セッション1   パネリスト

ジョージ・オークランド

元BBCラーニング学習開発局長
(イギリス)
1969年に映像編集者としてBBC入局。1980年以降はディレクター、プロデューサーとして、子ども番組をはじめ成人の読み書きおよび計算能力の向上や身近な科学体験、学校利用を目的にした番組など幅広いジャンルの番組を制作。また多くの双方向番組に加え、バーチャルスタジオを使用した番組としては初めてのシリーズ制作など、新たな試みにも積極的に挑んだ。1996年にはBBCの教育ウェブサイトを立ち上げ、デジタルメディア部門の創設に貢献。2001年にBBCラーニング学習開発局長に就任し、イギリスのみならず世界の生涯教育において先進的な取り組みを主導してきた。2011年BBC退職。 日本賞では2008年に審査委員長、2011年にクロスメディア・セッションでモデレーターを務めた。

閉じる

Copyright 2015 NHK (Japan Broadcasting Corporation) All rights reserved.