「日本賞」関連番組紹介
日本賞のファイナリストの中から2作品が日本語版で放送されます。
「ぐるっと世界の子供番組」 日本賞2018ファイナリスト作品 「ピチントゥン―チリの子どもたち」(チリ) 「最初の日」(オーストラリア) 放送日 2月24日(日)午前3時〜 Eテレ
(番組の放送は日本国内のみです)

放送される作品


『ピチントゥン―チリの子どもたち』(チリ)
南米のチリはたてに細長〜い国。北部と南部では気候も大きくことなり多様な文化があります。『ピチントゥン』はそんなチリの各地で暮らす子どもたちのドキュメンタリー・アニメ―ション。自分のこと、家族のこと、夢や信じていることなど、子どもの言葉を楽しいアニメで紹介します。今回の主人公は7歳のカミーロ。カミーロは視覚障害があり、杖や手で世界を感じ取ります。

『ピチントゥン』はそんなチリの各地で暮らす子どもたちのドキュメンタリー・アニメ―ション。


『最初の日』(オーストラリア)
主人公ハナーはもうすぐ進級します。その学校では、これまでの男子の制服を脱ぎ捨て、心の性である女の子として新しいスタートを切ろうとしています。みんなにばれたらどうしよう?分かってくれる友達はできるかしら?不安でいっぱいのハナー。最初の日、何が彼女を待ち受けているのでしょうか。
この作品はドラマですが、複数のトランスジェンダーの子どもたちを取材して脚本が書かれました。主人公を演じたEvie自身もトランスジェンダー。ドラマ初出演ながら、繊細な心情を演じています。


語り:沢城みゆき

『ピチントゥン―チリの子どもたち』
『最初の日』

PageTop