鹿児島 おすすめ番組

にっぽん縦断 こころ旅

「鹿児島県」

12月5日(月)〜16日(金)
○朝版(月-金)午前7時45分〜7時59分 BSプレミアム
(再)午前11時30分〜11時44分
○とうちゃこ版(火-金)午後7時〜7時29分
(再)(土・日) 午前11時〜11時58分

俳優・火野正平さんが相棒・チャリオ(自転車)に乗って日本全国を走ります!
その日の旅の目的地を決めるのは、みなさんから寄せられたお手紙です。お手紙に書かれたエピソードをもとに、ひとりひとりの心に大切にしまってある「こころの風景」を訪ねます。

>>「にっぽん縦断 こころ旅」 サイトはこちら

かごしまの夕べ

12月22日(木)午後6時〜6時50分 FM <鹿児島県域>

リスナーの方から、月ごとのテーマに合わせて、写真とメッセージを募集しています。
毎月最終木曜日放送。(今月は第4木曜日)

>>「かごしまの夕べ」 サイトはこちら

英雄たちの選択

「真説!薩長同盟 龍馬を動かした男・小松帯刀の秘策」

12月22日(木)午後8時〜8時59分 BSプレミアム
(再)1月5日(木)午前8時〜8時59分

今年締結150周年を迎える「薩長同盟」。通説では、慶応2年(1866年)1月、面目にこだわる両藩を坂本龍馬が一喝して、倒幕への盟約が結ばれたと考えられてきた。しかし、実は、龍馬を動かし、薩長同盟のお膳立てをした男がいた。薩摩藩の家老・小松帯刀である。小松は、奇しくも天保6年(1835)生まれで、龍馬と同い年だった。小松は、脱藩浪人・龍馬に資金とアイデアを提供し、海援隊を応援するなど、家老の立場をフルに活用して、同盟交渉の舞台を整え、交渉全般をオーガナイズした。近年の研究から、小松帯刀の実像が、明らかになりつつある。小松は、長崎の商人グラバーや五代友厚を通して、西洋の経済事情に精通した当代一の経済官僚でもあった。当時、薩摩藩では、西郷隆盛を中心とする武力倒幕派と国父・島津久光に代表される慎重派の2つの勢力が存在し、慶応元年(1865)の時点での藩論は久光が握っていた。このきわめて難しい時期に、久光の意思を超えて薩長の提携を決断した人物こそ小松帯刀である。いったいなぜ、小松は国父・久光に逆らってまで同盟締結に動いたのか?そこには、どんな秘策と構想があったのか?薩長同盟の真実に迫る。

>>「英雄たちの選択」 サイトはこちら

歌う!SHOW学校

「鹿児島県出水市」

12月24日(土)午後5時〜5時34分 総合 <全国>

9月16日に出水市で収録。五木ひろしさんを先生役に、懐かしい歌謡曲から最新の音楽まで、楽しく学ぶ音楽バラエティー番組。
出演:五木ひろし、三山ひろし、クリス・ハート、市川由紀乃、瀬口侑希、城南海、木本武宏・木下隆行(TKO)、椿鬼奴、益子卓郎(U字工事)

>>「歌う!SHOW学校」 サイトはこちら

情報WAVE年末スペシャル

12月28日(水)午後6時〜(予定) 総合 <鹿児島県域>

今年1年を振り返ります!

>>「情報WAVEかごしま」 サイトはこちら

鹿児島放送局制作の主な番組

▲ ページの先頭へ