解説アーカイブス これまでの解説記事

時論公論

「異次元金融緩和 枠組み変更」(時論公論)

今井 純子  解説委員

日銀は、異次元の金融緩和について、「総括的な検証」を行い、これまでの枠組みを大幅に作りなおす方針を決めました。日銀の検証結果のもつ意味。そして、今後の課題について考えてみたいと思います。

j160921_00mado.jpg

【続きを読む】

「"辺野古裁判" 国・沖縄県対立の行方は」(時論公論)

西川 龍一  解説委員

沖縄のアメリカ軍普天間基地の移設先とされる名護市辺野古沖の埋め立てをめぐって、国が沖縄県を訴えた裁判は、国側の主張を認める判決が言い渡されました。基地の移設をめぐる国と沖縄県の裁判で初めて出された判決ですが、両者の対立はこの判決で解消が図られることはなく、続く見通しです。

j160916_00mado.jpg

【続きを読む】

「民進党新代表選出・党再生は可能か」(時論公論)

増田 剛  解説委員

民進党結党後、初めての代表選挙が行われ、蓮舫氏が新代表に決まりました。初の女性代表を目指し、世代交代を訴えてきた蓮舫氏。
民進党をどのような方向に導くのか。今夜は、代表選の結果を分析、民進党の再生に向けた課題について考えます。

j160915_00mado.jpg

【続きを読む】

「障害者殺傷事件 対策をどう進めるのか」(時論公論)

村田 英明  解説委員

相模原市の知的障害者の施設で入所者が相次いで殺害された事件から1か月半が過ぎました。どうすれば犯行を防ぐことができたのか、事件を検証してきた厚生労働省の検討会が中間報告をまとめました。

j160914_00mado.jpg

焦点になっていたのは患者を強制的に入院させる「措置入院」への対応です。そもそも、医療ための制度で犯罪の防ぐという点では対応に限界があることが事件の検証でハッキリしました。むしろ、退院した後の対応が重要で、患者をフォローアップしていくために新たな対策が求められていること。さらには、入所者を守る施設の防犯対策こそ急いで検討しなければならないこと。この3つを軸に、対策をどう進めるのか考えたいと思います。

【続きを読む】

「見直し迫られる 東海地震対策」(時論公論)

松本 浩司  解説委員

「大地震を予知して被害を防ぐ」という、いわば「夢の国家プロジェクト」が、大きく転換することになりそうです。
38年前に始まった東海地震対策です。「唯一、予知の可能性がある」として続けられてきましたが、地震の研究が進み、ふたつの大震災も経験したことで、「確実な予知というのは不可能」で、それを前提にした大がかりな計画には無理があるということがはっきりしてきたからです。その背景と、どういう見直しが必要になるのかを考えます。

j160913_00mado.jpg

【続きを読む】

「混迷深まる築地市場移転問題」(時論公論)

西川 龍一 解説委員 / 合瀬 宏毅  解説委員

東京都の小池知事が移転を当面、延期すると表明した築地市場の問題。都が移転先となる豊洲市場の土壌汚染対策について、事実と異なる説明をしていたことがわかりました。行政が我々に嘘をついていた形です。今夜は予定を変更して、食料問題担当の合瀬解説委員とともに、この問題について考えます。

j160912_00mado.jpg

【続きを読む】

「北朝鮮 核の脅威はどこまで」(時論公論)

出石 直 解説委員 / 津屋 尚  解説委員

(出石)
北朝鮮が5回目の核実験を強行しました。弾道ミサイルに搭載する核弾頭の爆発実験に初めて成功したとしています。北朝鮮はことしに入って弾道ミサイルの発射を繰り返しており、核ミサイルは、実戦配備の段階に近づいてきているのではないかという見方も出ています。北朝鮮の核ミサイル開発はどこまで進んでいるのか、日本を含む国際社会はこの脅威にどう対処すれば良いのか、きょうは軍事担当の津屋尚解説委員と、朝鮮半島担当の私、出石の2人でお伝えします。

j160909_00mado.jpg

【続きを読む】

「袋小路の大学入試改革論議」(時論公論)

早川 信夫  解説委員

今の大学入試センター試験に代わる新しい大学入試改革案について、文部科学省は、先週(8月31日)これまでの検討状況を公表しました。高校側の言い分、大学側の言い分の調整がつかず、袋小路に入り込んだ形です。これまでの議論を整理し、今後の課題を考えます。

j160908_00mado.jpg

【続きを読む】

「事前防災として進める住宅の耐震化」(時論公論)

山﨑 登  解説委員

今年の4月に熊本地震が起き、全国的に地震防災への関心が高まっています。地震の防災対策というと地震が起き後の救援や救助、それに避難所などの対策に目が向きがちですが、最近注目されているのは事前防災という考え方です。熊本地震の被害状況は、心配される首都直下地震などの事前防災として、全国で住宅の耐震化を進めておく必要があることを改めて教えています。今晩はこの問題を考えます。

j160907_00mado.jpg

【続きを読む】

「少年殺害事件どう防ぐ」(時論公論)

清永 聡  解説委員

また、少年の命が奪われる悲惨な事件が起きました。
埼玉県東松山市の河川敷で16歳の少年が死亡しているのが見つかり、少年5人が殺人の疑いで逮捕されました。
去年も川崎市の河川敷で中学1年の男子生徒が殺害される事件が起きています。
痛ましい被害を防ぐ手立てはなかったのでしょうか。
事件の教訓や親と地域が事件を防ぐため、どのような取り組みをすべきか考えます。

j160906_00mado.jpg

【続きを読む】

キーワードで検索する

例)テーマ、ジャンル、解説委員名など

日付から探す

2016年09月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
RSS