完結によせて・スタッフからのメッセージ

陽炎の辻 剣豪復活!~居眠り磐音 江戸双紙~

「陽炎の辻 完結編」 演出・西谷真一から

七年振りに坂崎磐音が帰って来る。「陽炎の辻 完結編」の放送も間近に迫ってきました。1月2日午後9時からの放送を一人でも多くの方に見ていただきたく記事をアップさせていただきます。今回演出を担当した西谷です。
私は「陽炎の辻」の第一シリーズを第一回から演出いたしました。最初に山本耕史さん演じる磐音と出会ったのは九年前になります。今でもロケ現場の筑波ワープステーション江戸に扮装を終えた山本磐音が颯爽と現れたときの感動は忘れません。その時、ニューヒーローの誕生だと確信し鳥肌が立ちました。黒の着流しとポニーテールは、山本さんと私が阿吽の呼吸で決めたコスチュームです。市川雷蔵さんの「眠狂四郎」の持つ大人の色気と剣の鋭さに、「陽炎の辻」の山本耕史さんは「優しさ」と「笑顔」を主人公に加えてくれました。人が人を思う優しさ。それが、坂崎磐音の魅力です。
そして、今回、父となった磐音は「優しさ」に加えて「家族を守る」ことの重さと大切さを、89分をかけて演じてくれています。
撮影中に40歳になられた山本耕史さん。自らが父になることを実感されている山本さんは、息子である空也を見る眼差しに「暖かさ」と「厳しさ」の両方を添えられています。繊細なお芝居です。
大きく言えば「陽炎の辻」はパート3までは、磐音とその許嫁である奈緒との決別。磐音と町娘おこんとの恋と結婚が描かれて来ました。つまりは男と女の情の話でした。
今回の完結編では、磐音には息子・空也も居て家族を守る立場となっています。また、磐音は道場主でもあるため門弟たちを守らねばなりません。
剣の腕から言えば磐音が宿敵・田沼意次を殺めるのは易しい。しかし、それが私怨であれば、家族と門弟たちの将来の道を閉ざすことになる。
今回のドラマの最大の見所は、その磐音が田沼にどう向き合うか、そして田沼を憎む他の登場人物に対し磐音がどう思うのか。自らの田沼への恨みを変わりに晴らしてくれて「嬉しい」と思うのか。「哀しい」と思うのか。そのない交ぜの思いなのか。大人となった山本耕史さんの心揺れる演技に心躍らされます。
見所は数え上げればきりがありませんがいくつか書いてみましょう。
前回までの殺陣指導の竹田寿郎さんが数年前亡くなられ、今回は若い中川邦史朗さんが指導に当たられました。竹田さんの遺志を汲んで、山本さんと中川さんのタッグがどんな殺陣を見せてくれているのか楽しみにお待ちください。
また、鰻屋の「宮戸川」で、第一シリーズの第一回から磐音に師匠と呼ばれていた少年・幸吉が、どのように成長したか。それも可愛い見所です。
そして、今まで田沼からの刺客は何人も現れましたが、田沼意次本人が登場するのは今回が初めてです。長塚京三さんの熱演にご期待ください。
ともあれ、見所一杯の「陽炎の辻 完結編」どうぞ、ご家族みんなでお楽しみ下さい。

