NHK 解説委員室

解説アーカイブス これまでの解説記事

「新型コロナとサンベルト争奪」(ここに注目!)

髙橋 祐介  解説委員

アメリカ国内の新型コロナウイルスの感染者は累計で300万人に迫り、“サンベルト”と呼ばれる南部や西部の各州を中心に感染拡大が続いています。髙橋解説委員とお伝えします。

C200708_2.jpg

Q1)
けさのイラストは何のリスト?
A1)
先週1日あたりの新規感染者が過去もっとも多い記録を更新したと発表した州のデータがこちらです。多い順に西部カリフォルニア、南部フロリダ、テキサス、西部アリゾナなど、そうした合わせて10の州を今度はこちらの地図で色を塗ると、こうなります。いずれも“サンベルト”と呼ばれ、気候が温暖で人口も増え、共和・民主両党が注目している南部や西部の各州がまさに今、新型コロナの“感染の中心地”に重なっているのです。

C200708_4.jpg

Q2)
なぜサンベルト各州で感染者が急増している?
A2)
「検査態勢が素晴らしく整備されたからだ」と、トランプ大統領は主張します。確かに、そうした面もあるかも知れません。しかし、フロリダやテキサスそれにアリゾナ州などは、検査数の増加を何倍も上まわるペースで感染者が急増しています。民主党のバイデン陣営は「トランプ大統領のゴリ押しで経済活動を再開するタイミングが早すぎたからだ」「共和党系の州知事も感染防止対策に消極的だったからだ」と批判しています。

C200708_5.jpg

Q3)
秋の大統領選挙にはどんな影響がある?
A3)
トランプ大統領にとって打撃なのは、サンベルト各州の感染者急増が、みずからの支持率低下に直結していることです。とりわけ共和党が地盤としてきた南部テキサスなどの州はもちろん、激戦州のフロリダやアリゾナを仮に民主党バイデン氏に奪われますと、再選は覚束なくなります。
このため、共和党の有力議員らは、感染防止を呼びかけるため、これまでトランプ大統領が公の場で頑なに拒んできたマスクを率先して着用するよう促しています。大統領自身も「マスクの推奨には大賛成」「自分も必要になれば着用する」と、態度の豹変に含みを持たせました。はたしてトランプ大統領のこうしたマスク姿は見られるか?それは再選に向けた危機感のバロメーターになるかも知れません。

(髙橋 祐介 解説委員)

キーワード

関連記事