NEWS

西郷どんニュース

『西郷どん』特別ラッピング機 初便就航!

2018年6月18日

写真中央:城 南海さん
(写真中央:城 南海さん)
6月17日(日)鹿児島空港にて、「大河ドラマ『西郷どん』特別塗装機 初便就航セレモニー」が行われました。いわゆるラッピングジェットが鹿児島県を拠点に運航されることになったのです!今回のデザインは、鈴木亮平さん演じる吉之助と、二階堂ふみさん演じる愛加那が描かれた、奄美編のデザイン。
大河ドラマ「西郷どん」特別塗装機
菊池源吾(西郷吉之助)と愛加那菊池源吾(西郷吉之助)と愛加那
ふたりの笑顔が素敵なデザインになりました。

セレモニーには、大河ドラマ「西郷どん」の劇中歌と大河紀行の音楽を歌っている城 南海さんが特別ゲストとして駆けつけてくださいました。特別塗装機の運航について、「素敵な飛行機が奄美にも飛んでくれる、というのが本当に嬉しいです。島のみんなも喜ぶと思います。」とにっこり。
城 南海さん
セレモニーでは、大河紀行の音楽「西郷どん紀行~奄美大島・沖永良部島編~」と、劇中歌「愛加那」を披露いただきました。「愛加那」を生演奏で披露するのは“初”とのこと。伸びやかな歌声に、空港に居合わせた方々は足をとめ、大勢の方が城さんの歌声に聞き入りました。
城 南海さん生演奏
披露いただいた2曲とも、城さんが作詞され、愛加那の気持ちを歌ったものだそう。
「愛加那が西郷どんをどれだけ愛していたか、2人はどんな3年間を暮らしたのか、愛加那は西郷どんと離れてからどんなことを考えていたのか、そんなことを考えながら作詞をしました。全て島の方言で作詞していますが、愛加那の気持ちを受け止めながら聞いていただけたら。」と曲に込めた思いをお話しいただきました。
搭乗口
セレモニーに続き、喜界島行きの特別塗装機初便に搭乗される方のお見送りにも城さんが登場。
「うがみんしょ~ら~(=こんにちは)!今日は、特別塗装機が初めて飛ぶということで、本当に記念すべき日になりました。喜界島に帰る方も、観光で行く方も、楽しい空の旅を過ごしてくりしょり~!ありがさまりょ~た~!」と奄美の方言で挨拶。ひとりひとりの搭乗をお見送りいただきました。
特別塗装機と城さん
この特別塗装機は、6月17日(日)から11月末まで、鹿児島県を拠点に奄美など県内の離島を主に運航される予定です。ぜひ空港に行かれる際は、探してみてくりしょり!
テイクオフ
◀︎ ニュース一覧へ
ページ上部へ