鹿児島放送局のアナウンサーとキャスターが個性豊かに日記を綴ります。
それぞれが思い思いに書き留めます。
取材先でのエピソードや番組の裏話など!テレビでは見られない素顔に出会えるかも?
トップ > 今村 聡  > 2017年11月24日
今村 聡 - いまむら さとし
更新履歴
アナウンサー・キャスターだよりトップへ
アナウンサー・キャスター紹介
2017年11月24日(金)

霧島神宮の紅葉狩りの楽しみ方

11月も下旬になると南国鹿児島もさすがに朝晩は冷え込み、平地でもイチョウやイロハカエデの色づきが進んできました。この日記を書いている11月23日の段階では伊佐市の曽木の滝や霧島神宮では紅葉は見ごろを迎えており、多くの紅葉狩りの観光客でにぎわっています。
今回は霧島神宮をピックアップして、私なりの紅葉狩りの楽しみ方をお伝えできればと思います。
まず、霧島神宮の紅葉狩りを楽しむ時間は夕方です(晴れの日)。
というのも、夕方になると太陽光線は淡い赤色が目立つようになることから紅葉の色がいっそう際立って見えるのです。



そして、三の鳥居が西日に照らされると自ら輝いているかのような神秘的な光景に出会えます。



三の鳥居から拝殿までの参道は高い木々に覆われていることから昼間でも薄暗くトンネルのようです。しかし紅葉の時期は参道の延長線上に太陽が沈んでいくことから、夕方に拝殿から参道を眺めると、鳥居から太陽光線が差し込み参道を照らすのです。



参道は主に黒と白のモノトーンの世界、しかし鳥居の向こうは西日に照らされた紅葉が鮮やかな色彩を放つ世界が広がり、この対比の美しさに皆さんもため息がでることでしょう。



以上、簡単ではありましたが、私なりの霧島神宮の紅葉狩りの楽しみ方でした。夕方でも参拝客は多いので、通行の妨げにならないように紅葉狩りを楽しんでください!


(…次回は大橋 舞子キャスターの日記を掲載)

アナウンサー・キャスター一覧