イベント

11月2日(水)

午後3時~4時

ウクライナの子どもたちは今
~同じ時間を生きる我々ができること~

2022年2月24日に始まったロシアのウクライナへの侵攻。
戦時下でも番組制作を続けているウクライナの公共放送ススピーリネの制作者3人とオンラインでつながり、子どもたちのために今できることについて話を聴いた。

一人目は、NHKスペシャル『戦火の放送局』にも登場した記者のアナスタシヤさん。自国の被害を記録し続ける葛藤を抱えた上でも「勇敢で日々戦っている、ウクライナの大人と子どもの物語を世界に伝えることが重要」と語る。
二人目は、幼児番組を担当するヴィクトリアさん。避難先や地下室でも聞ける音声番組など、厳しい状況にいる子どもたちを支援する新しいフォーマットの取り組みを紹介。
最後に、ススピーリネを代表して登壇したアンドリーさんが子どもへの想いを語る途中、画面にはアンドリーさんの子どもたちが登場。その無邪気な笑顔とススピーリネのジャーナリストとしての姿勢に会場から拍手が送られた。

NHKスペシャルを担当した藤原ディレクターは、「日本で戦争が起きたときに、公共放送として自分たちに何ができるかを改めて問う機会となった」と語り、セッションをまとめた。

八田 知大
モデレーター

八田 知大

日本放送協会(NHK) アナウンサー

日本

『NHKニュースおはよう日本』5時台・ラジオ『ジャーナルクロス』キャスター。これまで長崎放送局、広島放送局で被爆者を取材、原爆をテーマにした番組を制作。ウクライナ侵攻から半年となる2022年8月には『ジャーナルクロス』で「戦争犯罪・被害者の声」を放送。ウクライナの人たちの声を伝えた。

アンドリー・タラノフ
スピーカー

アンドリー・タラノフ

ウクライナ公共放送(ススピーリネ) 常務取締役

ウクライナ

ウクライナ公共放送「ススピーリネ」常務取締役。マーケティング変革の責任者として2022年に同社に着任。メディア専門家として、東欧、中央アジアの大手メディア企業やマーケティング担当者へのメディア・マーケティングコンサルティングで25年以上の経験を持つ。オムニコムで広告事業、ウクライナの民放ネットワークSTBでテレビ事業に従事。2005年にクウェンディ・メディア&マーケティングコンサルタンシーを設立した。

ヴィクトリア・ムロヴァナ
スピーカー

ヴィクトリア・ムロヴァナ

ウクライナ公共放送(ススピーリネ) 子ども番組のチーフ・エグゼクティブプロデューサー

ウクライナ

ウクライナ公共放送「ススピーリネ」の子ども番組のチーフ・エグゼクティブプロデューサー。2020年に同社に入社。2021年10月には4つのアニメーションシリーズからなる子ども向けYouTubeチャンネル「Brobaks(ブローバクス)」を開発、開設した。広報担当者としてブランド展開戦略、情報発信に10年以上の経験を有し、ハリウッドスタジオ、ディズニー、パラマウント、ユニバーサル、ドリームワークス作品のウクライナでの映画配給会社B&Hでは広報宣伝部長兼ウクライナ語版制作プロデューサーを務めた。国立オレクサンドル・ドヴジェンコ映画センター(国立映像アーカイブ)では文化プロジェクトを担当。

アナスタシヤ・オブラズツォヴァ
スピーカー

アナスタシヤ・オブラズツォヴァ

ウクライナ公共放送(ススピーリネ) ローカルニュースのチーフ・エディター

ウクライナ

ウクライナ公共放送「ススピーリネ」ローカルニュースのチーフエディター(企画、トピック選択、各種プラットフォームでの公開準備)。
テレビ現場で29年の経験あり。主な職歴は以下の通り。
・レポーター(10年以上)
・調査報道プロジェクト「Behind windows(窓の陰で)」制作主任
・ニュース番組、週間ニュース解説番組の編集者
・ドキュメンタリー、報道関連番組の制作、脚本、コメント執筆等多数

藤原 和樹
スピーカー

藤原 和樹

日本放送協会(NHK) プロジェクトセンター ディレクター

日本

2009年 NHK入局。2016年~報道番組「クローズアップ現代」や「NHKスペシャル」を担当。
2018年に朝鮮民主主義人民共和国のNHKスペシャルを担当したことをきっかけに、日本と朝鮮半島の関係を継続的に取材。主な担当番組に、金正恩総書記とトランプ大統領の間で交わされた27通の書簡を入手し米朝会談を考察した、クローズアップ現代+「相次ぐミサイル発射はなぜ 北朝鮮“軍事力強化”の行方」や、朝鮮戦争で日本人が戦闘に参加していたことが記された極秘資料をもとに制作したBS1スペシャル「隠された戦争協力 ―朝鮮戦争と日本人― 前後編」など。
2022年2月のロシアのウクライナ侵攻以降、ウクライナ情勢に関する取材・番組制作を続ける。3月に、戦火のウクライナの人々をリモート取材し、クローズアップ現代を制作。3月下旬からウクライナに入り、ウクライナ公共放送「ススピーリネ」の臨時拠点を取材。その後、2か月にわたって「ススピーリネ」を密着取材し、当事者として戦争を伝えようとする記者たちの葛藤をドキュメンタリーで伝えた。
共著に『AI vs. 民主主義』(NHK出版新書)、『里海資本論』(角川新書)、単著に『朝鮮戦争を戦った日本人』(NHK出版)。

主な担当番組:
2018年 NHKスペシャル『金正恩(キムジョンウン)の野望 第1集 暴君か戦略家か 禁断の実像』
2019年 BS1スペシャル『隠された戦争協力 ―朝鮮戦争と日本人― 前後編』
2022年 クローズアップ現代+『相次ぐミサイル発射はなぜ 北朝鮮“軍事力強化”の行方』
2022年 クローズアップ現代+『“戦火の下”でいま何が ~最新報告・緊迫のウクライナ~』
2022年 NHKスペシャル『戦火の放送局 ~ウクライナ 記者たちの闘い~』ほか

TOP