解説アーカイブス これまでの解説記事

時論公論 「エジプト新大統領の課題」

出川 展恒  解説委員

■エジプトでは、今週、大統領選挙の投票が行われ、
去年7月、イスラム組織「ムスリム同胞団」出身の当時の大統領を、
事実上のクーデターによって追放したシシ前国防相が、
圧倒的な得票率で当選することが確実となりました。
j140531_mado.jpg

 

 

 

 

 

 

【続きを読む】

くらし☆解説 「地球観測衛星 進む地球の健康診断」

室山 哲也  解説委員

(アナ)                 
先週土曜日、日本の地球観測衛星だいち2号の打ち上げが成功。宇宙から地球環境を観測する技術に注目が集まっています。室山解説委員とお送りします。
 
kkk140530_00mado.jpg

 

 

 

 

 

 

だいち2号は今どうなっているんでしょう?

【続きを読む】

ここに注目! 「維新分党 野党再編は?」  

太田 真嗣  解説委員

日本維新の会の石原共同代表は、結いの党との合流に反対して新党を結成することを表明し、維新の会は、分党することになりました。野党再編への影響は?太田解説委員です。

Q、維新の会は、党を分けることになった訳ですが、今後の野党再編には、どう影響するのでしょうか?

【続きを読む】

キャッチ!インサイト 「エジプト 新大統領の重い課題」 

出川 展恒  解説委員

エジプトでは、今週、大統領選挙の投票が行われました。
去年7月、イスラム組織「ムスリム同胞団」出身の当時の大統領を、
事実上のクーデターによって追放したシシ前国防相が、
圧倒的な得票で当選することが確実となりました。

この3年あまり、政治の混乱が続いていたエジプトが、
国民の人気絶大の、軍出身の新しい大統領のもとで、
安定を取り戻すことができるのか。
新大統領が直面する国づくりの課題について考えます。

i140530_0.jpg

 

 

 

 

 

 

 

「エジプト 新大統領の重い課題」 
 

【続きを読む】

視点・論点 「雑貨の現代史」

画家・美術評論家 谷川晃一
 
 雑貨というとどこにでもある身辺の様々な品物のことですが、改めてその歴史を辿っていくと意外にも私たちの生活の変遷史というか暮らしの現代史が見えてきて興味深いものがあります。
 今日、雑貨はインテリア、エクステリアになくてはならないものとして高い人気があります。この人気を支えているのは主に女性たちです。若者から高齢者までの女性たちに「雑貨は好きですか」と質問すると8割が「大好き」と答えます。集めることへの関心、飾ることへの趣向、作ることへの喜びなどが雑貨ブームを形成しています。いやブームと言う一過性のものではなく、現代の生活文化の新しい地層を形成していると言えるでしょう。

【続きを読む】

時論公論 「全面的調査実施へ 拉致問題の進展は?」

島田 敏男 解説委員 / 出石 直  解説委員

(島田)
安倍総理大臣は、スウェーデンのストックホルムで行われた日本と北朝鮮の政府間協議で、北朝鮮側が拉致被害者や拉致された可能性が排除できない特定失踪者など、全ての日本人に対する包括的かつ全面的な調査に応じると表明したことを明らかにしました。
そして実効性のある調査の開始と同時に、日本が独自に行っている制裁措置の一部を解除する方針を示しました。これによって拉致問題は進展するのでしょうか。
今夜は、朝鮮半島担当の出石解説委員と共にお伝えします。
 
j140530_mado.jpg

 

 

 

 

 

 

出石さん、北朝鮮側が大きな方針転換を決断したということですね?

【続きを読む】

ここに注目! 「タイムラインで水害対策を迅速に」

山﨑 登  解説委員

《前説》
雨の季節が近づいてきましたが、「タイムライン」と呼ばれる計画を作って、災害に備えようという動きが自治体で広がっています。

「タイムライン」とは耳慣れない言葉ですね?

【続きを読む】

法政大学教授 山本 浩
 
 いよいよW杯ブラジル大会の開幕が近づいてきました。今日は、日本代表ザッケローニ監督が大切にする芝生の内外のマネージメントについて考えてみます。

【続きを読む】

時論公論 「集団的自衛権~どうなる議論の行方~」

正延 知行  解説委員

先週から集団的自衛権の行使をめぐる与党の協議が始まり、きのうときょうはこの問題で国会の集中審議も行われています。与党協議では、憲法解釈を変更して集団的自衛権を行使できるようにしたい自民党と、憲法解釈の変更に慎重な公明党が、集団的自衛権の議論はひとまず先送りにして、まずはいわゆるグレーゾーンへの対応について協議を続けています。今夜はこの集団的自衛権をめぐる議論の行方に触れながら、この問題をどう捉えたらいいのか考えてみたいと思います。

j140528_00mado.jpg

 

 

 

 

 

 

【続きを読む】

ここに注目! 「集団的自衛権・野党の対応は」

安達 宜正  解説委員

国会ではきょう衆議院予算委員会で集団的自衛権の行使容認などをめぐり、集中審議が行われます。安達宜正解説委員です。

アナ)野党が一致し、政権と対峙するということですか?

【続きを読む】