ドラマのあらすじ・予告編動画

最終回「狙われた若君」

総合:2016年6月2日(木)よる8時

(再放送)総合:2016年6月8日(水)午前1時10分 ※火曜深夜

仕事帰りに徳五郎たちに追われ、長屋に逃げ込んだ鼠小僧だったが、そこで大工の六平(松尾諭)の妻の惨殺死体を見つける。即座に立ち去った鼠だったが、目撃者が居て「鼠小僧が遂に殺人を犯した」と大騒ぎに。濡れ衣を晴らすため、真相を調べ始める次郎吉と小袖。六平と息子の平太は偶然不在で難を逃れており、事件現場を嗅ぎまわる怪しい男が長倉藩の屋敷に入るのを見る小袖。しばらくして長倉藩の奥女中(MEGUMI)が平太を訪ねてきて、平太の出生にまつわる秘密を次郎吉たちに語り始める・・・。

第7回「偽りの孔雀」

総合:2016年5月26日(木)よる8時

(再放送)総合:2016年6月1日(水)午前1時10分 ※火曜深夜

ある晩、仕事を終えて帰る途中、絵師の光雨(淵上泰史)と鉢合わせしてしまう鼠小僧。そして光雨の描いた鼠小僧の錦絵が売り出されて大人気、正体がばれないかと気が気でない次郎吉を小袖や千草がからかう。探りを入れるために光雨の家を訪ねた次郎吉だったが、意気投合し、すっかり仲良しに。実は光雨は師匠の御用絵師・雪友(相島一之)から突然破門されており、かつて光雨が描き、師匠に預けた孔雀の絵に関する秘密に気づいて知らせてくれた弟子仲間の秋友(林翔太)が何者かに殺されてしまう・・・。

第6回「小判の秘密」

総合:2016年5月19日(木)よる8時

(再放送)総合:2016年5月25日(水)午前1時10分 ※火曜深夜

鼠小僧こと次郎吉(滝沢秀明)が花巻藩上屋敷から盗んだ小判がニセ小判だった。その小判を与平(坪倉由幸)が使い捕まってしまう。そんな時、花巻藩浪人・川村一郎太(石田卓也)とその妻・お良(北浦愛)が、次郎吉と同じ長屋にやって来る。花巻藩江戸家老・米倉忠時(半海一晃)が、ニセ小判を作り私服を肥やしている事に気付いた一郎太は、花巻藩を脱藩し事の真相を探るため江戸に出て来たのだ。真相を探るため鼠小僧が立ち上がる・・・。

第5回「妖刀とにせ鼠」

総合:2016年5月12日(木)よる8時

(再放送)総合:2016年5月18日(水)午前1時10分 ※火曜深夜

町中で突然刀を振りかざす男・浩次(佐藤アツヒロ)。お国が軽傷を負わされるが、現場に偶然居合わせた次郞吉が一撃で浩次を失神させ、なんとか事態は収まる。男が落とした刀は通りすがりの侍・牧野総之介(柏原収史)が拾い、立ち去る。千草の診療所で正気を取り戻した浩次は刀から声がして「殺せ」と言ったと主張するが、徳五郎は取り合わず、自身番に引き立てていく。同じ頃、鼠小僧を名乗る男が捕まったという噂話が次郞吉の耳に入る。気になった次郞吉が鼠小僧として牢屋敷に忍び込むと、そこには町人に扮した侍・国友(石橋蓮司)が「お主を待っておったぞ」とほくそ笑み、町を騒がせている刀の由来について、語り始める・・・。

第4回「小鼠の涙」

総合:2016年5月5日(木)よる8時

(再放送)総合:2016年5月11日(水)午前1時10分 ※火曜深夜

浅蜊売りの与平の財布を盗み、逃げていた少年・新吉(若山耀人)をふと見逃してやる次郞吉。御礼に食事でもと新吉に連れられていかれた長屋で新吉が幼い弟妹と3人暮らしであることに驚く。流行病で両親が死に、誰にも助けを借りずに暮らしていると言う。興味を覚えた次郞吉は、新吉の家に通い詰めるうちに、新吉が町外れの廃墟を根城にする盗賊・三郎(仁科貴)と接触していることを知る。新吉の行く末を案じる小袖の懇願もあり、ある晩、次郞吉は鼠小僧として岡っ引きの徳五郎たちにわざと姿を見せてから、ある呉服問屋へと屋根瓦を疾走していく・・・。

第3回「馬鹿と毒薬」

総合:2016年4月28日(木)よる8時

(再放送)総合:2016年5月4日(水)午前1時10分 ※火曜深夜

次郎吉が一仕事終えて帰る中、身投げしようとする質屋「福屋」の若旦那・松助(えなりかずき)を助ける。話を聞いてみると花魁(中西美帆)に入り上げ悪質な借金取りに追われていると言う。そんな松助に同情し、次郎吉は盗んできた金を渡し助ける。そんなある日、松助の父親が身投げする。不審に思う次郎吉は、鼠小僧として再び松助に会う。松助は、借金を返さず、花魁を身請けしていた。松助の父の死と花魁の身請け話、事件は鼠小僧も巻き込み思わぬ方向に...。

第2回「闇の中の光」

総合:2016年4月21日(木)よる8時

(再放送)総合:2016年4月27日(水)午前1時10分 ※火曜深夜

鼠小僧こと次郎吉が、やぶそばで蕎麦を食べていると、飛脚屋「風来屋」の一人娘・希音(山本舞香)が店に来る。希音は目が不自由ながらも明るい娘で次郎吉も好感を持つ。そんな希音に縁談の話が舞い込み、希音の父親は喜ぶが、希音は、店の飛脚・宗介(髙木雄也)のことを密かに思っていて、千草(片瀬那奈)の元に家出する。そんな中、千草の診療所に、怪我をした仲間を連れ押し込み強盗の一味がくる。その声を聞いた希音の表情が変わる...。

第1回「鼠の子守唄」

総合:2016年4月14日(木)よる8時

(再放送)総合:2016年4月20日(水)午前1時15分 ※火曜深夜

甘酒屋・次郎吉(滝沢秀明)、またの名を鼠小僧。弱き庶民のために、悪徳武家から千両箱を盗み、庶民に配る。義賊鼠小僧には、めっぽう腕の立つ妹・小袖(青山美郷)がいる。盗みを終えた帰り、次郎吉は、ひょんなことから、すずと言う名の赤ん坊を拾う。捨て子を育てる里親に役所から金が出る制度があり、やくざの十三郎(六平直政)は制度を利用し、捨て子を引き取り金を貰い、またそれを売って金にする。そんな中、すずの里親が殺される。捨て子騒動に鼠が動く...。

ご感想掲示板

【投稿データの読み込み中】
投稿件数が多い場合、表示までに時間がかかります。データが表示されない場合は、再読み込み・キャッシュの削除をお試しください。
掲示板を読む

「鼠、江戸を疾る2」のサイトをすべて表示するためには、JavaScript対応のブラウザが必要です。