第35回「日本賞」特別賞

JAPAN PRIZE 2008 List of Prize

※困難な状況下にある子どもの生活や境遇についての理解を促す優れた作品

 半裸で踊るセレブリティ。ポルノグラビアと見紛うティーン向け広告。8歳児用のTバック。町にあふれる性的表現は露骨さを増す。子どもたちはメディアから発信される大量の性の情報の脅威にさらされ、無意識に強い影響を受けている。「セクシーであること」が女子の最大の関心事となり、「イメージ造りのための投資」に心血をそそぐ。男子にとっても、幼いころには様々なタイプのロールモデルが提示されていたが、成長するにつれて、スクリーン上でセクシーな女性をはべらせる男以外の手本が見つけにくくなっている。
 このドキュメンタリーは、こうした有害情報から子どもたちを守るため、心理学者や教師者が取り組んでいる教育プログラムを紹介する。子どもたちへのインタビューやプロモーションビデオ等の映像をふんだんに取り入れ、専門家が現状を分析し、「子どもたちから健全な子ども時代が奪われている」事態の危険性を訴える。
「有害情報と子どもたち」は、世界の多くの文化に影響を与える問題に焦点をあて、今の子どもたちを直撃している性的刺激に満ちた環境と、そのような社会が彼らの健全な成長に与える影響に対して、異議をとなえた番組です。
 子どもたちへのインタビューや各種の映像クリップ、さらに専門家の意見を織り交ぜながら、多くの大人がおそらく気づいていない、または対処する術がないと感じている、この悩ましい問題に向き合いました。審査委員たちが高く評価した点は、この番組独特の視覚的なインパクトと、微妙で扱いにくい事柄を専門家たちが論じる際の、胸のすくような率直さです。また、インターネットで入手できる使いやすい手引書などを通した視聴者同士の意見交換を促進する役割も担っており、教師や親や若者たちに、今の現象から悪影響を受けないための具体的な戦略を提示しています。

TOP