解説アーカイブス これまでの解説記事

視点・論点

twitterにURLを送る facebookにURLを送る ソーシャルブックマークについて
※NHKサイトを離れます。

ニッセイ基礎研究所研究理事 吉本光宏
 
2020年、東京でのオリンピック・パラリンピックの開催が決定して1年が経ちました。日本で2回目となる五輪大会とその波及効果に期待が高まっています。今日は2020年の東京五輪と文化について考えたいと思います。

一般的にはあまり知られていませんが、オリンピックと文化は深い関係にあります。オリンピック憲章には「スポーツを文化と教育と融合させること」が明記され、「短くともオリンピック村の開村期間、複数の文化イベントを計画しなければならない」と記されています。
 
s140922_01.png

 

 

 

 

 

 

 

 

実際、100年以上前から、様々な形で文化プログラムが実施されてきました。
 
s140922_02.png

 

 

 

 

 

 

 

 

 

当初は芸術競技としてメダルも授与されていましたが、芸術で競い合うのは適切ではないことから、52年のヘルシンキ大会からは芸術展示という形になりました。64年、前回の東京五輪でも「日本最高の芸術品を展示する」という方針の下、美術と芸能の分野で様々な展覧会や公演が開催されました。東京国立博物館では鳥獣(人物)戯画や源氏物語絵巻など、国宝を含む「日本古美術展」が開催され、40万人が来場したという記録が残っています。
92年のバルセロナ大会からは、さらに多様な文化イベントが実施されるようになり、2012年のロンドン大会では、かつてない規模、内容で実施されました。2008年の北京大会終了後から4年間のカルチュラル・オリンピアードがスタート。12年の五輪本番ではロンドン2012フェスティバルという12週間の大規模な国際芸術祭が開催されました。
 
s140922_03.png

 

 

 

 

 

 

 

 

演劇や音楽、ダンス、美術、文学、映画、ファッションなどあらゆる分野にわたる文化イベントの総数は約18万件、参加者数は4,340万人、総事業費は220億円。ロンドンだけではなく英国全土1,000箇所以上で実施されるという壮大なもので、アスリートと同じ204の国と地域から4万人以上のアーティストが参加し、5,000以上の新しい作品が生まれました。
テーマは「英国の誰もがロンドン五輪に参加するチャンスを提供し、創造性を喚起させること」。「一生に一度きり」というビジョンが掲げられ、アーティストたちの斬新なアイディアが数多く実現しました。
英国を代表する現代美術家の回顧展、37ヶ国の劇団が37の異なる言語でシェイクスピア作品を上演する国際演劇祭など、美術館や劇場でも特別企画が行われました。しかしユニークなのは、ロンドンの街中や世界遺産、丘陵や海岸などの自然景勝地も含め、普段とは異なる場所で、無料の文化イベントが、何の前触れもなく次々と実施されたことです。
例えば、ロンドンの繁華街では、改修中のデパートのショーウインドを使ってザ・ワールド・イン・ロンドンという写真展が開催されました。世界中からロンドンに移住してきた人々を3年間かけて撮影し、展示したものです。写真下のQRコードをスマートフォンで読み取れば、その人の個人史や移住の理由なども知ることができます。
ロンドン一の繁華街ピカデリーサーカスでは、1945年以来という道路閉鎖を行って、1日中サーカスイベントが繰り広げられました。空中ぶらんこ、綱渡り、ジャグリング、道化師など17ヶ国から240名以上のサーカス・アーティストが登場し、フィナーレでは空中から膨大な量の羽毛が振りまかれ、観客を熱狂させました。
アンリミテッドという障がい者の大規模なアートフェスティバルも開催されました。これはパラリンピックの精神に則ったもので、スポーツと同様、芸術の世界でも障がい者にはアンリミテッド、無限の可能性がある、ということを賞賛するものでした。

では、2020年の東京五輪ではどのような文化プログラムを目指すべきでしょうか。
実は五輪招致に際し、東京都は文化プログラムの重要性をいち早く認識し、2006年に東京芸術文化評議会を設置して、検討を行ってきました。東京都美術館や東京芸術劇場など文化施設の改修や事業の充実を進め、国際芸術祭や地域の文化イベントなどを立ち上げてきました。
文化庁の文化審議会でも様々なアイディアが議論されていますが、何よりも組織委員会での本格的な検討が待たれるところです。

私の考える2020年の文化プログラムのポイントは3つです。
ひとつは今度の五輪を東京だけの催しに終わらせないため、日本全国の文化を世界にアピールする、ということです。その中には伝統芸能やお祭り、文化財、あるいは地域独自の食文化などを含めても良いでしょう。五輪を機に、「文化の国」日本を再確認し、国際的に発信できれば、新たな観光や地域の活性化につながる可能性があります。
そのため、専用のホームページを立ち上げ、各地の代表的な文化を紹介する。おもてなしの精神に沿って五輪参加国すべての言語に対応させ、五輪終了後も継続運営する、という方法も効果的ではないでしょうか。

二つ目は、日本の芸術や文化を発信するだけでなく、世界中のアーティストに参加のチャンスを与え、新しい作品を創造、公開していくというものです。特にアジア諸国との共同制作に力を入れれば、これまで欧米に偏りがちだった新たな芸術の潮流を、アジア、日本から生み出していくことができます。その際、国内外のアーティストの創作活動を支援する各地のアーティスト・イン・レジデンスを活用すれば、これも全国規模での展開が可能です。

三つ目は私たち日本人が日常的に文化的な活動を営み、豊かな生活をおくっている姿、ライフスタイルを諸外国の方々に見てもらい、体験してもらう、ということです。東京都内の一般家庭には83万台のピアノがあるというデータがあります。主要新聞には俳句コーナーがあり、毎日数え切れない数の俳句が投稿され、全国の公立美術館では大勢の市民画家の作品が発表されています。
高齢になってから演劇や音楽を始め、新しい生きがいを見つけた、楽しくて辞められなくなったという話もよく聞きます。最近では認知症の予防や回復にも芸術は効果があると言われ、各地で様々な取り組みが始まっています。
多くの日本人は芸術を鑑賞するだけでなく、自ら創作活動に取り組み、プロ顔負けの作品を作り出している。諸外国の文化関係者はこのことに一様に驚きます。そして、超高齢社会を迎えた日本で芸術の新しい可能性が芽生えつつある。そのことを、五輪で日本を訪れる外国人に紹介できないでしょうか。

前回の東京五輪では、東海道新幹線や首都高速が整備され、その後日本は高度経済成長を成し遂げて、世界から注目されました。しかし、4人に一人が65歳以上という超高齢社会を迎え、人口減少の始まった日本は、今度の五輪をきっかけにどのような社会を目指すべきなのでしょうか。
2020年をスポーツの祭典だけに終わらせないため、今こそ真剣に考える必要があります。その時、文化が重要な鍵となることは間違いありません。

文化やスポーツが日常に根を下ろし、老いても元気で豊かな国。高齢化の進む先進国の新たな成熟モデルを構築し、世界に示していくこと。2020年にはこれらの夢をぜひ実現したいものです。
 

twitterにURLを送る facebookにURLを送る ソーシャルブックマークについて
※NHKサイトを離れます。

キーワードで検索する

例)テーマ、ジャンル、解説委員名など

日付から探す

2016年06月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
RSS