さんに初めてお会いしたのは、青山学院大学2年生の時。ラグビー日本代表に選出され、日本代表の一員として初めて試合に臨んだ後でした。
当時、平尾さんは神戸製鋼で現役を終えられた直後でした。
翌年には、1999年のラグビーワールドカップ、ウェールズ大会に向けて日本代表の監督に就任されますが、それに先立って試合を観戦された際に、激励の言葉をかけていただいたのが初めてでした。

s161228_1.png

s161228_2.png

s161228_3.png

平尾さんは誰もが知るラグビー人でしたし、私は平尾さんと同じスタンドオフというポジションでプレーしていたこともあり、大変緊張しました。
しかし平尾さんはプレーに関する話など一切されずに、むしろラグビーという競技が持つ価値観を、いかに日本の人たちに伝えていくか、ラグビー人として、私たちがいかにいきていくべきかというお話をされたのを、鮮明に覚えています。
これは意外でもありましたが、反面では、とても得心がゆく出来事でした。その理由は、私が平尾さんに抱いていた印象にあります。
皆さんがご存知のように、現役選手時代の平尾さんは、キレ味鋭いステップワークと、華麗なパスワークを武器に活躍された、スター選手でした。
 同志社大学時代は、史上初となる大学選手権3連覇、神戸製鋼時代は日本選手権で7連覇を達成されるなど、名実ともに日本ラグビー界を代表する選手の一人であったことは、いうまでもありません。
また平尾さんは、1991年のラグビーワールドカップ、第2回大会では日本代表のキャプテンを務められ、ワールドカップにおける日本代表の初勝利にも貢献されています。 しかし私にとっての平尾さんは、超一流のラガーマンである以上に、常に世の中の一歩先、二歩先を見据えられて動いていく、「偉大な改革者」でもありました。
たとえば神戸製鋼の選手時代、平尾さんは監督制を廃止され、チームのキャプテンがすべての決断を下していく、新しい制度作りを推進されました。
また神戸製鋼の指導者に転身されてからは、ゼネラルマネージャーのポジションを設けられ、自ら就任されています。これもまた日本ラグビー界においては、画期的なことでした。
平尾さんは、日本代表監督時代にも、改革者として幾多の手腕を振るわれています。たとえば日本代表を世界と戦える集団に変えるために、ラグビー界で正式に定められた規定に則って、日本国籍以外の選手を積極的にチームに加えていく。あるいは選手の技術や身体能力を高めるために、サッカー界や陸上界など、他の競技からコーチをお招きして、選手にアドバイスを与えるといった試みは、平尾さんが先鞭をつけられたものです。また平尾さんは、チームが遠征する際に栄養士を帯同させたり、対戦相手の映像を事前に入手し、さまざまな角度から緻密に分析する方法も推進されました。これもまた当時としては、実に画期的な試みでした。
平尾さんが、このように改革者として手腕を振るうことができたのは、ご自身の歩みにも負うところが大きいように思います。 まず伏見工業高校や同志社大学のラグビー部時代には、非常に柔軟な発想をされる先生方に、指導を受けられたと聞いております。また平尾さんは、イギリスにも留学されました。 
そのような経験を通しても、日本ラグビーを強くするにはどうすればいいかというテーマを世界的な視点で捉え、さまざまなアイディアを柔軟に取り入れられるようになったのだと思います。
このような柔軟な発想は、「平尾プロジェクト」と呼ばれる、今日では当たり前になった選手発掘プロジェクトにもつながり、日本ラグビー界の改革プランとして、見事に結実しています。
いずれにしましても、平尾さんは日本ラグビー界が生んだ屈指の名選手であると同時に、偉大なる改革者でもありました。
そして私自身も、平尾さんから非常に多くのことを学ばせていただきました。
私は2012年1月に、日本協会の代表ゼネラルマネージャーに就任。
以来、昨年のラグビーワールドカップイングランド大会、今年のリオ五輪に向けて、代表の強化に携わってきましたが、その間にも平尾さんから、幾度となくアドバイスや、温かい励ましの言葉をいただきました。
また自分が、かつての平尾さんと同じような立場につき、さまざまな改革を進めていくにつれ、平尾さんの情熱や想い、平尾さんがかつて歩まれた、道なき道の険しさを、より深く理解できたように思います。

s161228_4.png

私が平尾さんと最後にお話をさせていただいたのは、昨年のワールドカップイングランド大会の後でした。
平尾さんは日本代表の活躍を心から喜ばれていましたが、それと同時に2019年のラグビーワールドカップ日本大会と、2020年の東京オリンピックに向けて、私たちが肝に命じなければならないことも、熱心に説いてくださいました。
2019年と2020年、日本ラグビー界はもちろん大会の開催国として、しかるべき結果を出し、日本国民の皆さまに、感動と誇りを感じていただけるようにしなければなりません。日本ラグビーの50年先、100年先の未来は、ワールドカップ日本大会と東京オリンピックという二つの大会によって決まると言っても、過言ではないからです。
ただし平尾さんは、優秀な人材を積極的に起用して、日本ラグビー界をより大きく充実したものにしていく。そして、ラグビーという競技そのものが持つ価値観とフィロソフィーを、社会に広く伝えていかなければならないとも、何度もおっしゃっていました。
もともとラグビーという競技は、イギリスのパブリックスクールなどでは社会の指導者、確固たる責任感と未来へのビジョンを持ち、社会のために尽くしていけるリーダーを育むためのスポーツとして、捉えられてきました。
このような人材が増えていけば、ラグビーを始めとするスポーツの分野はもとより、それ以外のさまざまな分野でも、日本社会全体が本当の意味で、より豊かなものになっていきます。おそらくこれこそが、ラグビー人としての平尾さんが生涯を通して追求された真のテーマであり、2019年と2020年に託されていた、最大の「夢」だったのではないか、私はそんなふうに感じています。
2019年のラグビーワールドカップ日本大会と、2020年の東京オリンピック。私たちが受け継いでいくべき、平尾さんのレガシーは明らかです。
まずは、大会の開催国としてしっかり結果を出して、国民の皆さまの期待にお応えし、日本ラグビー界の「灯」を、次の世代に確実に受け渡していく。
と同時に、ラグビーが持つ価値観やフィロソフィーを一人でも多くの人にお伝えし、50年先、100年先の日本社会の未来を、一緒に切り拓いていく。
そして、未来のために勇気を持って、さまざまな改革を推し進めていく。これが、日本ラグビー界が目指すべき目標になります。
すべては勝利のために。そしてスポーツの枠を超えた、日本社会全体の未来のために。わたしたちは偉大なる改革者としての平尾さんのレガシーを受け継ぎ、託された使命を胸に刻みながら、万全の準備を進めていく覚悟です。

キーワード

関連記事