トップページ  番組情報  ひるまえクルーズかごしま  さつま狂句  2021年10月21日放送分

10月の兼題
「寝(ね)っ」

  •      

    昼寝ひんねしっ 晩なっ 朝寝坊あさねごろ

    南さつま市 / 中釜 どんこ さん

    (昼寝はして、晩は飲んで早く寝て、しかも朝寝坊だ という意味)

    寿星 :課題に忠実すぎて思わず吹き出してしまいました。しかしこのように屈託なく笑えることこそ薩摩狂句の求めるところではないでしょうか。
    キャスター:「寝る」が3つも出て来ますね。
    寿星 :何の心配もなくこのように眠れる方(かた)が羨ましい限りですが、家族にしたらこのように「ごろ」と言いたいでしょう。
    キャスター:それはどういう意味ですか。
    寿星 :この「ごろ」は大体は、さげすんだ意味になるのですが、この「坊」の字を当てることで親しみを込めた言い方にもなります。

    昼寝ひんねしっ 晩なっ 朝寝坊あさねごろ


     

    <唱> 自粛じしゅっはざあ そいでかろが
    (自粛期間中はそれでも良いだろうが という意味)

    メタボリック判定では多分✕(ばつ)でしょう

  • 病人の 寝息ねいてかあ そっち

    いちき串木野市 / 萬福 平次 さん

    (病人の寝息を確かめてから介護人もそっと寝た という意味)

    キャスター:優しい気持ちが表れておりますね。
    寿星 :薩摩狂句の先人のアドバイスに、「きれいだ」と言い切ってしまったり、「おれは怒った」ではいけない。それは句ではなく、たんなる説明、標語だ。「なるほどそうだ」と思わせる小道具をもってきなさい、というのがあります。介護は辛いことでしょうが、この句ではそれは述べずに、「寝息を聞く」で、作者の人情がしっかり表現されております。自分の気持ちをもろに出さないことで奥行きが広がりました。ベテランならではの句と言えましょう。

    病人の 寝息ねいてかあ そっち


    <唱> ほんの一時いっとっ 極楽気分ごくらっきぶん
    (ぐっすり眠ることはできないけれど、ほんの一時(ひととき)でも極楽気分だ という意味)

    散髪屋さんでの気持ちよい居眠りを思わせてくれます

  • 説教せっきょ 文句はならじ 寝言ねご

    鹿児島市 / 川畑 豊彦 さん

    (長い説教を受けた子供が、寝言で口答えをした という意味)

    キャスター:「文句(ぎ)」が出て来ましたね。
    寿星 :一説には「異議を言うな」からきているともあります。「文句を言うな」も同じ意味ですが、どちらかといいますとこの「異議」の「議」の方が納得いく感じもします。寝言に絡ませて、鹿児島弁の代表的ともいえる言葉を持ってきました。意味も分かりやすく、作者の小さい頃の経験かな、とも感じさせてくれます。「ぎをいうな」を昔はよく聞きましたが、最近はだんだん薄れてきました。良し悪しは別にして、狂句に詠んで伝えてゆきたいものです。

    説教せっきょ 文句はならじ 寝言ねご


    <唱> 何言なんちゅもな 「父親ちゃんな身勝手」
    (何と言ったと思いますか?「お父さんは自分勝手だ」と言いました という意味)

    あくる日はまたも説教ですかね