村上 留奈 - むらかみ るな

更新履歴

アナウンサー・キャスターだよりトップへ
アナウンサー・キャスター紹介
2018年11月2日(金)

西郷どん あと2ヶ月



【いぶすき西郷どん館にて】


西郷さんの顔をよくご覧ください。実は…私です!! カメラで映した顔をパネル中央の画面に表示し、 赤いほっぺたをつけて可愛くしてくれるシステムです。 今年はみなさん色んな形で西郷どんを楽しまれていると思います。 そんな西郷どんも残り2ヶ月です。


先日、西郷どん出演者トークショーで司会を務めました。



江藤新平役の迫田孝也さんと、大山綱良役の北村有起哉さん。


お二人は撮影以外でもイタズラ合戦をしあって遊ぶほどの仲良しだそうです。 ドラマの裏話の他、鹿児島の言葉についてのお話も沢山して下さいました。


迫田さんはドラマの薩摩ことば指導も担当されていますが、 今回演じる江藤新平は佐賀藩士。 他の出演者の皆さんには薩摩ことばを教えながら、 ご自身は佐賀ことばの音声を聞いて役に臨んでいるそうです。


北村さんは薩摩ことばの合間にドラマの中で「ぐりっち」「がしっち」といった コミカルな擬音語を使って話題になりました。 大河ドラマでは細かく時代考証が必要ですが、擬音語なら 面白く演出できるということで段々増えてきたそうです。 その他にも、相撲のシーンで水溜まりを準備してもらって顔から落ちるなど、 楽しい演出を沢山考える、サービス精神旺盛な方なのだなと思いました。


お二人とも仰っていたのは、人と人との関わりを描きたいということです。 今振り返ればドラマの出演者達は偉人だけれど、その時代には ただ一人の人として相手と向き合っていたのだと思うということでした。 確かにそうですね。 「明治維新を成し遂げた偉人」としてだけでなく、ひとりの人間として、 「西郷どん」の登場人物を見ていきたいと思います。 残り2ヶ月、みなさんも「西郷どん」の時代を一緒に感じましょう!


アナウンサー・
キャスター一覧