NHK 解説委員室

これまでの解説記事

「キング牧師の『夢』は今~暗殺から50年~」(時論公論)

別府 正一郎  解説委員

アメリカで、人種差別の撤廃を求めた公民権運動を率いて、ノーベル平和賞を受賞したキング牧師が1968年に暗殺されて、4月4日で50年になります。「私には夢がある」と語った演説で知られ、その生涯は、人種の平等と貧困の解消を追い求めたものでした。しかし、これらの課題は解消するどころか、ますます深刻化しています。キング牧師の訴えを通して、アメリカ社会の現実とこれからを考えます。

J180404_00mado.jpg

【解説のポイント】
①    まず、キング牧師が、「人種差別」と「貧困」という2つの課題にどのように向き合ったかを振り返ります。
②    その上で、50年が経った、これら2つの問題をとりまく厳しい現状を見ます。
③    最後に、キング牧師の訴えが、今の時代に問うものを考えます。


J180404_01.jpg

 

【ワシントン大行進】
アメリカで、1950年代から60年代にかけて、黒人差別の撤廃を求めた公民権運動を率いたキング牧師。
1963年に首都ワシントンで行われた、雇用と差別撤廃を求める大規模なデモで、
”I have a dream”=「私には夢がある」と演説して、自分の子どもの世代は、肌の色ではなく、人格によって評価されることを願いました。

【人種隔離の時代】
当時のアメリカでは、奴隷制度の名残が根強い南部で、黒人は特に厳しく隔離され、水飲み場も黒人用と白人用に分けられ、黒人への暴力やテロも横行していました。
これに対して、キング牧師は、座り込みや裁判など平和的な行動によって世論に訴えました。

J180404_02.jpg

【50年前の暗殺】
しかし、ワシントンでの演説から5年後の1968年4月4日、南部テネシー州メンフィスのホテルのバルコニーにいたところ、白人の男に銃殺されました。39歳でした。

J180404_03.jpg

【「公民権運動」から「経済的不正義との闘い」へ】
キング牧師の生涯は、大きく2つの課題に挑んだものでした。
まず、人種差別と闘った「公民権運動」です。これにより、1964年には公民権法が、翌65年には投票権法が成立し、法や制度面での差別の是正が進みます。
しかし、キング牧師は、公民権運動の成果をさらに発展させるべきだと考え、暗殺されるおよそ1年前、運動の焦点を人種差別から貧困問題へと移しました。
新しい運動は、「経済的不正義との闘い」と呼ばれ、貧困層の雇用や住宅それに教育の改善を政府に求めました。

【50年後・・・】
それから50年。「人種差別」にしても、「貧困問題」にしても、これら2つの課題は、解消するどころか、ますます深刻化しているのが現状です。

【人種差別は・・】
まず、「人種差別」をめぐって、最近、問題になっているのが、警察官によって黒人の容疑者が射殺されることが相次いでいることです。
先月(3月)18日、カリフォルニア州で、警察が、車上荒らしの疑いで22歳の黒人の男性を追跡したところ、振り返った男性が何かを手にしていたため、銃を向けられたと思い、あわせて20発を発砲しました。しかし、男性が手にしていたのは銃ではなく携帯電話でした。後で分かったこととはいえ、丸腰の男性に20発も撃ったのは行き過ぎた対応だとして、抗議行動が広がっています。
ワシントンポスト紙によりますと、去年1年間、警察によって射殺された丸腰の黒人男性は19人に上ります。人口比で見て、黒人男性は白人男性よりも2倍以上、警察に射殺されているとの統計があり、法や制度面での差別は撤廃されたとはいえ、意識の面での差別や偏見が根強いことが背景にあると指摘されています。

【貧困問題は・・】
次に、「貧困問題」にしても、格差が根強く残っています。
1968年に、大学教育を受けた白人の割合は16%近く、黒人は5%あまりでした。この50年で、白人、黒人とも、大学進学率は伸びました。ただ、今では、白人の40%以上が大学を終えているのに対して、黒人は20%あまりに留まっています。その差は、3倍から小さくなったとはいえ、依然、2倍以上あります。

j180404_04.jpg

子どもの貧困率にしても、アメリカ全体では18%あまりですが、人種別で見ると、白人では11%近くであるのに対して、黒人では30%を超えています。
確かに、黒人は白人と同じ学校に通えるようになったほか、人種差別を積極的に是正する措置によって雇用面でチャンスを得られた黒人は増えました。しかし、現状の改善のペースでは、平均的な黒人の家庭が、白人の家庭と同じ経済レベルに追いつくには、さらに228年かかるという試算もあります。

J180404_05.jpg

 【しかも、問題は新たな展開も】
しかも、「人種差別」と「貧困問題」は複雑に絡み合いながら、新たな広がりが見られます。
製造業の職を失うなどした白人労働者の貧困が広がり、それが、既存の政治への不信感につながり、トランプ大統領が当選する原動力になったことは、しばしば指摘されています。そのトランプ大統領は、ことし1月、アフリカの国々を、きわめて下品な言葉で侮辱したと伝えられました。
また、白人の経済的な不満を背景に、白人こそがもっとも優れた人種だと公言してはばからない白人至上主義団体も公然と活動するようになっています。
黒人初の大統領となったオバマ前大統領の当選で、アメリカの人種問題は改善すると期待が高まった時期もありますが、「現状は、後退の一途を辿っている」と多くの人が感じています。

j180404_06.jpg

【現代の格差社会】
しかし、こうした厳しい現状だからこそ、キング牧師の訴えが意味を持っていると言えます。
キング牧師は、晩年に、「経済的不正義との闘い」を掲げた際、貧困は、どの人種にとっても無関係ではないと繰り返し強調しました。
その状況は今も、変わらないどころか、むしろ悪化しています。アメリカで最も豊かな上位1%は、50年前は、国全体の収入の12%あまりを得ていましたが、今では、20%以上を得るようになり、富の集中はますます進んでいます。その一方で、貧困層を中心に、福祉や医療が不十分で、新生児死亡率の高さは、先進国で最悪です。

j180404_07.jpg

キング牧師の暗殺の直後に実行された、「貧者の行進」と呼ばれた行動では、ワシントンの中心部を数千人が占拠して、政府に貧困対策の強化を迫りました。この行動には、黒人だけでなく、白人やアジア系など、様々な人種の人たちが参加しました。今の時代こそ、全ての人種が協力することが必要とされています。

【再び「私には夢がある」】
先月(3月)、キング牧師の訴えが再び、人々を勇気づけました。
ワシントンで行われた数10万人が参加した、銃規制の強化を訴えるデモです。その前にあった銃の乱射事件で、17人が犠牲になった南部フロリダ州の高校の生徒たちが呼びかけたものです。そこには、キング牧師の9歳の孫ヨランダさんの姿もありました。そして、祖父の有名な演説になぞらえて「私には夢がある。銃のない世界を夢見る」と訴えました。

【終わりに】
「人種差別」と「貧困」という病理を抱え続けるアメリカ社会。しかし、キング牧師は、様々な脅迫や圧力にあいながらも、決して暴力に訴えることなく、それらの解消を目指して、粘り強く行動しました。「夢」を追い求めよという訴えは、今の時代にこそ向けられているように思えます。

(別府 正一郎 解説委員)

キーワード

関連記事