トップページ ≫ 番組情報 ≫ 情報WAVEかごしま ≫ 島だより


次回もお楽しみに!

更新情報 : 
9月15日(水)放送分を更新いたしました!

種子島から 「いつかまた!」

カメラ 国生浩一郎 様

まだ暗い朝4時30分。中種子町の岩岡小学校に子どもたちが集まりました。
目的は、校庭の脇にあるふ化場で生まれたウミガメの放流です。
学校ではより自然に近い環境でウミガメを海に放そうと、ことしからこの時間での放流を始めました。子どもたちが見守る中、砂から出てきたウミガメの赤ちゃん。卵はほかになく学校から放流することし最後の1匹です。
みんなで学校近くの砂浜に運び、1人の子がそっと波打ち際に放すと、ウミガメは海へ向かってゆっくり歩き始めます。
「がんばれー」「ばいばーい」
ウミガメは子どもたちに見守られながら、うっすらと明るくなった海へと姿を消していきました。

伊唐島から 「釣った魚は…」

カメラ 植元真里 様

次々と釣り上がる高級魚のカサゴ。
長島町伊唐島の小学校の夏休み恒例イベント、釣り大会です。場所は島から船で10分ほど離れた沖。2時間で100匹ほども魚を釣り上げました。
そして島に戻った子どもたち。釣った魚を1キロごと袋につめていき島の人たちに販売してきます。釣りをした子どもの親のほとんどが漁師さん。島の主な産業の漁業を知ってもらおうというのがこのイベントの目的です。
販売会は1キロ500円という良心的な価格で大盛況! 島の人たちが次々と買い求め、あっという間に売り切れていました。売り上げは運動会など子どもたちの活動に役立てられるということです。

写真1
写真2
写真3
写真4
写真5
写真6
写真7
写真8
写真9
写真10
写真11

徳之島から 「昔あそび」

カメラ 天城ユイの里テレビ 様

7月24日、天城町の当部地区で、子どもたちが集まって昔ながらのおもちゃで遊んでもらおうというイベントが行われました。用意された遊びは、竹で作った水鉄砲や輪投げ、風車などの6種類。子どもたちは古くて新しいおもちゃを地域の人に教えてもらいながら楽しんでいました。

写真2
写真3
写真4
写真5
写真6
写真7
写真8
このページのトップへ