ドラマのあらすじ・予告編動画

最終回「命をかけた名裁き」

BSプレミアム:2018年3月2日(金)よる8時から8時43分

【再放送】BSプレミアム:2018年3月4日(日)午後6時45分

シーン写真

将軍吉宗(平岳大)に献上する初物の松茸道中が、江戸城に近づいた時、見物人の中から一人の少年が駆け寄り、つまずいた人足の伊佐次(福士誠治)は、松茸を落としてしまう。少年の名は清吉(横山歩)。母親のおみね(笛木優子)は伊佐次と言い交わした仲であり、清吉は伊佐次を父と慕っていた。事件を重く見た老中・朝倉播磨守利房(勝野洋)は、連座制を適用し、関係者全員を死罪にすべきとの強硬論を主張する。追いつめられた忠相(東山紀之)は、自らの命をかけて名裁きを下す。身ごもっていた忠相の妻・雪絵(ミムラ)は、出産の時を迎える。

過去放送分

第1回「初夢、千両富」
第2回「貧乏長屋のお奉行様」
第3回「奉行の狗(いぬ)」
第4回「万病治した孝行娘」
第5回「情けが仇(あだ)の八両二分」
第6回「まぶたの母は大奥様」
第7回「縁を結んだ雛(ひな)人形」
最終回「命をかけた名裁き」

NHKオンデマンドでも配信!

NODバナー

放送翌日あさ10時から配信予定です。

ご感想掲示板

【投稿データの読み込み中】
投稿件数が多い場合、表示までに時間がかかります。データが表示されない場合は、再読み込み・キャッシュの削除をお試しください。
掲示板を読む