解説アーカイブス これまでの解説記事

時論公論

「トランプ政権を支える"もうひとつのアメリカ"」(時論公論)

出石 直  解説委員

j170223_00mado.jpg

アメリカのトランプ政権が誕生して一か月が過ぎました。大統領は就任早々、中東・アフリカ諸国からの入国を一時禁止する大統領令を発令するなど、強引とも言える政策と歯に衣着せない発言を連発しています。こうしたトランプ流にはアメリカの国内外から批判の声も上がっていますが、その一方で、少なからぬ支持を得ていることもまた事実です。
内外に大きな波紋を広げた入国規制。大統領令が発令された直後に行われた世論調査では
56%が「支持する」と答えました。

【続きを読む】

「トランプ政権と世界の温暖化対策」(時論公論)

土屋 敏之  解説委員

世界の貿易、安全保障、難民問題など様々な分野で波紋を起こしている、アメリカの新政権。環境問題も例外ではありません。去年11月、世界中の国が地球温暖化対策に取り組む「パリ協定」が発効した矢先に、温暖化に否定的な発言をしてきたトランプ氏が大統領に選ばれ、先週末には環境保護局の長官にやはり温暖化対策に反対してきた人物が起用されました。

j170222_00mado.jpg

【続きを読む】

「南スーダンPKO 自衛隊『日報』問題」(時論公論)

増田 剛  解説委員

南スーダンの国連平和維持活動=PKOに参加している自衛隊の活動記録、「日報」。防衛省が破棄したとしていた、この「日報」が、保管されていたことが明らかになり、国会論戦の焦点に浮上しています。この問題について考えます。

j170221_00mado.jpg

【続きを読む】

「トランプ政権 序幕1か月をどう見るか」(時論公論)

髙橋 祐介  解説委員

ドナルド・トランプ氏が、大統領に就任してから1か月。いまアメリカの内外で、トランプ政権のニュースが、ヘッドラインを飾らない日はないと言っても過言ではありません。
「アメリカファースト」を掲げ、選挙戦での公約実現に突き進む一方で、批判を浴び、混乱を拡げ、早くも人事での躓きもありました。
けたたましく幕を開けた“トランプ劇場”には、この先どんなシナリオが待っているのでしょうか?波乱の船出となったトランプ政権この1か月を考えます。

c170221_00mado.jpg

【続きを読む】

「トランプ外交 中東和平に暗雲」(時論公論)

出川 展恒  解説委員

■アメリカのトランプ大統領の発言が、中東にも衝撃を広げました。
15日、イスラエルのネタニヤフ首相と初めての首脳会談を行いました。
オバマ前大統領と終始関係がぎくしゃくしていたネタニヤフ首相ですが、
トランプ大統領とは親密で波長が合う様子を印象づけました。

共同記者会見でトランプ大統領は、
歴代の大統領が、イスラエルとパレスチナの和平の大目標としてきた
「2国家共存」には必ずしもこだわらないと述べたのです。
今夜は、トランプ政権による方針転換が中東和平に与える影響を解説します。

j170216_00mado.jpg

【続きを読む】

「辺野古海上工事本格化 沖縄は」(時論公論)

西川 龍一  解説委員

沖縄のアメリカ軍普天間基地の辺野古移設に向けた海上での本体工事が今月着手されました。現場では、移設に反対する人たちの抗議活動が続いていますが、先日行われた日米首脳会談でも「辺野古が唯一の解決策であることを確認した」と発表されるなど、あらゆる手段で移設を阻止するという翁長知事にとっても正念場を迎えた形です。

j170215_00mado.jpg

【続きを読む】

「東芝 巨額損失の発表で混乱」(時論公論)

関口 博之  解説委員

▽大手電機メーカー、東芝がアメリカの原発建設で巨額の損失を出した問題、東芝は今年度、原子力事業で7100億円余りの損失を計上する見通しだと明らかにしました。ただし、監査法人の手続きが終わっていないため、決算そのものは発表を延期するという異例の事態になり、混乱が拡がりました。東芝で何が起きているのか、この問題を考えます。

170214_00mado.jpg

【続きを読む】

「日米関係 首脳会談後を読む」(時論公論)

島田 敏男 解説委員 / 髙橋 祐介  解説委員 / 西川 吉郎 解説委員長

(西川)
きのうまで行われた日米首脳会談、安倍総理大臣とトランプ大統領は個人的な信頼関係を築くとともに日米の連携の基礎がゆるぎないことを確認するものとなりました。しかし、経済関係や安全保障をめぐる個別の懸念は今後に持ち越された形です。日米関係のこの先を担当の解説委員とともに探ります。

j170213_00mado.jpg

【続きを読む】

「日米首脳会談~摩擦を生まないために~」(時論公論)

神子田 章博  解説委員

安倍総理大臣はまもなくワシントンでトランプ大統領との首脳会談にのぞみます。お互いの信頼を深め、安全保障そして経済の両面で緊密な協力関係を確認できるかが最大の焦点です。

j170210_00mado_.jpg

【続きを読む】

「少年法改正議論 年齢引き下げの是非」(時論公論)

清永 聡  解説委員

18歳と19歳を少年法の保護の対象から外すことが妥当かどうかなどの、議論が始まることになりました。
選挙権が18歳からとなり、民法の成人年齢も引き下げが検討されています。
見直しは自然な流れだとする意見の一方、反対する意見も多くあります。
少年法の対象を引き下げるとどのような課題があり、今後どういう議論が求められるかを考えます。

j170210_00mado.jpg

【続きを読む】

キーワードで検索する

例)テーマ、ジャンル、解説委員名など

日付から探す

2017年02月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
RSS