原作・高田郁先生のちょい足し料理帖

ちょい足し料理帖 第5回「ひとくち宝珠」

2017年6月17日掲載

みをつくし料理帖

子どもの頃に好きだったお菓子に「すはま」があります。「すはま」という名称のお菓子には色々な形があり、ひとによってイメージするものが異なりますが、私の言うそれは、小さな三色の丸いものが爪楊枝ほどの串に刺さった、慎ましやかなお菓子です。お砂糖をまぶしてあって、甘くて美味しくて、惜しむように食べたものです。長じて、その正体が「きな粉を砂糖や水あめで固めたもの」と知った時の衝撃といったら!!

みをつくし料理帖

今回の「ひとくち宝珠」は、そんな懐かしい「すはま」にヒントを得たものです。生地を練り上げるのに思いがけず力が要りますので、ご注意を。つなぎに寒梅粉を使うことでまとめ易く、優しい舌触りになります。

みをつくし料理帖

粉末の抹茶をそのまま練り込むと混じりにくく、まだらになってしまいますので、水で溶いた方が扱い易いですよ。宝珠の形にまとめるのが難しければ、まん丸く仕上げてももちろんOKです。

身体にも心にも優しいお菓子、沢山つくって、お茶請けにどうぞ。よく「ホッとする味」と言いますが、まさにそんな表現がぴったりのお菓子です。きれいな容器に入れて、おしゃれなラッピングをすれば、ちょっとした贈り物になります。是非、お試しくださいませ。

高田郁(写真・調理・文)

※高田郁先生の「高」の字は本来「はしごだか」です

みをつくし料理帖
 

ちょい足し料理帖 一覧

ちょい足し料理帖 第8回「寒鰆の昆布締め」
ちょい足し料理帖 第7回「ふっくら鱧の葛叩き」
ちょい足し料理帖 第6回「「う」尽くし」
ちょい足し料理帖 第5回「ひとくち宝珠」
ちょい足し料理帖 第4回「ほろにが蕗ご飯」
ちょい足し料理帖 第3回「三つ葉尽くし」
ちょい足し料理帖 第2回「とろとろ茶碗蒸し」
ちょい足し料理帖 第1回「はてなの飯」

 

各回の料理レシピ・動画

澪の献立帖~第8回「寒鰆の昆布締め」料理レシピ~
澪の献立帖~第7回「ふっくら鯛の葛叩き」料理レシピ~
澪の献立帖~第6回「卯の花和え」料理レシピ~
澪の献立帖~第5回「ひとくち宝珠」料理レシピ~
澪の献立帖~第4回「ほろにが蕗ご飯」料理レシピ~
澪の献立帖~第3回「三つ葉のおひたし」料理レシピ~
澪の献立帖~第2回「とろとろ茶碗蒸し」料理レシピ~
澪の献立帖~第1回「はてなの飯」料理レシピ~

ご感想掲示板

【投稿データの読み込み中】
投稿件数が多い場合、表示までに時間がかかります。データが表示されない場合は、再読み込み・キャッシュの削除をお試しください。
掲示板を読む