エントリー&審査 <コンテンツ部門>
審査基準
教育コンテンツは、私たちがみずから学び、考え、共感する力を育むことで、個人の成長や社会の発展に資する重要な役割を担っています。時代や社会の課題と常に向き合い、教育とは何かを問い続ける場として、「日本賞」は斬新で創造性にあふれる教育コンテンツを求め、下記の審査基準にもとづいて評価します。
全部門に共通のルール
審査委員は、自分が所属する機関が応募、あるいは自分が制作等に関与した作品・企画がある場合は、その作品・企画に票を投ずることはできない。
全部門に共通の審査基準
◇個人の成長に資するための長期的な展望と教育的な意図をもっているか
◇新しい知識・知見や論理的思考など、人生を豊かにしていく手段を身につけ るための手助けとなっているか
◇個人が他者を理解し、共感する心を育むことの手助けとなっているか
◇扱われている教育課題に普遍性があり、よりよい社会を築くための行動を起 こす契機や課題解決への示唆に富んでいるか
◇メディアの機能や特性を活かしているか
【コンテンツ部門】
  • 1)教育目標 の設定と達成
  • 対象者の学習意欲を高める教育目標、または社会や時代状況の必然性に照らして適切な教育目標が設定され、それらの目標が個人の行動や態度の変容に結びつき、十分達成されるものになっているか
  • 2)内容・構成
  • 対象者の学習、あるいは学習に準ずる教育的な活動が効果的となるよう、内容や構成が工夫されているか
  • 3)表現・演出
  • 作品の表現や演出手法に、斬新さ、創造性、芸術性、メディアの特性を活かした新しいアイディア等が認められるとともに、対象者の興味をひき起こす工夫が施されているか
  • 4)特性・有用性
  • クリエイティブ・フロンティアカテゴリーでは、上記に加えて、デジタルメディアならではの特性を活かし、主体的に学ぶ意欲を高めるとともに、フォーマット、構造、デザインなどが対象者に配慮して、使いやすく作られているか

PAGE TOP