NHK 解説委員室

解説アーカイブス これまでの解説記事

「大阪で震度6弱の地震 ブロック塀の対策は?」(ここに注目!)

中村 幸司  解説委員

2018年6月18日に大阪府北部を震源とする地震があり、大阪・高槻市などで震度6弱の揺れを観測しました。
この地震では、高槻市の小学校のブロック塀が倒れて、この学校に通う4年生の女の子が死亡しました。

A180619_0.jpg

Q:ブロック塀の地震対策は進んでいないのか?

A:40年前(1978年)の宮城県沖地震で多くの人が倒れてきたブロック塀で亡くなって以降、建築基準法が改正されるなど、塀の構造のルールが強化されました。
しかし、2年前(2016年)の熊本地震でも死亡した人がいました。問題のあるブロック塀は、今もなくなっていないのです。

Q:なぜ、このプールの塀は倒れたのか?

A:詳しくは、わかっていません。ポイントは、3つあると思います。

A180619_3.jpg

ひとつは塀の高さです。高さは道路側では3メートル50センチあります。塀が倒れるだけで危険ですが、高いとなれば、いっそう危険です。高さについて倒れた塀は、規定より高く、建築基準法に違反していたと高槻市は認めています。
もうひとつは、塀を支える「控壁」がなかったことです。現場の塀には、控壁が10か所以上必要です。控壁がなかったことが倒れたことにつながった可能性が指摘されています。
3つ目が鉄筋の状態です。鉄筋については、基礎からヘイの上まで1本の鉄筋を通しておくことが求められています。しかし、今回は根元のところから倒れました。特に根元の鉄筋の状態について、確認することが必要です。

Q:なぜ違法な塀が作られたのか?

A:これもわかっていません。
公共の、それも子どもたちを守ってくれる場所であるはずの学校の塀で、女の子が亡くなるというのは、あってはならないことです。そのことを考えると、違法な状態を長い間放置していたことも大きな疑問です。

A180619_4.jpg

過去の地震を教訓にした安全性の検証がおろそかになっていたといわざるを得ません。

今回の地震では、大阪・東淀川区でも崩れた塀で80歳の男性が死亡しました。
今後も地震が続く恐れがあり、これまでの揺れで、倒れやすくなっている塀もあるかもしれません。注意が必要です。
ブロック塀の問題は、最近の地震では注目されることが少なかったように感じています。今、あらためて、ブロック塀の点検が必要になっています。

(中村 幸司 解説委員)

キーワード

関連記事