ドラマのあらすじ・予告編動画

第一部「春の風」

ゲスト:村川絵梨、鈴木福、でんでん、鶴見辰吾

市兵衛は、主が不名誉な死を遂げた旗本の家に仕えることに。その高松家では、残された妻の安曇と嫡男・頼之が途方に暮れていた。市兵衛は、主の死の裏に隠された巨大な陰謀に迫っていく。

第3回「春の風」下

総合:2018年6月2日(土) 午後6時5分

【再放送】総合 6月5日(火)午前1時5分(月曜深夜)

シーン写真

父の仇を討とうと陰謀の黒幕・柳屋の床下に潜入した頼之(鈴木福)は、同心の渋井(原田泰造)と鉢合わせに。そこで稲左衛門(鶴見辰吾)によるアヘン密輸と禁制の蝦夷地図持ち出しの陰謀を知るが、青(山本千尋)に気づかれてしまう。頼之の行き先を察した市兵衛(向井理)が柳屋に向かうと、店はもぬけの殻。しかし隠れていた頼之は無事だった。市兵衛は兄・信正(筒井道隆)の元に参じ、頼之の仇討ちへの助太刀を願い出る。

第2回「春の風」中

総合:2018年5月26日(土) 午後6時5分

【再放送】総合 5月29日(火)午前1時5分(月曜深夜)

シーン写真

矢藤太(渡辺いっけい)の紹介で奉行所の同心・渋井(原田泰造)に会い、道久は心中に見せかけられて殺されたと確信した市兵衛(向井理)は、背景に阿片の密輸密売があることを知る。市兵衛は頼之(鈴木福)とともにその元締めである薬種問屋「柳屋」を訪れ、主人の稲左衛門(鶴見辰吾)に面会を求めるが、断られる。その帰路、稲左衛門が命じた怪しい3人の女武芸者に襲われて難を逃れるが、そこに市兵衛を迎えに来たのは、以前刀を交えた小人目付・返弥陀ノ介(加治将樹)。連れて行かれた先は旗本、御家人を監察する筆頭目付・片岡信正(筒井道隆)の屋敷だった――。

第1回「春の風」上

総合:2018年5月19日(土) 午後6時5分

【再放送】総合 5月22日(火)午前1時5分(月曜深夜)

シーン写真

時は文政。武家の台所は火の車となる一方、町民文化が花開いて貨幣経済が行き渡り、金をめぐるトラブルは後を絶たない。そんな時に頼りにされたのが、現在で言えば会計士兼経営コンサルタントである「渡り用人」。期限毎に雇われて、その家の家計を預かる職業だ。侍にして算盤の技も持つ唐木市兵衛(向井理)も、そうした人材を派遣する口入屋で仕事を待つ渡り用人。店主・矢藤太(渡辺いっけい)から頼まれて入った家は貧乏旗本で、主・道久は女郎と心中死体になって上がったばかり。後には未亡人の安曇(村川絵梨)と嫡男の頼之(鈴木福)が残されていた。道久には50両もの借金があったが、金の行方を探った市兵衛は、女郎に注ぎ込んだという話に不審を抱く。

放送予定

第1部「春の風」
第1、2、3回・5月19日、5月26日、6月2日放送予定
ゲスト:村川絵梨、鈴木福、でんでん、鶴見辰吾

第2部「雷神」
第4、5、6回・6月16日、6月23日、6月30日放送予定 ※6月9日は放送休止
ゲスト:高橋克実、小芝風花、山中崇、阪田マサノブ

第3部「帰り船」
第7、8、最終回・7月7日、7月14日、7月21日放送予定
ゲスト:前田亜季、川口覚、渡辺徹、木下ほうか

NHKオンデマンドでも配信!

NODバナー

ご感想掲示板

【投稿データの読み込み中】
投稿件数が多い場合、表示までに時間がかかります。データが表示されない場合は、再読み込み・キャッシュの削除をお試しください。
掲示板を読む