次回予告とあらすじ | 陽炎の辻2 〜居眠り磐音 江戸双紙〜

次回予告とあらすじ

最終回「旅立ち」

…2008年11月22日放送

 磐音(山本耕史)と奈緒(笛木優子)はようやく二人で会える機会に恵まれたが、部屋に入ろうとする奈緒を押しとどめる。奈緒は嗚咽しながら去っていく。身請けされ自由の身となった奈緒は、前田屋と二人で江戸の北の出口である千住大橋にさしかかる。そのとき大口屋(花王おさむ)たちが二人を襲う。前田屋が身をていして奈緒をかばい、磐音が駆けつけて襲撃者たちを叩き伏せる。奈緒と前田屋は磐音に見送られて、江戸を去っていく。長屋に帰ってきた磐音に柳次郎(川村陽介)が、おこん(中越典子)の様子がおかしいと告げる。磐音がおこんに会ってみると、どこかうつろな様子だ。磐音は由蔵(近藤正臣)に相談する。由蔵はおこんがうつ気味であり、休養が必要ではないかと言う。武左衛門(宇梶剛士)は磐音におこんと二人で湯治場に行くことを勧める。磐音はおこんに旅をしようと提案する。おこんは今津屋を辞めるように言われたと思い、反発して、磐音の元から飛び出して、往来で危うく事故に巻き込まれそうになる…。

第1回 →第2回 →第3回 →第4回 →第5回 →第6回

第7回 →第8回 →第9回 →第10回 →第11回 →最終回

Windows Media形式で再生

【予告編ムービーをご覧いただけます】

  WindowsMedia形式で再生されます。再生の前に、かならず「ムービーをご覧になる前にお読み下さい」をお読み下さい。

ページの先頭へ