陽炎の辻 剣豪復活!~居眠り磐音 江戸双紙~

チーフカメラマン・佐藤史明より

チーフカメラマンの佐藤と申します。
私は「陽炎の辻」シリーズ1からほぼすべての陽炎作品でチーフカメラを務めさせて頂きました。
陽炎の辻に育てられたといっても過言ではありません。
今回陽炎の辻が7年ぶりに復活すると聞いた時、嬉しさ半分で、果たして本当に撮るのか疑ってしまいました(笑)ただクランクインが近づくにつれ、これはドッキリじゃないんだ、本当に陽炎の辻を撮るんだと覚悟を決めた記憶があります。
そして撮影初日、黒と赤の着流しを着た坂崎磐音が撮影現場に現れた時、おもわず武者震いがしました。7年の時を超えて坂崎磐音が帰ってきたのだと。私にとって「陽炎の辻」はカメラマン人生の中で最も特別な作品であり、山本耕史というかけがえのない友と出逢えた作品でもあります。前作から7年。プライベートでも色々ありました。まさか耕史くんが結婚するとは(笑)そしてつい先日、父親になりました。やんちゃな大人だった山本耕史から、今度は守るべき家族が出来た山本耕史が演じる坂崎磐音。今までとは一味違います。そして磐音といえば華麗なる剣捌き。今作も見どころ満載の殺陣をここぞとばかりに詰め込みました。是非お楽しみに!

陽炎の辻 剣豪復活!~居眠り磐音 江戸双紙~

テクニカル・ディレクター・小倉忠より

「新しい時代劇を創りたい」という西谷監督の想いが詰まったパート1から、本作に至るほぼ全ての陽炎作品に携わってきました。
磐音の男気に憧れ、勝気なおこんちゃんに恋し、由蔵さんや長屋のみなさんの人柄に心が温かくなった・・・そんな想いを技術担当者として映像と音声に重ね、陽炎ワールドを表現してきました。
7年ぶりの「チーム磐音」の復活、同窓会の雰囲気もつかの間に、ひとたび本番に入ると人生を重ねた今の「磐音」や「おこん」が目の前にいる。目頭が熱くなりました。
我々技術陣も、この7年間粛々と腕を磨き、本作品はシリーズ最後を飾るべく、4Kキャメラを使用した完全4K収録を行っています。
作品の醍醐味である磐音の殺陣も大胆なライティングと相まって最高の切れ味で撮影できました。
そして、ホロリとくるシーンでの情感溢れる台詞にも耳を傾けて頂ければ幸いです。
人情劇と活劇が見事に融合した最後の陽炎ワールド、最後の磐音の勇姿をぜひご覧下さい。
なお、4K版も鋭意制作中で仕上げ作業も順調に進んでいます。
4K版は、試験放送が受信できる設備がある所やお近くのNHKでご覧になれます。
音声が5.1サラウンドとなり、映像クオリティーと迫力がさらに増した4K版も、ご期待下さい。

陽炎の辻 剣豪復活!~居眠り磐音 江戸双紙~

制作統括・佐野元彦より

佐伯泰英先生の「居眠り磐音 江戸双紙」が完結を向かえた中、ドラマ「陽炎の辻」も完結編を制作・放送させて頂く事になりました。
時代小説の醍醐味を満載したこの原作の主人公を、現在、時代劇の剣豪を演じたらピカイチの山本耕史さんが演じるテレビシリーズ。多くの視聴者の皆様の指示を頂いてまいりました。
今回の完結編の見所をいくつか挙げさせていただきます。

○中越典子さんをはじめとするレギュラーの出演者のお芝居のアンサンブルの素晴らしさはもちろん、今回初参加の、田沼意次役の長塚京三さん、松平定信役の工藤阿須加さんが、歴史上著名な人物を「本当にこんな人だったかも」と思えてしまうくらい、魅力的に演じて下さっています。磐音VS田沼VS定信を、得とご覧ください。

○今回のドラマの語りは、田口トモロヲさん。NHKの番組を数多く観て来てくださった方々にはたまらない「あの語り口」をたっぷり味わっていただけます!

陽炎の辻 剣豪復活!~居眠り磐音 江戸双紙~

○磐音最後の戦いの相手は松浦新さん。世界武術太極拳選手権大会(南拳)で銅メダルを獲得したこともある方です。殺陣の名人・山本耕史さんをして、「こんな早い殺陣は初めて」と言わしめた山本さんと松浦さんの戦いは本当に本当に必見です!

ご覧頂いた皆様から「完結編の続編を観たいから作って!」という声を頂けたら、という思い出作らせて頂きました。ぜひお楽しみ下さい!!

陽炎の辻 剣豪復活!~居眠り磐音 江戸双紙~