解説アーカイブス これまでの解説記事

時論公論

「"原発避難いじめ"をなくせ」(時論公論)

西川 龍一  解説委員

東京電力福島第一原子力発電所の事故で各地に避難した子どもがいじめを受けたことが明らかになっています。背景には放射線や賠償金への偏見や誤解があるほか、これほどいじめが社会問題化しているにもかかわらず、いじめへの感度が鈍い学校の問題があります。

j161205_00mado.jpg

【続きを読む】

「減産合意で原油価格底上げ」(時論公論)

関口 博之  解説委員

▽OPEC・石油輸出国機構が11月30日減産で正式に合意し、低迷する原油価格の底上げに動き出しました。
OPECが減産に踏み切るのは8年ぶり。来月1月から減産に入ります。
今回の合意の意味と、価格はこの先どうなるのか、考えます。

j161202_00mado.jpg

【続きを読む】

「広がる地下空間ネットワークと安全」(時論公論)

松本 浩司  解説委員

地下鉄の工事で駅前通りが大きく陥没したり、地下ケーブル火災で広域停電が起きたりして、あらためて都市の地下がどうなっているのか気になった方もいるのではないでしょうか。都市部では再開発ビルの地下のフロアや地下駅、通路などが次々につくられて地下空間が広く、深く拡大を続けていて、防災上の新たな課題も出てきています。
この問題を考えます。

j161201_00mado.jpg

【続きを読む】

「揺れる韓国政界 混乱の責任は?」(時論公論)

出石 直  解説委員

韓国の政界が大揺れに揺れています。長年の知人や側近らが起訴された一連の事件への関与をめぐって国民から厳しい批判にさらされているパク・クネ大統領は、きのう(29日)、任期の途中で辞任する考えを表明しました。これに対し野党側は、あくまでも大統領の弾劾を求めていく方針で対決姿勢を強めています。韓国政界の混乱はいつ収まるのでしょうか。

j161130_00mado.jpg

【続きを読む】

「なお揺れる五輪会場問題」(時論公論)

西川 龍一 解説委員 / 村岡 孝彦  解説委員

今月中に結論を出すはずだった東京オリンピック・パラリンピックの競技会場問題は、29日行われた東京都、国、組織委員会、IOCのトップ会談でも一部の結論が先送りになり、混迷が続いています。スポーツ担当の村岡孝彦委員と共に、この問題について考えます。

j161129_00mado.jpg

【続きを読む】

「カストロ死去 米キューバ関係の行方」(時論公論)

髙橋 祐介  解説委員

キューバのフィデル・カストロ前議長が死去しました。“反米の旗手”として、世界に一時代を画した“カリスマ指導者”の死は、はたしてキューバの社会主義体制と、巨大な隣国アメリカとの関係に、どのような影響を与えるのでしょうか?
キューバとアメリカ、双方に兆してきた変化に着目し、両国の関係正常化の行方を考えます。

j161128_00mado.jpg

【続きを読む】

「"トランプ・ショック"と中東」(時論公論)

出川 展恒  解説委員

アメリカ大統領選挙でのトランプ氏の勝利は、
中東にも大きな衝撃を与えました。
トランプ次期大統領が選挙戦で、
イスラム教徒を差別し、敵視するような発言を繰り返したこと。
歴史的なイランとの核合意を破棄すると述べたこと。
そして、「アメリカ第一主義」と称して、
アメリカの利益に直接結びつかないと見る問題から
手を引く姿勢を示したことなどに、懸念や不安が広がっています。

その一方で、今、シリアでは、
アサド政権と反政府勢力の戦闘が非常に激しくなっており、
深刻な人道危機が起きています。

今夜は、トランプ氏がアメリカの次の大統領に就任することが、
シリアなど中東情勢の今後に与える影響について考えます。

j161125_00mado.jpg

【続きを読む】

「高齢ドライバー 相次ぐ事故を防ぐには」(時論公論)

鎌田 靖  解説委員

10月28日、横浜市港南区で87歳の男性が運転する軽トラックが登校中の小学生の列に突っ込み、1年生の男の子が亡くなり7人が重軽傷を負いました。運転手はどこをどう走ったか覚えていないと供述しています。
11月12日には東京立川市の病院で、夫の見舞いに来ていた83歳の女性が運転する車が歩道を歩いていた男女をはね、2人が死亡。警察は女性がアクセルとブレーキを踏み間違えた疑いがあるとして調べを進めています。
高齢者が運転する車の事故が続いています。
相次ぐ事故の背景には何があるのか。事故を防ぐにはどうすればいいのか、考えたいと思います。

j161124_00mado.jpg

【続きを読む】

「クマ被害にどう向き合うか」(時論公論)

名越 章浩  解説委員

全国でクマの被害が相次ぐ中、ツキノワグマの狩猟が、兵庫県で20年ぶりに解禁されました。絶滅の恐れがあるとして、猟が禁止されていた全国の22の都府県の中で、初めての解禁です。
クマの生息地域は、この兵庫県に限らず全国に広がっていて、大きな脅威となっています。
クマの被害の現状とその背景、そして、生息頭数についての課題を整理したうえで、共存するにはどうすれば良いのか、考えたいと思います。

j161123_00mado.jpg

【続きを読む】

「福島県沖の地震で津波警報」(時論公論)

山﨑 登 解説委員 / 松本 浩司  解説委員

<今回の地震と津波・山﨑>
11月22日5時59分頃、福島県沖で起きたマグニチュード7.4の地震で、仙台港で1メートル40センチ、福島県相馬港で90センチ、岩手県久慈港で80センチなど各地で津波が観測されました。
また震度5の強い揺れを福島県のいわき市と白河市や茨城県の高萩市などで観測しました。
さらに福島第2原子力発電所3号機では、使用済み燃料などを保管するプールの冷却用のポンプが停止しましたが、およそ1時間40分後に再起動されました。
改めて津波の怖さをみせつけた地震でした。自然災害と防災を担当する私と松本委員の二人で、今回の地震と津波を整理しながら津波防災について考えます。

j161122_00mado.jpg

【続きを読む】

キーワードで検索する

例)テーマ、ジャンル、解説委員名など

日付から探す

2016年12月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
RSS