解説アーカイブス これまでの解説記事

時論公論 「迷走する農協改革の議論」

合瀬 宏毅  解説委員

安倍総理が岩盤規制、打破の象徴と位置づける、農協改革を巡る対立が激しさを増しています。政府は、農協の司令塔である全国農業協同組合中央会、JA全中の役割の見直しを提言。
一方JA全中はこれに強く反発、自らの改革案を纏めて、徹底的に戦う構えです。
今夜は農協改革の議論を整理し、改革の行方について考えます。
 
j150202_00mado.jpg

 

 

 

 

 

 

 

【続きを読む】

キャッチ!インサイト 「どうなる 日本のODA」

広瀬 公巳  解説委員

日本の途上国に対する援助の基本的な考えを定めたODA・政府開発援助の大綱の、11年ぶりの見直しが進んでいます。

協議されているのは、「開発協力大綱」とする案です。

ODAの何が変わるのか。
大綱の改定にはどのような意味があるのかを読み解きます。
 
「どうなる 日本のODA」
 

【続きを読む】

ここに注目! 「国会・本格論戦始まる」

安達 宜正  解説委員

国会は衆議院予算委員会が始まり、与野党の論戦が本格化しています。安達宜正解説委員です。

アナ)イスラム過激派組織「イスラム国」とみられる拘束事件。国会でも取り上げられていますね。

【続きを読む】

早稲田大学教授 前橋 明 


私が気になることの一つに、子どもたちの生活の中で、運動量が激減してきていることがあげられます。例えば、保育園の5歳児ですが、昭和60年頃は午前9時から午後4時までの間に、だいたい1万2千歩ぐらいは動いていましたが、平成10年以降になると、5千歩台に突入し、昭和時代の半分より少ない運動量に激減してきました。都内でも、近年は約5千歩です。それに、登降園も車利用が多くなってきましたので、子どもたちの生活全体の歩数が減ってきて、体力を育むのに必要な運動量が不足しています。

今日は、子どもの健全な成長と体力づくりに欠かせない「運動」について考えてみたいと思います。運動しないと、どうなるのでしょうか?運動量が減ると、子どもたちの心身にどのような影響をもたらすのでしょうか?

【続きを読む】

時論公論 『ヨーロッパ経済のリスク』

百瀬 好道  解説委員

今年はヨーロッパ経済が、世界経済にとっての最大のリスクだといわれています。
ひとつは不況と物価の値下がり続いていて、デフレ転落の瀬戸際にあることです。もう一つは、ギリシャでEUの緊縮政策に反対する新しい政権ができ、ユーロ圏からの離脱問題が再燃しかねないからです。今夜の時論公論は、ヨーロッパ経済のリスクについて考えます。
 
j150128_mado.jpg

 

 

 

 

 

 

【続きを読む】

ここに注目! 「死刑制度と終身刑の世論は?」

橋本 淳  解説委員

死刑制度について内閣府が行った世論調査で、日本に終身刑を導入した場合、死刑を廃止しても良いという人が4割近くを占め、賛否が分かれる結果となりました。

Q:世論調査は5年に1度行われているのですか。

【続きを読む】

日本エネルギー経済研究所 特別顧問 田中伸男
 
石油価格が下がり続けています。最近ではバレル当り45ドルと去年6月の高値からは6割以上の下落です。1973年のオイルショックはOPEC石油輸出国機構の禁輸によって価格が高騰して起こりましたが、逆オイルショックともいえる今回の下落はなぜ起こったのでしょう。今日はその原因と世界また日本への影響を考えて見ましょう。

【続きを読む】

時論公論 「緊張続く日本人拘束事件」

二村 伸 解説委員 / 島田 敏男  解説委員

シリアでイスラム過激派組織「イスラム国」と見られる組織に拘束されている後藤健二さんの解放を目指す動きは今も継続中で、緊張が続いています。
ヨルダンの国営放送は「メディア担当相が、ヨルダン軍のパイロットが無事に解放されれば、死刑囚を解放する用意があると述べた」と伝えましたが、後藤さんについては触れていません。
この時間は、中東地域に詳しい二村解説委員と共に、今回の事件によって日本も直接の当事者に引き込まれた「イスラム国」問題を考えます。
 
j150129_mado.jpg

 

 

 

 

 

 

 

【続きを読む】

ここに注目! 「新たな期限は24時間」 

出川 展恒  解説委員

(寺門亜衣子 キャスター)
イスラム過激派組織「イスラム国」に拘束されていると見られている
後藤健二さんとみられる男性が、
「残された時間は、24時間だ」と訴える画像と音声が、
昨夜遅く、インターネット上に投稿され、緊迫した局面を迎えています。
出川解説委員に聞きます。

Q1:
「イスラム国」と見られる過激派組織、24時間という期限を示して、
要求を突きつけて来ましたね。これをどう見ますか。

【続きを読む】

経済産業研究所 理事長 中島厚志
 
足元、世界経済は低調な推移となっています。アメリカ経済は元気ですが、欧州経済は0%台の成長ですし、新興国経済も中国経済など全般的に減速しています。日本経済も芳しくありません。
昨年4月の消費税引き上げ以降、消費が失速する中で景気は悪化しています。
今日は、2015年の内外経済がどうなるのかについて考えてみたいと思います。

【続きを読む】

キーワードで検索する

例)テーマ、ジャンル、解説委員名など

日付から探す

2015年01月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
RSS