イベント

11月1日(火)

午後4時~5時

絵本作家ヨシタケシンスケ
「こころだけは自由でいよう」

ニューヨーク・タイムズ最優秀絵本賞、ボローニャ・ラガッツィ賞特別賞などを受賞し、世界中の人々を魅了する絵本作家、ヨシタケシンスケさんが創作への想いを語るトークセッション。

新型コロナウイルスの影響で行動制限がしかれた2020年に、ヨシタケさんが子どもたちに向けて出したちょっと変わった宿題は、NHKで『すごい宿題』として放送。2021年の日本賞で児童向け部門の優秀賞2を受賞した。

宿題の内容である「自分だけの秘密を絵に描いてそれを誰にも見せない」ということに対し、ヨシタケさんは子どもが秘密を持つことの自由さ、大切さについて語った。会場から「親に隠れて子どもが秘密を持つことへの危うさ」を問う質問があがると、ヨシタケさんは「人は秘密を抱えて生きるもの。どの秘密は開示し、どの秘密は開示しないかの判断を子どもの頃から経験して学ぶ必要があるのではないか」と回答。他にも「どうしたらそんなに絵がうまく描けるのか」といった子どもからの素朴な質問もあがるなど、硬軟織り交ぜた内容となった。

安部 みちこ
モデレーター

安部 みちこ

日本放送協会(NHK) アナウンサー

日本

2000年入局。現在はEテレ『100分de名著』などを担当。子どもの頃から本が好きで、今も毎日、読書の時間を持つようにしている。ヨシタケシンスケさんの著書は、子どもと一緒に何度も読んで笑った大好きな本のひとつ。

ヨシタケシンスケ
スピーカー

ヨシタケシンスケ

絵本作家

日本

絵本作家・イラストレーター。1973年、神奈川県生まれ。筑波大学大学院芸術研究科総合造形コース修了。
2013年、『りんごかもしれない』で絵本作家デビュー。絵本作品『りゆうがあります』、『あつかったら ぬげばいい』、イラスト集『デリカシー体操』、エッセイ『思わず考えちゃう』など多数。 MOE絵本屋さん大賞、産経児童出版文化賞美術賞、新風賞、ニューヨーク・タイムズ最優秀絵本賞、ボローニャ・ラガッツィ賞特別賞などを受賞し、海外でも様々な国で翻訳出版されている。
近著は、『あんなに あんなに』、『かみはこんなに くちゃくちゃだけど』。2児の父。

TOP