自然が先生
機関名 アグアン協会 (ASO)
国/地域名

バングラデシュ

(ローレンス・マーキン)
「自然が先生」は、バングラデシュの貧しい地域にいる子どもたちの教育を推し進めるため、どのようにして教育のツールと教材を提供するかというのがねらいです。その方法として、自然にある素材を使い、楽しく、刺激があり、参加型の学習であることを重要視しています。厳しい状況にある子どもと教師たちに、教育の可能性を届ける作品であると審査委員は評価しました。ガイド用のDVDなど、メディアの活用法としては目新しくはありませんが、視聴者がどこにいても強いインパクトを与える番組だと感じました。複雑な問題の答えを導き出すのに役立つ、ある種の明快さがあります。そしてそれは、バングラデシュだけでなく世界に通用するものであるはずです。
(モハマッド・クビル・ミア)
このたびの受賞をとてもうれしく名誉に感じています。これはバングラデシュならびにアグアン協会にとって光栄なことです。子どもの教育向上のため、さらに精進しようという励みになりました。賞をいただき、責任も感じています。質の高い教育には費用がかかりますが、コストをかけなくてもできることはあります。工夫と熱意があれば実現できます。教材は手の届くところにあり、それらを探し出して選別し、教育的目的で使えばよいのです。カード、木の葉や枝、石、おはじき、粘土、地面、動物の角や骨の入手は難しくありません。こうしたものを使った教材は革新的で創造力に富み、子どもたちものびのびと楽しく学べます。アジア、アフリカ、そして南米には、この手法を取り入れ、自然の素材を教材に活用できる国が少なくないでしょう。

← 受賞作品(2015)

TOP