第44回日本賞 優秀作品

青少年向けカテゴリー最優秀賞 <外務大臣賞>
炭鉱の子どもたち
機関名 シャスール・デトワール
フランステレビジョン
CNC
プロシレプ
アンゴワ
ジャバ・フィルム
国/地域名 フランス
メディア 映画
(モニーク・ポッツ)
青少年カテゴリーの一次審査通過作品群は、世界各地にいる若者たちの成長過程にどのような変化があるのか、いままでにない見方を示してくれました。世界が近くなり複雑化していく現代において、若者でいること、ときに無意味と思いながらも世界を理解しようとすることは容易ではありません。難しい審査でしたが、討議を重ね、フランスのジャバ・フィルムからエントリーされた「炭鉱の子どもたち」を青少年向けカテゴリー最優秀賞に選びました。貧困、いじめ、ホモフォビアとどのように向き合ったのか、若者の生の声を通して語られる彼ら自身のストーリーは、とりわけ印象的で引きつけられました。このドキュメンタリーは、葛藤、痛みや苦悩を正面からとらえているだけではありません。困難を乗り越えて気丈に将来と向き合う決心をした主人公に対して、未来への希望の扉を開いているのです。
(フレデリク・ブリュンケル)
このたびグランプリ日本賞をいただけたこと、大変光栄に思っています。ドキュメンタリー制作者としての私たちの責務は、人と人とのつながりを構築することだと考えます。境界を越え、分別のある理解へと世界を開くことです。ロイークの物語は、貧困とは負の連鎖に追い込まれることであり、互いを思いやることによって打ち克っていかなければならないと伝えています。国を結ぶ絆を生み出せたこと、非常に嬉しく思います。ロイークと彼の家族にかわって、「日本賞」およびNHKのスタッフに感謝申し上げます。
「日本賞」での受賞は、人々の物語が普遍であることを意味しています。そのことは私たちにとって大きな励みです。

← 受賞作品(2017)

PAGE TOP