新選組血風録 | NHK

キャスト〜おもな登場人物

土方歳三(ひじかたとしぞう)・・・永井大 新選組を幕末の最強軍団に仕立て上げ、鬼の副長と恐れられた男。厳しく冷酷だと評されるが、近藤との友情を終生忘れず、その遺志を継いで最後まで戦い抜いた義の人でもある。近藤勇(こんどういさみ)・・・宅間孝行 いつの日か農民から武士になって歴史を動かしてみたいと願った子供の頃の夢を追い続け、新選組局長になった男。親分肌だが茶目っ気もあり、腕に覚えのある隊士たちをひきつける魅力を持つ。沖田総司(おきたそうじ)・・・辻本祐樹 剣の腕は新選組随一だが、子供相手に鬼ごっこをするような無邪気さを持つ不思議な青年。近藤や土方にとっては弟のような存在だったが、後年肺結核を患って悲運の死を遂げる。
山崎烝(やまざきすすむ)・・・加藤虎ノ介 新選組監察として主に諜報活動を行い、池田屋騒動などではこの男の情報が大いに役立った。 井上源三郎(いのうえげんざぶろう)・・・大浜直樹 朴訥な人柄で野心や裏表がなく、若い隊士たちから好かれた。近藤や土方に終生付き従った忠誠心に篤い男。斉藤一(さいとうはじめ)・・・尾関伸嗣 剣の腕前は一流だが、無口でぶっきらぼう。平然と人を斬る一番危ない男とも。永倉新八(ながくらしんぱち)・・・阿部亮平 隊内では沖田とともに武闘派の一翼を担った剣の達人だった。数多くの武勇伝を持つ男。原田左之助(はらださのすけ)・・・武智健二 槍術に関しては隊内でも一番の腕前を持つ。短気な性格で、切腹の傷跡が自慢の無頼派。藤堂平助(とうどうへいすけ)・・・田上晃吉 剣の腕だけでなく学問もあった男だが、その一本気な性格ゆえ悲劇を迎えてしまう。山南敬助(やまなみけいすけ)・・・松下哲 荒くれ者が多い新選組にあって、穏健派・文武両道の達人として異彩を放った男。
芹沢鴨(せりざわかも)・・・豊原功補 新選組局長。新選組の黎明期、土方にとってある意味一番大きな敵だった。豪放磊落で傍若無人、怒れば手がつけられない狂気をはらんでいる。死に場所を求めて幕末を駆け抜けた男。お梅(うめ)・・・井上和香 元は呉服屋の妾だったが芹沢に手籠めにされ、いつの間にかその情婦になってしまった。心の底では芹沢の寝首を掻いてやろうとする黒い情念を燃やしている女。
新見錦(にいみにしき)・・・細見大輔 平山五郎(ひらやまごろう)・・・高橋光臣 平間重助(ひらまじゅうすけ)・・・生津徹 野口健司(のぐちけんじ)・・・辻本伸太郎 桂小五郎(かつらこごろう)・・・野村宏伸 長州藩士。新選組にとっては大きな敵の一人だったが、池田屋騒動では難を逃れて生き残り、明治維新の三傑と称された男。同志からは「逃げの小五郎」との異名をもらった。
お美代(みよ)・・・前田亜季 長州藩士たちが出入りする京の料亭「丹藤」の一人娘。婿を取って店を継がなければならないが、衝撃的な出会いをした土方に想いを寄せてしまう。そのことが思わぬ不幸を招く元となる。豊(とよ)・・・伊藤榮子 母を早くに亡くした美代をわが子のように育ててきた乳母。「丹藤」のことを思って、初めは美代を土方に近づけまいとするが、美代の切ない恋心を知って悩む。吉兵衛(きちべえ)・・・徳井優 料亭「丹藤」の主人で、一人娘の美代を大切に育ててきた。長州に肩入れしているので、新選組のことを嫌っている。お悠(ゆう)・・・寺島咲 町医者・半井玄節の娘。労咳の治療に訪れた沖田総司に恋をしてしまう。沖田にとっては生きることの象徴のような、明るく美しい女性だった。広沢富次郎(ひろさわとみじろう)・・・斉藤暁 会津藩公用方。藩主容保の上京に先立って京の情勢を探り、新選組とも深い親交を持った。松平容保(まつだいらかたもり)・・・林泰文 幕府から京都守護職に任ぜられ、新選組を使って過激な尊攘派浪士を取り締まらせた。将軍家のために尽くしたが、そのために会津藩は悲運に見舞われる。鴻池善右衛門(こうのいけぜんえもん)・・・近藤正臣 芹沢から軍用金を脅し取られ迷惑を被ったが、その後は新選組と親交を深め、近藤には名刀虎徹を贈っている。土方が函館に逃げ延びた時にも、軍資金を用立てるなど強く肩入れをした。