NHK 解説委員室

解説アーカイブス これまでの解説記事

視点・論点 「七草がゆに込められた思い」

和文化研究家 三浦康子
 
明日は七草がゆの日です。1月7日に七草がゆを食べると、1年間無病息災で過ごせるといわれています。私達の暮らしの中には、様々な行事がありますが、そのひとつひとつに意味があり、行事に込められた先人たちの思いが伝わってまいります。
では、七草がゆにはどんな思いが込められているのでしょうか。

まず由来をみてみますと、七草がゆというのは、1月7日「人日の節句」の行事食にあたります。
人日の節句というのは、文字通り“人の日”という意味で、古来中国では1月1日から鶏、犬、いのしし、羊、牛、馬の6種類の家畜の運勢を順番に占っていき、1月7日に人の運勢を占って「七種菜羹(ななしゅのさいかん)」という汁物を食べ、無病息災を願う風習がありました。
この風習が奈良時代に日本に伝わると、年の初めに芽吹いた若菜を摘んで食べる「若草摘み」という風習や、1月15日に米、あわ、ひえ、きび、ごま、小豆、みの米という7種類の穀物でおかゆを作る「七種がゆ」の風習など、日本古来の文化が結びついていきました。この場合の七種がゆは、種類の「種」と書いて「くさ」と読みます。
それがのちに春の七草を入れて、七種類の草と書く「七草がゆ」に変化したといわれています。
 
s150106_01_.jpg

 

 

 

 

 

 

 

現在私たちが使っている新暦では正月は冬になりますが、旧暦でいうと正月が春にあたるので、長い冬をじっと耐え、雪の下から芽吹いた春の若草を食べることで、生命力や栄養が取り入れられ、無病息災に通じると考えたわけです。
なお、春の七草というのは、セリ、ナズナ、ゴギョウ、ハコベラ、ホトケノザ、スズナ、スズシロの7つをさしますが、これらが春の七草になったのは、1360年代に四辻善成が書いた『河海抄(かかいしょう)』という書物に、春の七草として紹介されていたからだといわれています。
春の七草を簡単に説明しますと、セリは香り豊かな水辺の山菜で、食欲増進につながります。ナズナはいわゆるぺんぺん草のことで、昔は一般的な食材として取り入れられていました。ゴギョウは別名・母子草といいまして、かぜの予防や解熱に効くとされていました。ハコベラは目に良いとされるビタミンAが豊富で、腹痛の薬にもなったそうです。ホトケノザは別名タビラコといい、食物繊維を豊富に含んでいます。スズナは蕪のことでして、ビタミンが豊富です。スズシロは大根のことで、消化を助け、かぜの予防にもなるといわれています。

こうして、中国から伝わった「人日の節句」の行事食として、七草がゆが成立していきましたが、当初は貴族社会の儀式でしたから、庶民にはなじみがありませんでした。それが庶民に広がったのは、江戸時代に五節句のひとつになったからです。
 
s150106_02_.jpg

 

 

 

 

 

 

五節句というのは、1月7日の人日の節句、3月3日の上巳の節句、5月5日の端午の節句、7月7日の七夕の節句、9月9日の重陽の節句の5つを指しています。それぞれに重要な役目を果たす植物を表した別名があり、七草の節句、桃の節句、菖蒲の節句、笹の節句、菊の節句とも呼ばれています。いずれも大事なハレの日として重要視され、親しまれていました。
日本の行事文化は、見えない思いを物事に託して表す文化といえるのですが、人々の間に七草がゆが浸透していくと、無病息災や豊作を祈る気持ちが、さらに強められていきました。
それが、七草を刻むときに唱える「七草囃子」です。七草囃子は各地で色々な種類があるのですが、よく出てくるのが「唐土の鳥」という文言です。
 
s150106_03_.jpg

 

 

 

 

 

 

たとえば、「七草なずな 唐土の鳥が日本の国に 渡らぬ先に ストトントントン ストトントン」という唱え事です。これは、農作物を荒らしてしまう鳥たちが日本に入ってくるのを避けようというおまじないで、農村部で行われている「鳥追い」という習わしと結びつき、豊作への願いが表されています。七草囃子は地方によって異なりますので、ご年配の方にご存じないか聞いてみてはいかがでしょうか。
こうした七草囃子を唱えながら、大きな音を立てて七草を刻むと、七草がゆの効果も高まると考えられていたので、包丁でまな板を叩くだけではなく、おたまやすりこぎなどの調理器具を叩きながらにぎやかに刻む風習もあります。昔は前日に春の七草を摘みに行き、七草囃子を唱えながら刻んだものを神棚に供え、7日の朝にそれを下ろして調理をしていました。

今はなかなかそうもいきませんが、この時期になると、春の七草を揃えた七草セットがお店に並びますから、それを使うと手軽に七草がゆを楽しむことができると思います。また七草がゆを、春の七草に限らず、7種類の野菜を入れて作るところや、野菜以外の具やお餅を入れて7種類とするところもあります。これは、地域によってとれるものが違うことや、小正月の餅がゆに通じると考えるなど、その地域や家の文化が反映されているからです。
さらに、1月7日といえば、松の内の最終日に重なる地域が多いので、お正月のごちそうに疲れた胃腸をいたわり、不足しがちな青菜を補給するという意味も加わって、現在に至っています。

皆さまは、七草がゆを食べるとどんな気持ちになりますでしょうか?
素朴な味に、体だけではなく心も温まるという方も多いのではないでしょうか?
私は、長年、日本の生活文化を研究しておりますが、暮らしに息づく行事文化というのは、幸せを願う気持ちを形にしたものだと実感いたします。

七草がゆの場合には、新年の無病息災や豊作を願う気持ちが凝縮されていますから、幸せを願う愛情料理といえます。だからこそ、これは単なるおかゆではなく、心と体を満たしてくれる行事食なのです。

とくに子どもにとっては、親子で行事を楽しむことが日本の文化を学ぶことになりますし、豊かな思い出となって親子の絆を強めたり、心を育んだりしますから、人としての根っこを育てることにつながります。私はこれを「行事育」と呼んでいますが、七草がゆは、文化と愛情をベースとした「行事育」を実践するとてもよい機会だと思っています。

1月のことを「睦月」といいますが、睦月には、家族みんなが睦まじく過ごす月という意味があります。一連の正月行事や七草がゆが、睦まじい月の大事な要素になっているといえますね。
 

キーワード

関連記事