INFORMATION

関連番組・イベント情報

大河ドラマを10倍楽しむセミナー第2弾が
開催されました!
~番外編 「ひよっこ」~
(平成29年10月9日 開催)

2017年10月12日

7月に開催したセミナーに引き続き、今回は第2弾として先日放送を終えた朝の連続テレビ小説(通称“朝ドラ”)「ひよっこ」の制作陣がご登壇。・・・“大河ドラマを10倍楽しむ”のに“朝ドラ”?・・・と、疑問に思う方もいらっしゃるかもしれませんが、大きくくくればドラマはドラマ! 制作陣の中には大河ドラマと朝ドラの両方に関わっている職員もいます。ということで、(細かいことは気にせず)今回は番外編です!
演出担当・黒崎博職員と撮影担当・平野拓也職員
今回の講師は「ひよっこ」演出担当・黒崎博職員(写真右・NHKドラマ番組部チーフプロデューサー)と撮影担当・平野拓也職員(写真左・NHK大阪放送局技術部副部長)です。
まずは、茨城ロケでのあれこれを話しました。茨城では走るシーンが多く、出演者もそれを追うカメラマンも大変だったようです。走るシーンは専用の台車のようなものにカメラマンが乗って撮影します。足場が不安定な場所でブレずに撮影するためには、普段から体幹を鍛えておくことが必要だそうです。
また、「ひよっこ」のとある1話分を再生しながら、それぞれのシーンの撮影秘話を話しました。その中で意外な場所がロケ地になっており、会場の皆さんからも驚きの声があがっていました。
ロケ地写真を説明する平野職員
また、ドラマにリアル感を生み出すために欠かせないのは衣装です。物語の時代背景・シーン・登場人物のキャラクターや成長に合わせて一つひとつこだわって美術担当が用意しています。ここで、カメラ写りが良くなる衣装選びのコツを撮影担当の平野職員が教えてくれました。ピンク色の服を着ると血色良く、明るい表情に見えるそうです。さらに、撮影場所のポイントとして、背景や床が白いところだと、反射で顔に光が当たり、シワが隠れて肌が綺麗に写るそうです。耳より情報でした!
セミナー風景
そして、セミナーの終盤ではみね子の父・谷田部実役の沢村一樹さんについてもうかがいました。沢村一樹さんといえば、鹿児島出身で大河ドラマ「西郷どん」にも出演されます。ちょうど、「ひよっこ」撮影の終盤から「西郷どん」の撮影もはじまっていたそうで、忙しい日々を過ごされていたようです。制作陣にも沢村さんから「西郷どん」での赤山靱負役への熱い思いが伝わってきた、とのことです。
さて、いよいよ「西郷どん」放送まで3ヶ月を切りました!“大河ドラマを10倍楽しむためのセミナー”は今後もあらゆるテーマを扱いながら開催する予定です。(時期は未定ですが・・・)次回も乞うご期待!
◀︎ 関連番組・イベント情報一覧へ
ページ上部へ