鹿児島放送局のアナウンサーとキャスターが個性豊かに日記を綴ります。
それぞれが思い思いに書き留めます。
取材先でのエピソードや番組の裏話など!テレビでは見られない素顔に出会えるかも?
トップ > 今村 聡  > 2018年6月12日
今村 聡 - いまむら さとし
更新履歴
アナウンサー・キャスターだよりトップへ
アナウンサー・キャスター紹介
2018年6月12日(火)

アジサイの話

アジサイの季節がやってきました。歩道脇に植えられた色とりどりのアジサイを見ると、どんよりした雨模様の日でも心が明るくなります。先日、長島町に行く途中に黒之瀬戸大橋のたもと近くの公園でたくさんのアジサイが咲いているのを見つけました。



どの花をアップで撮影しようかな〜と考えるのですが、どれも魅力的で構図がなかなか決まりません



そういえば、アジサイの花言葉は「移り気」。成長するにつれて花の色が移ろいでいくことがその所以でしょうが、多種多様の綺麗なアジサイを目の前にすると浮気心のひとつも湧いてくるのは殿方の性というものでしょうか(あくまでもアジサイの話ですよ!) 「紫陽花や きのふの誠 けふの嘘」(正岡子規)移ろいでいくのは人の心だけではありません。梅雨時期の天気予報も然りです。この時期は朝令暮改型の天気予報が特に多く、伝える側も大変苦労します。そのような情報に振り回されるこちらの身にもなってくれ!という声も聞こえてきそうですが、大切な防災情報も含んでいますので、梅雨時期はこまめに天気予報をチェックするなどいつも以上に気にかけるようにしてください。このようなことは心が移ろいでいくのが常である人との処世術に案外と似通っているのかもしれないなぁと、黒之瀬戸大橋の下の速い潮の流れに目をやりながら思いました。「ゆく河の流れは絶えずして、しかも、もとの水にあらず・・・」おっと、今回はアジサイの話でしたね。移り気になりがちな私でした。


アナウンサー・キャスター一覧