次回予告とこれまでのあらすじ | 陽炎の辻3 〜居眠り磐音 江戸双紙〜

よくあるご質問

※予告編ムービーの提供は終了いたしました。

第6回「生か死か」

…2009年5月23日放送

 将軍家治の嫡子・家基(中村隼人)を警護する磐音(山本耕史)は、家基に問われるままに、過去に脱藩したことや許婚の奈緒(笛木優子)と別れた経緯などを語る。そのころ奈緒は、おこん(中越典子)に連れられて金兵衛長屋の磐音の家に来る。二人はすっかり打ち解けて、奈緒は主人の前田屋が難問を抱えているのに妻に心配を掛けまいと何も語ってくれない不安を話し、おこんも磐音に対する心配を語る。雑賀泰造(竹内力)や辰見喰助(魔裟斗)など雑賀の忍の集団が再び家基の一行に襲い掛かる。磐音は駆けつけて来た佐々木玲圓(榎木孝明)や速水左近(辰巳琢郎)とともに防戦し、雑賀衆を撃退する。家基は磐音と過ごしたひと時に名残を惜しむようにして江戸城に戻る。奈緒もおこんと一夜語り明かしたことにより、心が晴れ、磐音とおこんの二人の幸せを祈りながら山形に戻っていく。

第1回 →第2回 →第3回 →第4回 →第5回 →第6回 →第7回

第8回 →第9回 →第10回 →第11回 →第12回 →第13回 →最終回(第14回)

 動画をお楽しみいただくにはAdobe Flash Playerが必要です。FlashPlayerは無料でダウンロードできます。FlashPlayerに関するご質問や、インストールに関するトラブルなどは、お使いのパソコンのメーカー、ならびにAdobe社までお願いいたします。

ページの先頭へ