NHK 解説委員室

解説アーカイブス これまでの解説記事

「オウム死刑執行 今後の課題は」(時論公論)

清永 聡  解説委員

オウム真理教の元代表、麻原彰晃・本名松本智津夫死刑囚ら7人の死刑が執行されました。死刑執行の背景と、これからの課題を考えます。

180706_00mado.jpg

解説のポイントです。
●なぜ今、執行されたのか。
●教団の現状と今後懸念される点。
●最後に、テロとカルトの教訓です。

180706_01.jpg

【なぜ今、執行されたのか】
教団による一連の事件では、平成7年の地下鉄サリン事件などで合わせて27人が命を奪われました。猛毒の神経ガス「サリン」による後遺症で、今も苦しんでいる人が少なくありません。
この事件から20年あまり。松本死刑囚ら7人に死刑が執行されたのはなぜか。上川法務大臣は会見で、慎重に検討し、厳正に対応したとしながらも、6日に執行した理由は答えられないとしています。
しかし、執行に向けた条件は徐々に整えられていたとみられます。
最大の理由は特別手配されていた高橋克也受刑者の無期懲役が今年、最高裁で確定したことです。教団による一連の事件の刑事裁判は、これですべて終わりました。死刑囚が今後法廷で証言を求められることがなくなったため、執行にむけた支障もなくなったとみられていました。
さらに3月には、13人の死刑囚の内7人が、東京拘置所から全国の5か所の拘置所に移送されていました。これも同時執行に向けた準備ではないかという指摘が上がっていました。

180706_02.jpg

【死刑の秘密主義】
今回の死刑執行に対しては、「松本死刑囚は精神状態が悪化しており、まず治療を受けさせるべきだった」という意見があります。法律は、死刑囚が心神喪失の状態の場合、大臣の命令で執行を停止すると定めています。
松本死刑囚については、家族や弁護士とも意思の疎通ができず、ここ数年は面会にも応じなくなっていたということです。
一方で、法務省は3年前、国会で「死刑確定者の精神状態は、必要に応じて医師の診療等を受けさせるなど配慮している」と説明しています。つまり、今回の執行は、心神喪失の状態にはないと判断したことになります。

180706_03.jpg

言い分は大きく対立していますが、実際はどうだったのでしょうか。
松本死刑囚の姿を見ることができたのは、1審の裁判まででした。私は1審を判決まで数年間傍聴してきました。
こうした事件当時の写真から、髪が伸びた丸顔というイメージの人が多いと思いますが、法廷では、幾分やせて面長な印象で、白髪の髪を短く刈りそろえていました。
法廷で質問されても言葉を発しませんでしたが、証人として出廷した当時の部下の言葉にうなずくような反応を見せることもありました。しかし、判決後は14年あまり、外部に姿を見せていませんでした。

180706_04.jpg

去年12月に行われた前回の死刑執行に関する文書が、情報公開で開示されました。全体の半分以上が1ページすべて黒く塗りつぶされています。これでは、精神状態はどうだったのか、そして、どのような経緯で執行されたのか、把握することはできません。
こうした黒塗りは日本の死刑の「秘密主義」を象徴すると指摘されています。
現状では、松本死刑囚の精神状態がどうだったのか議論し検証することも困難です。
市民が参加する裁判員裁判での死刑判決も出ている中で、議論の前提となる、死刑に関する情報公開の在り方を検討する時期に来ているのではないでしょうか。

180706_05.jpg

【「アレフ」で進む神格化】
執行によって懸念されているのが、オウム真理教から名前を変えた教団「アレフ」などの今後です。
各地で住民などによる抗議活動も続いています。公安調査庁によると教団は全国に施設を持ち、信者の数は分裂した団体を含め1650人に上っています。アレフの資産は10億円を超え、5年前の倍近くに増えています。全体数は横ばいですが、今も年間100人以上が新しく教団に入っているということです。
今年4月の夕方。埼玉県にある教団施設に次々と車が到着してきます。「アレフ」はここで全国から信者を集めて修行などを行う「集中セミナー」を開いていました。私はこの日、夜まで現場で取材をしていましたが、車は十回以上出入りし、少なくとも数十人が中に入っていきました。
中はどうなっているのでしょうか。これは札幌の施設で、去年秋に撮影された写真です。祭壇の中央には松本死刑囚の写真があります。公安調査庁によると、幹部たちは「教祖の説法」として松本死刑囚のかつての音声を聞かせ、今も「尊師」などと呼ばせているということです。
セミナーの参加費は一人5万円から7万円、獲得した資金はこの時だけで2700万円にのぼるということです。

180706_06.jpg

このセミナーについてアレフは取材に対し「不殺生の教えを初めとする原始仏教の教義の学習などを行い、各種の瞑想修行も合わせて行っておりました」などとコメントしています。
公安調査庁は、教団の中で松本死刑囚が一層神格化され、過激な行動に出る者が現れるのではないかと警戒を強めています。観察処分に基づいた監視が今後も求められます。

【テロとカルトの教訓は】
最後のポイントは「テロやカルトの教訓」です。
一連の事件の特徴は、教団がサリンや猛毒のVXを自ら製造したということです。
最近も、シリアの内戦でサリンを使った攻撃が行われたとされています。化学兵器を使ったテロの危険はいまも世界で続いています。
化学兵器の専門家、コロラド州立大学のアンソニー・トゥー名誉教授は許可を得て、中川智正死刑囚と何年間も面会し、教団がどのようにサリンを生成したのかなど、聞き取り調査を行っていました。
トゥー名誉教授は「聞き取りはテロを防ぐため極めて重要だ」と話しています。
一連の事件からテロの教訓を導き出す取り組みは、今後も積極的に行うことが必要です。

180706_07.jpg

【「またいつか起きるかもしれない」】
私は、今回死刑が執行された1人、早川紀代秀死刑囚がまだ上告中だった時期に、手紙を交わし、東京拘置所で面会して、直接話をしたことがあります。
雑談をしていた早川死刑囚は、私に「またいつか、オウムと同じような団体が現れて、社会に居場所のない若者たちを集め、テロ事件などを引き起こすのではないか」と話していました。

180706_08.jpg

早川死刑囚は教団を作り上げた最古参の幹部だけに、再び同じような事件が起きる恐れがあるという言葉は、印象的でした。
多くの若者が松本死刑囚に引き寄せられ、危険な教えを信じて凶悪な犯罪集団を作り、何の罪もない人々の命を次々と奪っていきました。
平成の30年間で最悪と言われるオウム真理教による一連の事件。当時を知らない若い世代が増える中で、事件がどのように起きたのかを学び、テロとカルトの教訓を共有することは、死刑執行で終えるのではなく、むしろこれからが重要になるのではないでしょうか。

(清永 聡 解説委員)

キーワード

関連記事