鹿児島放送局のアナウンサーとキャスターが個性豊かに日記を綴ります。
それぞれが思い思いに書き留めます。
取材先でのエピソードや番組の裏話など!テレビでは見られない素顔に出会えるかも?
トップ > 小山 凌  > 2018年6月28日
小山 凌 - こやま りょう
更新履歴
アナウンサー・キャスターだよりトップへ
アナウンサー・キャスター紹介
2018年6月28日(木)

大河ドラマ「西郷どん」 舞台は沖永良部島へ!


奄美地方の梅雨明けが発表されました。
鹿児島の夏が、すぐそこまでやってきています!
大河ドラマ「西郷どん」も舞台を島にうつし、
奄美大島、徳之島、沖永良部島での西郷隆盛の姿が丁寧に描かれています。


そんな中、私、6月24日に開かれた「西郷どん」の
パブリックビューイングの司会を担当しました。
会場となったのは・・・



第24回の舞台となる沖永良部島。
 500人を超える島民の皆さんと一緒に、
沖永良部島での西郷どんの活躍を見守りました。


さらに、放送前のトークショーにはスペシャルゲストとしてこの方が登場。



俳優の齋藤嘉樹さん。

沖永良部島の役人として、

牢の中で日々衰弱していく西郷どんを

助けようと奮闘する土持政照役を演じています。


齋藤さんは、土持政照を演じる上で
「沖永良部島で、実際に出会った皆さんの
優しい表情や人柄を大切にしながら演技をしている」と
役に込める熱い想いを話していました。


会場のみなさんからの質問コーナーもあり、
ステージと会場の皆さんとが一緒になって盛り上がりました。



翌日は、観光課の方々と齋藤さんと、土持政照ゆかりの地を巡りました。



移動の車内でも気さくに話しかけてくださる齊藤さん。
でも、ゆかりの場所に着くと表情が一変! 真剣に説明を聞く姿が印象的でした。


最後は島の方々に見送っていただきました。



大河ドラマ「西郷どん」は、
明治維新の激動にむけて、まもなく「革命編」へと突入します。
揺るぎなき革命家へと覚醒していく西郷隆盛を沖永良部島で支え続けた
土持政照を演じる齋藤嘉樹さんの演技にも注目です!!

アナウンサー・キャスター一覧