TOP

この花咲くや

この花咲くや

2022年春
鹿児島発地域ドラマ
BSプレミアムBSプレミアムで
放送決定!

この花咲くや

出演

小芝風花

吉岡秀隆

STORY

鹿児島の不動産会社に勤める坂元知花(小芝風花)は、仕事でも伸び悩み、恋人からのプロポーズにも応えきれない日々を過ごしていた。そんなある日、津村幸次郎(吉岡秀隆)が家探しに不動産会社へとやってくる。鹿児島には縁もゆかりもないという幸次郎。対応した知花は張り切り、自分がいまイチオシの桜島ビューのマンションを紹介する。しかし、内見していた幸次郎がとつぜん、「桜島が見えない家がいい」と言いだした…。

CAST

小芝風花

小芝風花 坂元知花 役

MESSAGE

私は鹿児島に行った事はまだ一度もありませんが、自然豊かで、食べ物も美味しそうで、人が温かそうな印象を持っています。
今回の作品は、生まれも育ちも鹿児島で、桜島が噴火するのが当たり前の中で育った女性を演じさせて頂きます。桜島の噴火が「日常」だからこそ、「災害」「被害」といった認識がなく、今までになかったのだから、大きな爆発なんて起きないと、心のどこかで思ってしまっているのが、印象的でした。
と同時に、降灰すれば洗濯物が干せなかったり、車に灰が積もったり、生活をする上で不便な所もあるけれど、それでも鹿児島と桜島を愛する人々の心を通して、本当に素敵な場所なんだろうなと、鹿児島で撮影するのがとても楽しみになりました。

吉岡秀隆

吉岡秀隆 津村幸次郎 役

MESSAGE

コロナ禍になり、震災のことが忘れ去られていくのではないかと思っていた時にお話を頂きました。ドラマや映画の制作も困難な時代ですが、忘れてはならない人の持つ悲しみと、そこから生まれるであろう希望を見つけられるような作品になればと思っております。

吹越満

吹越満 平田誉 役

MESSAGE

脚本のデータを頂き、中身を読む前に、あぁ、僕はこのお仕事をやることになるんだな、と思いました。身の潔白を証明するために自ら火を放ったという日本神話に出てくるコノハナサクヤヒメに由来するタイトルは、僕に迷いを与えませんでした。 
姫の自死が人間の死の起源になった、と聞いていますが、果たしてこれは人間にとって縁起の良いことなのか悪いことなのか、、。
 死と別離があるからこそ、命と出会いの大切さを考えることになるのだろう。と考えます。
 桜の語源でもあるそうです。
さくや。いい名前だ。

STAFF

詩森ろば
脚本

詩森ろば

PROFILE

serial number劇作家・演出家

  • 2013年

    演出作品「国語の時間」(小里清作)にて読売演劇大賞優秀作品賞受賞。

  • 2016年

    「残花-1945 園井恵子 さくら隊」
    「insider-hedge2」で紀伊國屋演劇賞個人賞受賞。

  • 2018年

    「アンネの日」そのほかの成果で、芸術選奨 文部科学大臣賞 新人賞受賞。

  • 2019年

    「アトムが来た日」で岸田國士戯曲賞最終候補。

  • 2020年

    映画「新聞記者」脚本担当 日本アカデミー賞優秀脚本賞受賞

  • 2021年

    「コタン虐殺」「All My Sons」にて読売演劇大賞 優秀演出家賞受賞

制作統括

諏 訪 奏

演出

小島東洋

収録予定

2021年11月~ 
 鹿児島県内各地

シェアする

help