イベント

11月4日(木)
オンライン開催(Zoomウェビナー)

午後7時~午後7時30分

オープニング・ナイト:ようこそ日本賞2021へ!

11月4日(木)、会期のオープニングイベントとして行われたこのライブセッションでは、今年のエントリー作品から見える世界の教育コンテンツの動向、そして会期中の主なイベントの見どころを、安田慎事務局長、加藤夕香子・古池史奈事務局次長の3人が紹介した。会場ホワイエの展示内容、授賞式で授与される七宝焼き賞牌の日本の花々や今年初めて授与されるSDGs賞について説明した。オンラインで参加した一次審査委員・本審査委員からも今年の作品や審査についてコメントをいただいた。

安田 慎
司会

安田 慎

日本賞事務局長/NHK制作局チーフ・プロデューサー

1997年NHK入局。広島局を経て、制作局へ。美術番組、教育番組、ドキュメンタリーなどの制作を行う傍ら、国外の制作者との国際共同制作に数多く携わる。2017年、日本賞一般向け部門審査委員を務める。2018年以降、ショートドキュメンタリー・シリーズ「ノーナレ」のプロデュースを務める。2020年、フィリピンのトランスジェンダー歌手ジェイクの姿を描いたドキュメンタリー「ジェイクとシャリース~僕は歌姫だった~」が国際エミー賞にノミネートされた。

TOP