第34回「日本賞」<2007年> 最優秀作品

エントリーリスト
ウェブ部門
最優秀ウェブ賞
サイト名:子どもの居場所
機関名:KCET ロサンゼルス
国名:アメリカ
Top URL
http://www.teachers.tv/
サイト内容
  ティーチャーズ・テレビはイギリスの教育水準を高める目的で作られました。現在は1800以上のビデオをオンラインで見ることができ、一般的な履修科目から、いじめや自閉症といった難しい問題まで広く取り上げています。現在、多くの学校が抱えている重要な課題に焦点を当てています。
 ビデオは教科別、小中高などの段階別、教師や教育委員や生徒など立場別に検索ができます。さらに、それぞれのビデオは別サイトとリンクしており、供給者名、コメント、教師による教師のための点数評価を見ることができるのです。
  このサイトは、優れた教え方の共有と同時に、他の教師がどのような授業をしているのか見ることを可能にしました。イギリスの教師にとって、よりプロフェッショナルになるための情報源となっているのです。
 加えて、「職員室での独白」があります。これは教育現場に携わる人たちの中から偉大な作家を見出すためのウェブサイト上のコンテストです。4つの短編映画シリーズで、それぞれの台本はこのコンテストの優勝者が書きます。投稿者は学校でのさまざまな出来事から物語を作り、優秀な作品はティーチャーズ・テレビによって放送用に番組化されます。
審査講評
 最優秀ウェブ賞に選ばれたティーチャーズ・テレビは、インターネットと放送を通じ、最先端の情報を教師に発信しています。授業を進める上で教師の役に立つだけでなく、子どもたちが夢中になっているインターネットの世界を理解する手助けにもなります。
 このサイトは教師が必要とする情報が豊富で、利用者同士の情報交換により常に情報が更新されています。外部、内部へのリンクも多く、利用者が求める情報へ簡単にたどり着けるようになっています。教師たちが優れた教え方を共有できるよう、コミュニティーの場があり、意見の書き込みやアンケート調査ができます。さらに、ウェブサイトをより良いものにするため、 700 人の教師とウェブ制作者がネット上でやり取りをしています。経験の浅い教師はビデオを見て授業の進め方を学ぶことができ、実際にその方法が教室で有効だったかどうかウェブサイトに投稿できるのです。また、ベテランの教師にとっても、新しい教え方を知るよい機会になるでしょう。
 デジタル時代を迎え、教師は課題を抱えています。ウェブサイトへの関心を高めるだけでなく、ネット上のコミュニティーに参加するためのデジタル機器を使いこなせなければなりません。その点、ティーチャーズ・テレビのビデオ、ポッドキャスト、 RSS 、ソーシャルネットワーク・ツールはとても使いやすく出来ています。ウェブサイト上で入手できるツールは、詳しく豊富な内容であるにもかかわらず、シンプルで使いやすいものです。日本賞 2007 の最優秀ウェブ賞にティーチャーズ・テレビを選んだのは、このような理由によるものです。
制作者コメント
アンドリュー・ベセル
チーフ・エグゼクティブ、クリエーティブ・ディレクター


 ティーチャーズ・テレビが2007年「日本賞」ウェブ部門の最優秀賞をいただき、大変うれしく思います。
 私たちは教育水準を高めるため力を尽くしてきました。イギリスの学校教育における私たちの活動を NHK に評価されたものと感謝いたします。
 私たちのウェブサイトは教室に通じる窓で、お互いに学べる機会を提供しています。 2000 以上の番組がオン・デマンドで視聴でき、教育の全分野を網羅しています。
 また、教師同士がオンラインで情報交換できる場を設け、イギリスだけでなく世界中の教師が優れた教授法を共有できるようにしました。
 このような権威ある賞を下さったこと、そして世界の教育放送に貢献しておられることに対し、 NHK に重ねて感謝を申し上げます。
戻る

PageTop