English

JAPAN PRIZE 2018

シェアする

日本賞とは?

「日本賞」は、NHKが主催する教育コンテンツの国際コンクールです。1965年の創設以来、「教育への貢献を通じてよりよい社会の未来を拓く」という理念のもと、世界の優れた教育コンテンツを評価・顕彰しています。

日本賞
グランプリ日本賞賞牌

募集部門

コンテンツ部門
(5カテゴリー)

音と映像を用いたコンテンツが対象です。テレビ番組、映画、ビデオ作品などは、対象とする世代別に幼児向け、児童向け、青少年向け、一般向けの4カテゴリーに分かれています。このほか、デジタルメディアを活用した教育コンテンツを対象とするクリエイティブ・フロンティアカテゴリーがあります。

詳しく見る

企画部門

予算・機材など制作条件が十分でない国・地域におけるテレビ教育番組の企画を支援するための部門です。
※日本の機関はこの部門に応募することはできません。

詳しく見る

賞の種類

コンテンツ部門は各カテゴリーの最優秀賞、最優秀賞作品の中から選ばれるグランプリ「日本賞」と、ふたつの特別賞があります。企画部門は最優秀賞と優秀賞があります。

日本賞

一次審査通過作品

コンテンツ部門

各カテゴリー最優秀賞

  • ・幼児向けカテゴリー(総務大臣賞)
  • ・児童向けカテゴリー(文部科学大臣賞)
  • ・青少年向けカテゴリー(外務大臣賞)
  • ・一般向けカテゴリー(東京都知事賞)
  • ・クリエイティブフロンティアカテゴリー(経済産業大臣賞)
グランプリ日本賞

特別賞

  • ・国際交流基金理事長賞
  • ・ユニセフ賞

企画部門

最優秀賞(放送文化基金賞)

優秀賞(日本ユネスコ協会連盟賞)

賞金

コンテンツ部門

グランプリ日本賞 5,000米ドル
各カテゴリー最優秀賞 各2,000米ドル
特別賞 各2,000米ドル

企画部門(制作費として)

最優秀賞 10,000米ドル
優秀賞 6,000米ドル

応募からの流れ

4月1日

エントリー受付開始

6月30日

エントリー締め切り

9月1日

一次審査結果発表(ウェブサイトにて)

11月2日

第45回「日本賞」開催

11月6日

クリエイティブ・フロンティアカテゴリープレゼンテーション本審査

11月7日

企画部門プレゼンテーション本審査

11月9日

受賞作品発表

PAGE TOP