イベント

11月5日(金)
会場開催(WITH HARAJUKU HALL)/オンライン開催(Zoomウェビナー)

午前10時30分~11時30分

※開始時間が変更になりましたのでご注意ください。

キーノート・セッション
「スカイ・ブラウンさん(13歳)に聞く“自分らしく生きること”」

今年の日本賞では、10代の若者の声に真摯に耳を傾け、彼ら彼女らのアイデアからより良い社会をつくるためのヒントを得ることを目標とした。キーノート・セッションの冒頭を飾ったのは、東京オリンピックのスケートボード女子パークで銅メダルを獲得したスカイ・ブラウンさん(13歳)。イギリス人の父と日本人の母を持ち、140万人以上のフォロワーを持つスカイさんは、SNSを通じて同世代の若者たちにポジティブなメッセージを発信し続けている。スカイさんはアメリカからビデオ・メッセージを寄せ、自分らしさを見失わずに成長していくためには「人生を笑顔で楽しむこと、自分に正直でいること、そして人に優しくすること」が大切だと語った。

続いて登場したのは、オーストラリアの女優でモデルのイーヴィー・マクドナルドさん(16歳)とドラマ・プロデューサーのカースティー・スタークさん。イーヴィーさんはオーストラリアの学園ドラマ『ファースト・デイ』でトランスジェンダーの主人公ハナを演じ、自身もトランスジェンダーであることを公表している。イーヴィーさんは自らのアイデンティティーに悩んだ経験から、自分らしく生きるためには、周囲の声に惑わされず自分自身を信じることが大切だと語った。また、『ファースト・デイ』の企画と製作に携わったカースティーさんは、多様性が尊重される社会をつくるためにメディアが果たすべき役割にも触れ、脚本家や撮影監督といった制作スタッフにも多様な背景を持った人材を確保し、いろいろな生き方が反映されたコンテンツを提供し続けることが大切だとまとめた。

スカイ・ブラウン
キーノート・スピーカー

スカイ・ブラウン

プロスケートボーダー

2008年、宮崎県生まれ。13歳。日本人の母とイギリス人の父を持つ。3歳でスケートボードを始めて以来、プロのコーチには師事せず動画サイトをお手本に技を身につけ、10歳でプロに転向。東京2020オリンピックにはイギリス代表として参加し、銅メダルを獲得。イギリスにおける史上最年少のオリンピック・メダリストとなった。 世界ランキング3位。ソーシャル・メディアでもパワフルなメッセージ発信が人気を呼び、フォロワー数は140万人を超える。宮崎とカリフォルニアに住みながら、世界の競技大会に挑み続けている。

鎌倉千秋
司会

鎌倉千秋

NHKアナウンサー

『激動の世界をゆく』、『東京網播間』(中国語ニュース)キャスター、『週刊まるわかりニュース』リポーター。日本国内の外国にルーツのある人たちへの取材や、台湾のLGBTパレードを現地で取材するなど、多様性をテーマにした世界の動きに関心を持つ。

TOP